• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一目惚れって本当にあるの?科学からみる一目惚れの真実

Date:2013.07.11

貴方は一目惚れを信じますか? ひと目見ただけで恋に落ちてしまう…それは本当に『惚れる』ということなのでしょうか。

初対面の人に恋をしてしまう時、人は『ピンときた』『ハートを撃ちぬかれた』『運命の人のような気がした』『赤い糸が見えた』などと表現します。その表現の中には具体的な言葉はほとんどなく、抽象的な言葉で表されることが多いようです。

それらの人に、もう少し掘り下げて質問をしてみると、容姿がピッタリ自分の好みにはまっていた…。

忘れられなくなるほどいい香りがしていた…、うっとりする程いい声をしていた…と、ほとんどがその外見によって、『一目惚れ』がもたらされたという回答がかえってきます。

心理学的には、…一目惚れとは、勘違いまたは錯覚から生まれた恋心…と言われていますが、アメリカで行われた心理学のアンケートでは、普通に恋愛結婚をしたカップルの離婚率は50%と高いのに対し、一目惚れで結婚をしたカップルの離婚率は1~2割にとどまっているという報告がされています。

では、勘違いや錯覚で一目惚れしたカップルの離婚率が低いのはいったいどういう理由なのでしょう。科学から見る『一目惚れ』を検証してみましょう。

人間の進化と一目惚れ

人間は進化する上で、『食べ』『産み』『生き残る』ために強い子孫を残そうとしました。そのために、遺伝子の情報が遠い相手(生存に有利であるという仮説)を配偶者として選ぶという本能が、一目惚れのメカニズムにあるとされています。

これは、自分にないものをもっている人に惹かれるという『一目惚れ』のひとつの形だと言えます。

科学が起こす一目惚れ

人間の全てが数秒で恋に落ちるという訳では決してありません。科学の研究においては、女性より男性の方がすぐに恋に落ちる傾向があると報告されています。

女性の場合、会話をした後に恋に落ちることが多いのに引き替え、男性はいきなり、女性の顔やスタイルに視覚的に刺激をうけ、影響されてしまうということなのでしょう。

愛、体臭、キスの秘密

最初のキスが愛の化学に影響するということを知っていますか?

キス(唾液の交換)をするたびに、主要組織適合遺伝子複合体[MHC]が恋人同士の間で交換され、その遺伝子があまりに多くの類似点を共有している場合、お互いを引き付け合う力を失う可能性があるとEdinburg大学のクラウス・ヴェーデキント博士は言っています。

それは、反対にキスをすることによって、より惹きあうこともあるということなのですが、キスより前に、相手の体臭によって、『一目惚れ』を経験することもあるようです。

愛の科学を超えて

一目惚れを経験するのは、素晴らしいことです。人間のフェロモンや、体臭や遺伝子が脳に作用している間、私達の心は、とても美しく、狂乱状態になるほど高揚します。

そして、お互いに惹きつけられ『一目惚れ』に落ちるなら、それは人間の進化が厳選した相手を完璧に見つけたという可能性があります。

『一目惚れ』…この捉えどころのない愛には、気をつけなければなりません。生涯の伴侶をを必ず手にいれられるという分けではないからです。

でも、貴方の最初のドキドキは最高の『一目惚れ』に落ちる、人間の進化の科学のなせる…何か…の筈なのですから。

この記事をシェアする

関連記事