• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

使い勝手が悪いとお悩みの方に!日焼け止めの悩み改善法

Date:2013.09.12

日焼け止めは私たち女性の美を守るには欠かせないものですよね。でも、日焼け止めが苦手…という方もいらっしゃいませんか?日焼け止めを使うと肌が荒れた感じになる、運動をすると流れ落ちてくる、白っぽくなる…色々な悩みがありますよね。

それが理由で日焼け止めをつけるのが億劫、でもつけないと将来的に肌に悪い、そんなジレンマに陥ってしまいがちです。でも、やはり日焼け止めは特に夏の紫外線対策には必要です。

そこで、ぜひここでご紹介するコツを試してみてみませんか?少しは日焼け止めの悩みが解消されるはずです。

1. 日焼け止めを塗ると肌の調子が悪い

日焼け止めを塗ることでニキビができやすくなったり、かゆみが出てきたりする方もいるのではないでしょうか?日焼け止めの中には皮脂の分泌を促成してしまうものもあるようです。

そこで、日焼け止めを選ぶときに注意してみましょう。まず、油、香料が含まれていなく、低刺激の、肌トラブルを誘発しない製品を選びましょう。そして、ぜひとも亜鉛やチタンを少しだけ含んでいるものがお勧めです。

これらの化学物質は少量含まれていると敏感肌に効果的で、多めに塗っても肌も青白く見せないのです。

また、必ず、日焼け止めを塗る前にはしっかりと顔を洗ってあげましょう。汚れた肌の上に日焼け止めを塗るのはトラブルの元です。きれいな肌の上に塗ってあげることでトラブルがかなり防げるはずです。

また、外出先ではあぶらとり紙とアクネクレンジングワイプなどを使用するとよいでしょう。帰宅後は、寝る前に…などと言わず、すぐにメイクを落とし、洗顔をしましょう。その後しっかりと化粧水で保水してあげることが大切です。ニキビが気になる方はニキビ用化粧水で肌を整えてください。

2. 顔が白っぽくなる

日焼け止めによっては肌が白っぽくなってしまうものがありますよね。よくすり込んでも何となく白さが残ってしまう…それが日焼け止めをあまり塗りたくない原因になっている方もいるかも知れません。

でも、今は透明のジェルタイプの日焼け止めも出回っています。これはさっぱりとした付け心地で、白く残ることもありませんので、ぜひこういったタイプのものを選ぶとよいでしょう。

また、ヨーロッパでよく使われているメギゾリル配合や、アメリカなどで多く取り入れられているアヴォトリエックス配合の日焼け止めは肌に白さを残しません。これは海外コスメサイトなどで結構手に入りますので、ぜひ使用してみてください。

3. 頻繁に塗りなおさなくてはいけないのが面倒くさい

日焼け止めは一度塗ったからといって一日持つものではない、それは皆さんも耳にしたことがあると思います。少なくとも2時間おきに塗りなおさないと最高の効果が得られないとも言われています。

そこで登場するのがスプレー式の日焼け止めです。スプレー式は気軽に塗れるので、面倒さが半減されます。でも、スプレー式にも難点があります。たっぷりと満遍なく塗らなくてはいけないのです。

そこで、裏技です。外に出る30分前にSPF30以上のクリーム状の日焼け止めをしっかりと塗り、さらにその上にSPF30以上のスプレー式の日焼け止めでカバーしてあげるのです。そうすることで、ベースがしっかりして、塗りなおすときにスプレー式のもので十分になります。

また、ファンデーションをその上に塗るときは、SPF効果があるパウダータイプものを選び、それを化粧直しとして簡単にはたくだけで日焼け止めの効果となるのです。クリーム状のものを常に塗りなおすよりかなり簡単ですよね。

4. メイクアップの下地には重過ぎる

紫外線には主に2種類あるのは多くの方がご存知かと思います。日焼けを起こすUVB、そしてしみやしわ、皮膚がんを引き起こすUVAです。UVAはUVBと違い、そのダメージが表に出てくるのは数年後となります。だからこそ日々の日焼け止めを塗ることが必要なのです。

今はメイクアップやスキンケア製品にSPFの効果があるものも多く出ていますが、多くが残念ながら十分ではありません。そこでやはりメイクアップの下にしっかりと日焼け止めを塗ってあげることをお勧めします。

でも日焼け止めを塗るのですが、これが重過ぎると感じる方も少なくないことと思います。そこでUVA、UVB両方の日焼け止め効果がある化粧水を塗ってあげるのがお勧めです。

そこに日焼け止め効果がある化粧下地を塗り、その上に日焼け止め効果があるファンデーションを塗ってあげましょう。

5. 汗で流れ落ちてしまうのがイヤ

とても外が暑い日や外で運動をするときにはたっぷりと日焼け止めを塗らなくてはいけないのに、それが汗で流れ落ちてしまいますよね。それが目に入ってしまったりすると本当に最悪ですよね。

そこで活躍するのがウォータープルーフの日焼け止めです。少しは落ちてしまうかもしれませんが、通常の日焼け止めよりも汗に強いです。ただ、その分肌にしっかりと密着するので、肌への負担が多くなったりしますし、日焼け止め用のクレンジングも使わなくてはいけません。

そのため、普段使いはあまりお勧めしません。特別なときにだけ使用した方が肌へはよいでしょう。

いかがですか?今は本当に色々な日焼け止めが出ています。機能性も使用感も向上しているので、ぜひとも目的にあった日焼け止めを使い、そして家に帰ったらしっかりと落とすことを忘れずにしましょうね!

この記事をシェアする

関連記事