• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

嫌味、気難しい…人との付き合い方が分からなくなった時の対処法

Date:2014.04.09

どんなにシャイで人付き合いの少ない人でもからなず職場で、あるいは子供の先生や子供の友達のママ達の中で何人かは上手く付き合っていかなければならないのが私達の日常…。

でも、中には嫌味な上司、やたらと闘争心をむき出しにしてくる同僚、ケンカになると「あなたの子が悪い!」と言い張るママなど中々付き合い辛い人が多いのも現実。

「そこまで、言わなくても良いのに…」とか「私ってそんなにダメなの?!」なんて神経性胃炎にでもなりそうな程思いつめたりしていません?そうならない為にも、付き合い難い人達から自分を守る対処法をご紹介します。

トラブルには近づかない

“以前にトラブルを起こした”、”どうしても気が合わない”と思う人とはやはり再びトラブルになる可能性も高いので、なるべく接点を作らない様にし、会わないようにしましょう。

こうする事で自分が落ち込む、嫌な思いをする確率を下げ、ストレスで自分を追い込まない様に出来るのです。

但し、上司、同僚そして子供同士が友達のママでどうしても毎日会わなければならない人達というのもいますよね?そういう場合は出来るだけ周りに協力してくれる同僚、ママ友のネットワークを確保してセーフティネットを作っておく事も重要です。

「負けるが勝ち」、気難しい人には対抗しない

嫌味を言われ頭に血が上りつい言い返す、あるいは論理的に話し合って自分の言い分を納得してもらおうとする事は、理不尽な態度を取られた時に相手に自分の不快感や「あなたは私を今、傷つけているのです!」という事を分からせるためにも大切ではあるのですが、元々人を怒らせ、不快な思いをさせる人達というのはそれを楽しんでいる、あるいは相手が自分の挑発にのってくるのを待ち構えているのです。

よって、貴女が落ち込んだり、怒ったりするとそれは相手の”思うつぼ”なのです。そこで、相手の挑発にのらない為にも、決して感情的にならず、尚且つ話し合いで解決しようと試みるのは絶対に避けましょう。

まずは、冷静になり相手の立場を考えて見るのも感情的にならない手段でもありますし、ジョークを言って笑ってやり過ごすのも相手の挑発を上手にかわすやり方です。要するに“相手の思い通りにさせない、しない!”これこそが「最高の仕返し」と言えるのです。

批判的な意見や態度よりポジティブな意見に注目

5人の女友達に「その新しいヘアスタイルイイね!」と言われ上機嫌で仕事に行ったら、いつも敵対心旺盛な同僚に「あら、前の髪型の方が良かったんじゃない?顔が大きく見えるわよ!」と朝一番からの攻撃。

5人からポジティブな感想を貰ったにも関わらず、1つの否定的な意見ってそれをも打ち消してしまう程、私達は否定・批判的な意見にこだわってしまいがち…。  

確かに、人からの批判はインパクトが強くその日一日憂うつになってしまいがちではあるのですが、そこは「賛成意見も有ったのだから…」と前向きに考えて、そんな心無い意見に振り回され貴女の大切な一日を無駄に落胆して過ごさない様に心がけましょう。 

逆に「そうですか?友達からは絶賛されたんですよ!」や「なる程、次にヘアスタイルを変える時の参考にさせていただきます!」と“あなたの嫌味には負けません!”という態度をポジティブに表しましょう。

世間にはどうしてもそりの合わない人、批判的や攻撃的な発言をする人というのはどこにでもいます。

でも、それを真剣に受け取り自分に不必要なストレスを与えたり、落ち込んでしまうのは時間の無駄で、もったいない事なのです。チョッとした注意と心の持ちようで貴女の心にバリア(結界)を張りましょう。

この記事をシェアする

関連記事