• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

昼と夜ではお肌も違う!肌時計にあわせたスキンケアとは?

Date:2013.07.22

あなたは朝と夜、同じスキンケアをしていますか?それとも、デイクリームとナイトクリームを使い分けたりして、違うスキンケアをしていますか?

モデルさんや美容マニアの人は、色々なコスメを朝と夜や、お肌の状態によって使い分けているようです。本当のところは、どちらの方が効果があるのでしょうか?

人は「朝は活動する」「夜は寝る」という風に、全く違う行動をしていますよね。そしてお肌は、人の行動にあわせて変化し、色々な働きをしています。朝と夜では目的が違うのだから、スキンケアもそれにあわせて変えるのが上級者と言えます。

では、お肌は昼と夜でどう違うのでしょうか?

昼間のお肌の活動とは?

肌には、紫外線や乾燥などの刺激から身体を守るという、大切な役目があります。皮脂を出して肌を保護したり、汗で体温調節をしたり、神経で感じた刺激を脳に送ったりしてなかなか忙しい。

そのかわり「新しい細胞をつくる」といった新陳代謝はほとんど行われません。つまり、「身体を守る」働きがメインになり「生まれ変わる」働きはいったんお休みになっています。

昼間のお肌に必要なケアとは

とにかく「保護」する事が、とっても重要になります。

1.保湿を徹底する。

空調のきいた部屋は湿度が30%をきる事あり、それが老化の大きな原因に!「夜になると、プラス5歳年をとっている」といわれるくらいです。

もし夕方にシワが増えているなら、保湿不足から肌老化がすすんでいるサインです!アイクリームや保湿美容液をプラスするなど、工夫してみて。

保湿成分が多く入っていても、ものによってはベタベタしてメイクが崩れる事もあります。潤いが持続してサラッとしている、高品質なものを選ぶようにしましょう。

2.活性酸素から肌を守る

皮脂やメイクなど「アブラモノ」がお肌にのった状態で活動するので、とっても活性酸素が発生しやすい状態に。活性酸素から肌を守る為にも「抗酸化成分」の入ったコスメを使いましょう。

ビタミンCやアスタキサンチン、フラーレンやピクノジェノールなど「抗酸化成分」は色々ありますので、パッケージを見ながら選んでください。化粧水や乳液といったスキンケアや、化粧下地やメイクコスメにも「抗酸化成分」が入ったものは沢山あります。

老化はもちろん、ニキビやシミ、メイクのくすみなど、色々なトラブルを予防してくれるでしょう。

3.紫外線から肌を守る。

紫外線による「光老化」や「色素沈着」を防ぐためにも、日焼け止めは徹底してつけましょう。とはいえ、SPF値が高ければいいのではなく、生活スタイルや肌状態にあわせて選ぶ必要があります。

主に室内で生活する人はSPF15~30。よく屋外に出る人はSPF40~50が目安です。また肌が弱い人は「紫外線散乱剤」使用のものを選ぶか「紫外線吸収剤」をシリコン等で包んだ、高品質なものを選びましょう。

日焼け止めはとってもデリケートで、効果が落ちやすいものです。3時間ごとの重ね塗りと、日が沈んだらすぐに洗い流す事を習慣にしてくださいね。重ね塗りには、スプレータイプやパウダータイプがとっても便利ですよ!

4.花粉やほこりから肌を守る。

肌に花粉やほこりがくっつくと刺激になり、アレルギーや肌荒れ、老化の原因になる事もあります。最近はPM2.5も気になりますよね!でも大丈夫!「保湿」「下地+メイク」をきちんとしていたら、ある程度は防げています。

こわいのは休日のすっぴんの時!メイクをしていないお肌はクリームや汗、皮脂で「ペタペタ」しています。その「ペタペタ」に花粉やほこりがくっついて、肌トラブルになる事が!休日でも、パウダー程度はつけて「サラサラ」の状態にしておきましょう。

夜のお肌の活動とは?

夜10時~2時のゴールデンタイムになると「成長ホルモン」が分泌されて、新陳代謝が始まります。

「昼間受けたダメージを修復する」「新しい細胞を作る」「老廃物は流す」といった活動が朝まで行われています。お肌の活動は、日中より夜の方がむしろ活発なのです。

夜に必要なお手入れとは

1.とにかく保湿する

肌は乾燥していると代謝が悪くなり、老廃物がうまく排出されずゴワゴワの固い肌に。保湿をしっかりして、少しでも代謝をスムーズにしましょう。夜はメイク崩れは関係ないので、少々コッテリしたクリームでも気にならないですね。

2.肌の代謝をサポートする美容成分の入った化粧品を選ぶ。

EGFやHGFなどの「成長因子」は、肌の再生に欠かせない美容成分!年齢と共に減り、老化の原因の一つになっているので、化粧品で補うといいですね。

似た働きの美容成分としては「プラセンタ」「燕の巣」「プロテオグリカン(鮭由来成分)」などもオススメです。

またシワにおすすめのレチノールも、夜のお肌にぴったり。レチノールはコラーゲンを増やして新陳代謝を整える、アンチエイジング成分。紫外線に弱いので、レチノールが高濃度に入ったコスメは、昼間に使わないのが一般的です。

3.古い角質を取り除く

いわゆる「ピーリング」は、夜がオススメ。古い角質を取り除くと「代わりに新しい細胞を作ろう!」というスイッチが入り、新陳代謝が活発に!

また、古い角質を取り除かれた肌は、デリケートになっています。紫外線やメイクといった、刺激を受ける事が多い昼間は注意が必要。夜のお手入れに、週2~3回程度取り入れるのがオススメ!

夜に必要な「肌代謝をサポートする美容成分」の入った化粧品は、高額なものが多いですね。肌代謝が行われない昼間は必要ないので、ちょっともったいない。昼夜で使い分けると、お肌にも経済的にも、より効率的といえそうです!

この記事をシェアする

関連記事