• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

紫外線の強い時間帯をさけて、キレイな日焼け美人になろう!

Date:2014.05.16

日焼けサロンで小麦肌にやく女性たちが随分減り、今では男性客の方が多くなっているようですが、夏になれば海でキレイに焼きたくなるものです。

または友だちと海へ行き焼けてしまうという場合もありますが、夏の日差しで焼いた肌もキレイで魅力的です。

小麦肌でスタイルがしまって見えるため、ショートパンツなど履いてもキレイな脚長にみえるものです。ですが、焼き過ぎたくない…というのも正直なところではないでしょうか?

日焼け止めクリームをぬって日焼け?!

キレイに日焼けするためには、やはり日焼け止めクリームをきちんと塗って焼いた方がきれいな仕上がりになります。

焼きたいと思っていても、PHの高い日焼け止めをしないと紫外線が強すぎ、やけどのような状態になったり、基本的に肌が白い人ほど炎症に進みやすく脱水症状まで出てしまう事もあります。

夏のイベント続きな時に、日焼けケアを間違えて入院なんてしたくありませんよね。海や川であれば、日焼けクリームをきちんと塗って楽しみたいものです。

「日焼けクリームを塗ったら日焼けしないのでは?」と疑問に思われるかもしれませんが、海水に浸かったりすれば日焼け止めの効力は低下してしまいます。

日焼けしないように、ビーチでもまめに塗っておいても日焼けはしてしまうものです。(水着のままの場合)ですから、有害な紫外線をカットしながら、日焼けすることは大切なのです。

紫外線ピークの時間帯は…午前10時以降!

キレイに日焼けするためにも紫外線が強くなる時間帯を知っておきましょう。夏は1日のうちで紫外線が強くなるのが午前10時から午後2,3時と言われています。ですから、本気で日焼けだけを目的に海や川に行くなら午前9時から11時頃まで。

または午後2,3時以降が安心して日焼けすることができます。いくらパラソルの下であっても、夏ですから2、3時間もビーチにいたら体も疲れてきます。ですのでしっかり水分補給をしながらビーチで焼きましょう。

ビタミンDを作る働きもある紫外線!

海であれば日焼けに加えて海水からのミネラルを体内に吸収できますから、海水につかりましょう。ミネラルはいわゆる塩ですが…人間にとって不可欠なもので、免疫を高める作用があります。

また紫外線も体内にビタミンD を作る働きをします。ビタミンDは骨などのカルシウムを作るのに必要な栄養素ですから、極端な日焼けでなければ体にとって良いものになるという面もあります。

とはいえ、紫外線が皮膚組織を傷みつけるというデメリットも念頭に置いて日焼けを楽しんでいきましょう。

この記事をシェアする

関連記事