• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ヒステリーで嫌われないために。怒りを溜め込まないコツ

Date:2013.08.27

仕事で疲れていたり、仕事がうまくいっていなかったり、彼とケンカをしたり、そんな時はイライラしてしまいがちです。精神的に疲れていると、体もスッキリしませんね。

でも、そんなことでいちいちイライラしていると、「怒りっぽい」「怖い人」なんて言われかねないので、心が荒れていても顔はスマイル。

しかし、そんなことが続くと、ある時我慢できなくなって、爆発!してしまうことも。そんなことが一度でもあると、周りには「ヒステリックな女性」なんて言われてしまいます。そんなヒステリーを起こさないために、怒りを溜めこまない方法を集めてみました。

少しのイライラを解消する

一番効果的なのは、イライラを溜め込まないことです。イヤなことがあった日には、その日のうちに心をリセットすること。イライラを持ったまま家に帰ってそのまま寝てしまうと、次の日もそのイライラが残ってしまいます。

その日のうちに、汗を流したり、エステに行ったり、カラオケに行ったり、友だちと食事に行ったりして心の中のものを吐きだすようにしましょう。

言いたいことは溜めない

相手に嫌われたくない、ケンカをしたくない、と思うと言いたいことがあっても我慢してしまうもの。でも、我慢することで解決すればすむことですが、なかなかそうはいかず、相手に対するイライラは溜まっていくものです。

爆発する前なら、相手のことを気遣って、言葉を選んで言いたいことが言えるもの。言いたいことがあるなら、溜めずにコマメに言う方がいいですよ。

イライラについて考えない

イライラする原因について考えても、余計にイライラするだけです。その原因については考えないようにして、楽しいこと、うれしいことを考えるようにしましょう。気分を変えるのも必要です。

定期的にストレスを発散させる

イライラが溜まったから、ストレスが溜まったから、それを発散するのではなく、定期的に気分をスッキリさせることが大事です。

週に3日はスポーツクラブに行って汗を流す、精神的にもリラックスするヨガ教室に通う、大好きな料理教室に通う、など自分の好きなことやストレスやイライラが発散できることを、定期的に行うことが必要ですよ。

心の中を吐き出す

心が重い、イライラする、と感じたときには、信頼できる友達にその思いを聞いてもらいましょう。心に溜めずに、口から、言葉にして吐き出すことで、大分楽になるはずです。

または、日記などに言いたいことや思っていることを、書き出すのも効果的と言われています。心に溜まっているものを吐き出すこと。それが大切ですよ。

イライラしにくくなる食べ物を食べる

カルシウムが足りなくなると、イライラしやすくなる、と言われているように食べ物というのは、身体的な面ばかりではなく、精神的にも影響します。イライラしにくくなる栄養素はカルシウムの他に、マグネシウムやビタミンB群、ビタミンCです。

牛乳やヨーグルト、ホウレンソウ、小松菜、ゴマ、イワシ、大豆、ワカメ、玄米、アーモンド、豚肉、うなぎ、空豆、レバー、サンマなどを日常的に採り入れるようにしましょう。

自分に必要のないものは捨てる

家でも会社のデスクでも物がたくさんあると、片づきません。机の上や引き出しの中がごちゃごちゃしていると、探し物も見つかりにくいし、イライラしますね。

仕事で疲れて帰っても、家の中が汚いと、気が滅入ります。それを解決するには、要らないものは捨てることです。それをこまめにすることで、イライラの原因は減りますよ。

また、人間関係においても同じことが言えます。自分に必要のない人、イライラさせる人とはお付き合いを控えめにすればいいのです。その人と顔を合わせずにすむと、イライラも減少されるはず。

こまめに休憩を

時間がないから、今やらないと間に合わないから、といって休憩もなしに仕事を続けても、効率が悪いだけです。「こんなに仕事に時間を費やしているのに、ちっとも進まない」とイライラしてしまいます。

それを続けていても、イライラは増えるばかり。疲れたな、と感じたら休憩を入れましょう。他のことをしてはいけませんよ。疲れた体を休めること。それが大事なのです。

疲れた体を癒す

イライラが募っていると、体も凝り固まっていることが多いものです。そんな時に、体のコリをほぐしてあげると、気持ちもスーッと楽になりますよ。

マッサージに行ったり、ストレッチをしたりして、体のコリをほぐしてあげましょう。ストレッチもお風呂上りなどに毎日すると、体も凝らなくなりますよ。

この記事をシェアする

関連記事