• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日焼け止めがシミをつくる?正しい日焼け止め選びのために知っておきたい基礎知識

Date:2012.08.15

日焼けした肌は健康的、などとも言われますが、日焼けは火傷です。肌にとってはあまりいいことではありません。むしろ、とてもよくないことです。

日焼けは肌を乾燥させ、シミやシワの原因になるのです。若い頃に日焼けをガンガンしていた人はそれだけ早い年齢でシミに悩まされる可能性が高いですよ。

肌の奥には紫外線貯金というのがあり、それがいっぱいになるとある日突然シミがあふれ出す、ということになるのです。

日焼けの原因となる紫外線。紫外線を予防するには日焼け止めが一番です。しかし日焼け止め選びを間違うと、肌に刺激を与え肌を傷めてしまうこともあります。正しい日焼けどけ選びをするためにも、紫外線について知っておきましょう。

油断してはいけない紫外線

太陽光線をまぶしいと感じるのは可視光線によるものです。紫外線はまぶしいとか暑いなどとは感じないので、浴びていても感覚がなく日焼けしてしまうことがあります。

曇っていても雲を通過して紫外線は肌に影響を与えます。部屋の中にいても紫外線A波はガラスを通過します。日陰にいても、紫外線は反射したりするので油断できません。また、洋服を着ていても生地の合間から紫外線は肌に影響を与えます。

ちょっと出かけるだけ、という「ちょっと」の時間も紫外線貯金に貯金をすることになります。紫外線対策はしっかりすることが大切ですよ。

紫外線A波とB波

紫外線にはA波、B波、C波があります。今のところ特に注意したいのはA波とB波です。エネルギーが強く火ぶくれなどの火傷をさせるのがB波。日焼け止め化粧品もB波を防ぐものが多いです。

一方A波はエネルギーは弱いものの肌の奥にじわじわと浸透して、コラーゲンの老化やガン化の原因になると言われています。日光の中に含まれる光の量はA波の方が10~100倍も多いと言われています。

紫外線対策はA波もB波も防ぐものを使うようにしましょう。

日焼け止め化粧品の表示

日焼け止め化粧品に書かれている「SPF」と「PA」。

「SPF」は紫外線B波(UVB)を防ぐ力を表示しています。日焼け止めを塗っていない状態から日焼けが始まる時間を何倍に伸ばすことができるか、という目安になります。しかし、日焼けを起こさなくても紫外線を浴びていることに変わりはありません。

シミ予防のためには日常的にはSPF20くらいを使うといいとされています。これを基本として外出時間を考え、SPF値の高さを選ぶといいでしょう。

「PA」は紫外線A波(UVA)を防ぐ力を表示しています。+の数で3段階に分けられています。+はやや効果あり、++は効果あり、+++は非常に効果がある、ということです。

紫外線A波はシミやシワの大きな原因となります。PA表示はその予防のためには大変役立つ表示です。必ず確認するようにしましょう。日常的には++くらいがいいようですよ。

肌にやさしい日焼け止め化粧品を選ぶ

紫外線を予防するなら、SPFやPAの数値が高い方が効果は高いのではないか、と思いますね。しかし、数値が高いとそれだけ肌への負担もかかる、ということも考えなければなりません。

そうするとむやみに数値の高い日焼け止めを使わない方がいいでしょう。普段使うものは、SPF20前後でPA++くらいのものがおすすめです。さらに日焼け止め化粧品には紫外線吸収剤を含まないものを選びましょう。

紫外線吸収剤は肌に刺激があるものです。紫外線吸収剤不使用、またはノンケミカルタイプ、というものを選ぶようにしましょう。

クレンジングでよく落ちるものを選ぶ

ウォータープルーフなどしっかりと紫外線を防いでくれる日焼け止めはうれしいですが、クレンジングをする際に肌を傷めてしまう危険性があります。日常に使うなら、ウォータープルーフまでは必要ないでしょう。

また、日焼け止めにもスプレータイプやクリームタイプなどさまざまなものがありますが、肌への負担が軽いもの、と考えると乳液タイプやクリームタイプがいいようです。

効果的な日焼け止めの使い方

日焼け止めは塗る量によっても効果が違います。薄く塗ればどれだけ効果が減ってしまうので、少し厚めに塗るといいでしょう。また、長時間外にいる場合は、塗りなおすことが必要です。特に頬骨の上は日焼けしやすいので、重点的に塗りましょう。

さらに、日焼け止めの上からファンデーションを塗ると効果が高くなると言われています。パウダータイプの通常のファンデーションで十分です。

家の中にいるときには、日焼け止めを塗らずにファンデーションだけでもOKですよ。

この記事をシェアする

関連記事