• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

成分から見る日焼け止めの正しい選び方。紫外線から身を守ろう!

Date:2016.06.03

shutterstock_306382850

段々と日中に暑さを感じるようになり、季節は夏に向かっていますが、そうなると欠かせなくなってくるのが日焼け止めですよね。

毎年さまざまな種類の日焼け止めが発売されますが、どんな基準で選んでいますか?

「SPF」「PA」という専門的な言葉も多く書かれていますが、正しい用途できちんと使用できているでしょうか?また正しい意味を理解できているでしょうか?

日焼け止めはきちんと自分に合うもの、タイミングや状況に合わせたものを使用しなければ意味がありません。

それぞれの性質、使いどころなどをしっかりチェックし、肌に負担をかけずに使用したいですね。

そこで今回は、そんな日焼け止めの正しい選び方、使い方についてお話していきたいと思います。

日焼け止めを使用する前にまずは紫外線の種類を理解しよう

みなさんは紫外線に種類があることをご存知ですか?

虹の色は赤から始まり紫に終わりますが、その色として私達が見ることのできるものを「可視光線」と呼び、

  • 目に見えない赤の外側を「赤外線」
  • 紫の外側を「紫外線」

と呼びます。

紫外線の種類は3種類あり、

紫外線A波…UVA:シワやたるみの原因になる
紫外線A波であるUVAは肌の奥の真皮まで届いて肌の内部に活性酸素を作り出してしまいます。DNAを傷つけたり、コラーゲンを破壊したりし、シワやたるみを発生させ肌が老化する原因を作り出します。

地表に届いている紫外線の9割を占めており、窓ガラスや雲をも突き抜けてくるので、室内にいたり曇りの日であっても注意が必要となります。

紫外線B波…UVB:シミやそばかすの原因になる
紫外線B波であるUVBは肌の表面に活性酸素を発生させ、赤い炎症を引き起こしたり、過剰なメラニン色素を作る原因となり、色素が沈着しシミやそばかすを生み出します。レジャー光線という別名も持っています。
紫外線C波…UVC:皮膚病、皮膚がんの原因になる
紫外線C波であるUVCはB波より更に有害な紫外線で、通常はオゾン層に吸収され地上まで届くことはないのですが、近年オゾン層が破壊された事で地上まで届いてしまうことが心配されています。

私たちが主に日常生活で浴びてしまうのは、紫外線A波であるUVAと紫外線B波であるUVBで、日焼け止めはこの2種類をカットするために作られています。

UVAとUVBはそれぞれ肌に引き起こす症状が違うため、使用する日焼け止めも相応にUVAへの効果とUVBへの効果を考えて後述するSPF、PAの効果、数値を使い分けたり、選んだりしなくてはなりません。

日焼け止めの「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の違いは?

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類が存在していますが、吸収剤は肌への負担が大きく顔に使用すると肌荒れの危険が散乱剤よりも高まってしまうため、

  • 顔用には紫外線散乱剤
  • 身体用には紫外線吸収剤

といった具合で使用することをオススメします。

<紫外線吸収剤>
紫外線吸収剤は紫外線を肌の表面で吸収し、内部に侵入するのを防いでくれます。日焼けを防止する効果が非常に高い上、このようなメリットがあります。

  • 日焼け止めの伸びが良い
  • 白浮きしにくい
  • 肌への負担がかかりにくい

ただ、紫外線吸収剤は吸収した紫外線を赤外線や熱に変えて外に逃がすという働きを行うため、肌への負担がたくさんかかります。

主な成分として

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-3

があります。

<紫外線散乱剤>
紫外線散乱剤は、紫外線を反射や乱射させることによって肌の中に紫外線が進入するのを防ぐものです。散乱剤は吸収剤より白浮きしやすいですが、このようなメリットがあります。

  • 白浮きしやすいものが多い
  • 肌には低刺激で優しい
  • 敏感肌の人でも使いやすい

主な成分としては

  • 二酸化チタン
  • 酸化亜鉛

があります。

紫外線散乱剤は肌に優しいという点で、敏感肌の方でも使用しやすいです。表示としては「紫外線散乱剤」ではなく、「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」となっている場合もあります。

紫外線吸収剤、紫外線散乱剤にはそれぞれどちらにもメリット・デメリットがあるので、自分の体質やお肌の状態に合わせて選びたいですね。

また、防腐剤が含まれている商品は肌荒れしやすくなるので、吸収剤+防腐剤が使われている商品は選ばないのが無難です。

日焼け止めの「SPF」と「PA」ってなに?それぞれの意味とは

日焼け止めには、「SPF」と「PA」という指標で別々の値が記載されていますが、

  • UVAを抑える効果を示す→「PA」
  • UVBを抑える効果を示す→「SPF」

として使われています。

通勤、レジャー、また屋外なのか屋内なのか、などその状況で使い分けができるように記載されているのですが…、SPFやPAとは一体何のことなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

日焼け止めの「SPF」とは

SPFとはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、UVBの防止効果を表している数値で、紫外線防御指数とも呼ばれています。

数字が大きいほど効果は高くなっていきます。よく間違われるのが、数値が50=50時間効くというわけではありません。

また、「効果の持続時間」だと思っていらっしゃる方が大多数ですがこれも誤った情報です。

  1. 日焼け止めを塗った場合にUVBで紅斑が現れる最小の紫外線量
  2. 日焼け止めを塗らない場合にUVBで紅斑が現れる最小の紫外線量
この1と2の比を取った値が「SPF」です

※紅斑…日焼けをした時に現れる肌が赤く炎症を起こした状態

つまり、日焼け止めを塗らなかった時に、日焼けをして紅斑を引き起こしてしまう最小の「紫外線量」に比べて、日焼け止めを塗った時にはその何倍の紫外線量まで耐えることができるかを表した数値となります。

比較しているのは「紫外線量」であり「時間ではない」

というのが正しい解釈となります。

例えば、SPF30の日焼け止めは、その日焼け止めを塗らなかった際の30倍の紫外線量まで耐えることができる。ということです。

もっと分かりやすく言うならば、「日焼け止めを使用しない時に比べて何倍の量の紫外線をカットできるか」を計算した値です。

そのため、基本的には『SPF15』程度で十分ですが、紫外線量の多い場所などに行く場合は、考慮してSPF30~40などを使用しても良いかと思います。また、「時間」は関係ないため、当然、こまめに塗り直すことが大切です。

また、SPFは数値が高い分、肌が乾燥しダメージが大きくなるため、注意が必要です。そして、日焼け止めはあくまでUVBの影響を減らすだけで完全にブロックできるわけではないことを覚えておきましょう。

日焼け止めの「PA」とは

PAとはプロテクション グレイド オブ UVA(Protection Grade of UVA)の略で、UVAの防止効果指数と呼ばれています。

SPFと違って値ではなくランクで効果を表すため、その記号としてPAと表示されています。

また、SPFと違う点は、紅斑ではなく「黒斑(サンタン)」を生じさせるUVAを対象にしています。つまり、黒斑を生じさせるUVAを防御してくれる指標として覚えておきましょう。

そして、これもSPFと同じで、

  1. 日焼け止めを塗った場合にUVAで黒斑が現れる最小の紫外線量
  2. 日焼け止めを塗らない場合にUVAで黒斑が現れる最小の紫外線量
この1と2の比を取った値が「PA」です

PAは効果の度合いを4段階に分け、出た数値をランク分けし「+」の個数で表されています。

  • PA+    :UVAPF2~4…UVA防止効果がある。
  • PA++    :UVAPF4~8…UVA防止効果が高い。
  • PA+++   :UVAPF8~16…UVA防止効果非常に高い。
  • PA++++   :UVAPF16~…UVA防止効果が極めて高い。

※UVAPF…UVA Protection Factor:UVAの防止効果の意味

こうしてランク分けされており【PA+】=UVAを1/2~1/4に抑えることができる、という意味になります。UVAは天候に関わらず常に降り注いでいるため、日常生活では【PA+~PA++】程度で十分だと考えられています。

SPFとPA、どのような基準で日焼け止めを選んだらいいの?

では、日々の日焼け止めはどのような基準で選べばよいのでしょうか?

<日焼け止めを選ぶ基準例>

  • 日常生活、買い物、軽い外出など :SPF10~20/PA+~PA++
  • 屋外で軽い運動、レジャーなど  :SPF20~30/PA++~PA+++
  • 炎天下で運動、マリンスポーツなど:SPF30~40/PA+++~PA++++
  • 日焼けに弱い人、紫外線の強い海外:SPF30~50/PA+++~PA++++

重要なのは陽に当たる時間ではなく、その場所の紫外線量、そして自分の体質です。

短時間でも紫外線量の強い場所ならば数値が高いものを使用し、時間が経過したり汗をかいたら2~3時間ごとに塗りなおしましょう。

高い数値を選べばいいというわけでも、数値が高ければ高いだけ効果が高いというわけでもありません。数値が上がればその分、肌に負担がかかり肌荒れを起こすこともありますので、体質や目的に応じて選びましょう。

「SPF」は【時間】ではなく【防御力】だと思って下さい。

UVB(紫外線B波)は10月~2月にかけてグッと減るのですが、UVA(紫外線A波)は安定して常に降り注いでいます。

室内にいても窓際にいることが多い方や、冬に外に出るときでも、UVケアはお肌に必須です。

また、当然日焼け止めでUVAやUVBをカットしても、一切ダメージを受けていないわけではないので、必ず

  • 美容液
  • 保湿液

などでお肌を活性酸素と、紫外線ダメージから守り、ケアを怠らないようにしましょう。

更に、肌が大変敏感な体質の方は、日焼け止めもパッチテストを行った方が良いです。

顔用の日焼け止めを使用する際は特に、先に腕の内側などで試し塗りし2日間置いて炎症がないか確認しておきましょう。

日焼け止めの「顔用」「身体用」はどう違う?兼用はしてもいい?

shutterstock_306382703
日焼け止めには「顔用」と「身体用」が存在しますが、兼用をしても大丈夫なのかという点が気になりますよね。

まず、顔用と身体用では何が違うのでしょうか?

顔用 身体用
白浮き 白浮きしにくい 白浮きしにくい
効果 比較的弱め 比較的強い
肌への負担 弱め 強い

このような作りになっているため、「顔用」の日焼け止めを身体に塗っても特別な支障はありませんが、「身体用」の日焼け止めを顔に塗ってしまうと、肌が荒れてしまう可能性が高いです。

ボディソープで洗顔をしてはいけないのと同じ原理で、顔の肌の方が繊細で弱いです。

そのため、できるだけ身体用は顔には使わないようにしましょう。顔用を身体に使う分には問題はないと言われています。

紫外線対策って夏や日差しが強い時だけでいいの?年中必要?

先述した通り、UVBは季節によって強さが変わりますが、UVAは一貫して変わらない強さで降り注いでいます。そのため、紫外線対策は年中必要になります。

もちろん、夏などの強い紫外線時期に比べたら使用する日焼け止めのSPF、PAは低めのものを使用しても大丈夫ですが、全く使わないでいると紫外線は肌の真皮まですぐに到達してしまいます。

また、日焼け止め効果がある下地は日中の皮脂や化粧崩れ、汗などで落ちてしまうことが多いため、下地だけでの日焼け止め効果は薄いと考えましょう。

紫外線をきちんとガードするためにも、できるだけ日焼け止めは日焼け止め単体でちゃんと使用することをオススメします。

ウォータープルーフの日焼け止めは塗り直ししなくても大丈夫?

ウォータープルーフの日焼け止めは、

  • 汗、水に強い
  • レジャーや海で使用しても落ちにくい

という特性がありますが、その分、

  • しっかりクレンジングすることが必要な製品が多い
  • 肌への負担も大きい

というデメリットもあるため、普段使いにはオススメしません。また、ウォータープルーフは耐水性があるという意味で、水を遮断するわけではありません。

海では80分程度で落ちてしまうものが多いので、ウォータープルーフであったとしてもこまめに塗り直すようにしましょう。

日焼け止めには色んな種類があるけどそれぞれどう違うの?

日焼け止めには様々な種類やタイプがありますが、それぞれどう違うのでしょうか?時期や用途、体質に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

クリームタイプ
保湿力が高く、乾燥しやすい人にオススメです。防水性が高いものが多いので、化粧下地としても使いやすい反面、

  • 油分が多い
  • 伸びが悪い
  • 落としにくい

というデメリットもあります。

ミルク・乳液タイプ
刺激が弱いので敏感肌タイプの人にもオススメです。

  • 伸びが良い
  • 顔用、身体用ともに多い
  • 保湿成分配合が多い

顔用・身体用ともに最も多く販売されていますし、保湿成分が配合されているものも多いので、下地と兼用になっているものも多いですね。全体的にデメリットが一番少ないものです。

ローションタイプ
最も肌に優しくできているタイプですが、その分

  • SPF等は低め
  • 効果が薄い

というデメリットがあります。日常生活で使用する分には気軽に使うことができるので、毎日のお出かけに使用するのに適していると言えます。

ジェルタイプ
サラッとしていてベタつきが少なく、伸びが良い反面、

  • 刺激が強いものが多い
  • 保湿力が低い

という点があるため、敏感肌の人は注意が必要です。
クリームタイプなどの液体に比べ、保湿力も乏しいため、乾燥肌の人には向かない作りになっています。

スプレータイプ
手が届かないところにも塗ることができる上、手がベタつくことがなく使いやすいです。髪の毛や頭皮にまで使えるものが増えているので、他の日焼け止めとは違った用途で使用することもできます。

  • 塗にムラができやすい
  • 周囲に飛び散る

というデメリットもあります。レジャーや屋外で紫外線対策をするときにはオススメです。

パウダータイプ
メイクの上から簡単に日焼け止め対策ができる上、落としやすく肌の刺激も低いです。その反面、

  • 効果が薄い
  • 簡単に落ちてしまう
  • こまめに塗り直す必要がある

というデメリットもあります。外出先などで手軽に使用できるので、メイク直しのついでに塗ることで顔の紫外線防止には役立ってくれそうです。

シートタイプ
持ち運びに大変便利ですし、首の後など塗りにくい場所にも簡単に塗ることができます。

  • 効果が薄い
  • 塗りムラができやすい

などのデメリットもあるので、外出先で汗などをかいた際のちょっとした塗り直しなどに使用すると良いかもしれません。

見比べてみると、ミルク・乳液タイプが一番無難でデメリットが少ないと言えます。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分の体質や使用する用途、使用する状況などに合わせて選びましょう。

また、身体に良くないと言われている界面活性剤(油と水を混ぜて乳化する際に必要)ですが、残念ながらほとんどの日焼け止めで使用されています。

しかし、中には石鹸等の天然で害のないもので乳化されたものもあります。成分を良く確かめ、確認してから使用できると良いですね。

どれがいいの?最新の日焼け止めは?オススメの日焼け止め

さて、日焼け止めに関してさまざまな情報をお伝えしてきましたが、日焼け止めはとにかく量が多い上、毎年新しいものが販売されるのでどれがいいのか分からない、という方も多いかと思います。

色々なタイプのオススメの日焼け止めをご紹介しますので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

キャメロン&ガブリエル:ヘヴンヴェール
SPF45、PA++++:下地として日常使いできる!

キャメロン&ガブリエル:ヘヴンヴェール

日焼け止め下地で、保湿成分にセラミドNPやスクワランなどが配合されているので、日焼けから肌を守りつつ、潤いを与えてくれます。肌なじみが良く、つけているのを忘れてしまうくらい軽い付け心地が魅力です。

ヘヴンヴェール – キャメロン&ガブリエル
http://www.cameron-gabriel.co.jp/heavenveil/LP1/
POLA:B.Aプロテクター
SPF50、PA++++:レジャー時にオススメです!
POLA:B.Aプロテクター
日中用の日焼け止めクリームで、紫外線だけでなく赤外線をカットする成分も配合されています。軽い付け心地で肌なじみのよいクリーム。紫外線から肌を守りながら潤いもキープしてくれるようです。

POLA:ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
SPF30、PA+++:子どもと一緒に使っても大丈夫!
POLA:ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド
さらっとした使用感の顔用日焼け止めクリーム。肌に優しい作りとなっているので、デリケートなお肌の方や、2歳以上の子供にも使用できます。

ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド – POLA
http://net.pola.co.jp/beauty/products/html/item/001/002/item1439.html
ノブ:UVミルクEX
SPF32、PA+++:敏感肌にも優しくお湯で落とせる!
ノブ:UVミルクEX
ミルクタイプの日焼け止めですが、ジェルのように伸びが良くすっと肌に馴染みます。敏感肌に優しい作りになっており、お湯で落とせます。肌の弱い方や赤ちゃんにも使える仕様、安全性にも配慮されているので安心ですね。

ノブ – UVミルクEX
http://noevirgroup.jp/nov/g/g57903/
アネッサ:パーフェクトUV アクアブースター
SPF50+、PA++++:海など紫外線の強い場所でも使える!
アネッサ:パーフェクトUV アクアブースター
汗や水に触れることで紫外線をブロックする膜が強くなるという、アクアブースター技術が組み込まれており、水溶テストで高い耐水性が実証されています。ウォータープルーフ仕様ですが石鹸で落とせる手軽さが嬉しいですね。

パーフェクトUV アクアブースター – 資生堂
http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=711301&online_shohin_ctlg_kbn=1
ドクターシーラボ:マイルドUV PA+++
SPF40、PA+++:敏感肌の方にオススメ!
ドクターシーラボ:マイルドUV PA+++
同じドクターシーラボの商品ですが、こちらは敏感肌用の日焼け止めミルク。カミツレエキスやカンゾウ根エキスの他、7種類の植物エキスが配合されており、紫外線から肌を守りながら弱った肌も癒やしてくれます。

マイルドUV PA+++ – ドクターシーラボ
http://www.ci-labo.com/shopping/product/00039805/
ドクターシーラボ:エンリッチリフトUVパウダー50+
SPF50+、PA++++:お化粧と一緒に日常使いできる!
ドクターシーラボ:エンリッチリフトUVパウダー50+
こちらはドクターシーラボの日焼け止めパウダー。顔の日焼け止め、塗り直しなどが簡単にできます。色が付かないパウダーなので、首やデコルテにも使用できます。

エンリッチリフトUVパウダー50+ – ドクターシーラボ
http://www.ci-labo.com/shopping/product/00041326/

比較的SPFが高いものをご紹介しましたが、普段使いにはSPFが10~程度のもので十分ですので、薬局で手軽に入手できるようなものを使用し、レジャーやちょっと今日は炎天下で運動するぞ!という日などに使用すると良いですね。

今年の新商品だとどんな日焼け止めがオススメなの?

ここからは今年の新商品、かつ、日焼け止めだけでなく、お肌にさまざまな良い効果を与えてくれる商品をご紹介したいと思います。

少し値が張るものも多いですが、その分効果には期待できますよ!

ヘレナ ルビンスタイン:P.C. アーバンアクティブ シールド
SPF30、PA+++:日常使いにオススメ!
ヘレナ ルビンスタイン:P.C. アーバンアクティブ シールド
こちらはクリームタイプの日焼け止めで、大気汚染物質の付着、酸化を防ぐ成分が配合されています。水分が多いため、伸びが良く、顔全体に塗ってもメイクに影響が出ません。

顔全体にマスクをつけたような使用感で、花粉による痒みも緩和されたという方もいらっしゃるようです。

P.C. アーバンアクティブ シールド – ヘレナ ルビンスタイン
http://www.helenarubinstein.jp/?p_id=H10307
ランコム:UV エクスペール XL CCC
SPF50、PA++++:毎日の仕事のお供に…!
ランコム:UV エクスペール XL CCC
化粧下地タイプになっており、パソコンやスマートフォンから発声するブルーライトの紫外線からも肌を守ってくれる優れものです。長時間パソコンを使用する際にも使えますし、日焼け止めとしての効果も高いです。

ランコム UVエクスペール XL CCC – ランコム ビューティー
http://www.lancome.jp/brand/campaign/whitening/uv/
ラ・プレリー:スイス UV プロテクションヴェール
SPF50、PA++++:お肌にも良いので毎日使っても安心!
ラ・プレリー:スイス UV プロテクションヴェール
クリームタイプの日焼け止めです。ほのかにピンク色をしており、肌を柔らかくするカンゾウ根由来の成分が含まれており、白浮きせず瑞々しく透明感のある肌へと整えてくれます。日焼け止め効果も高めです。

また、日焼け止め独特の匂いはせず、甘い香りがするのも特徴です。

​​​​​​スイス UV プロテクションヴェール (SPF50・PA++++) – ラ・プレリー
http://www.laprairie.co.jp/jp/cellular-swiss-uv-protection-veil-spf-50/95790-01212-30.html

年々、新しい商品が発売される日焼け止めですが、日焼け止め効果だけでなく、肌に良い成分を配合したものもたくさんありますので、ご自分の肌に合わせて選んでくださいね。

去年開封したものは使用OK?使用量はどれくらいがベスト?

日焼け止めの使用期限は、基本的に化粧品と同じ扱いになるため、

  • 未開封の場合:3年
  • 開封後の場合:1年

となっています。去年開封して余っているからと使用することはお勧めしません。空気中の雑菌が混入していたり、二次汚染によって品質が低下してしまっている危険性が高く、肌荒れの原因にもなりかねません。

できるだけ日焼け止めはシーズンごとに使い切るようにしましょう。

また、日焼け止めはしっかりとムラなく塗られていることを基本として、表示通りの効果が発揮されます。

例え「SPF50、PA++++」という効果の高い日焼け止めを使用しても、少ない量で塗っていたり落ちてしまっていては、表示されているような効果は得られませんので注意が必要です。

日焼け止めを使用する際に適切とされている量は、

  • 0.6g~0.8g程度の量
  • 500円玉程度の大きさ

となっており、これよりも少ない場合は表示されているよりも効果は薄れてしまいます。そして、日焼け止めは汗、皮脂、化粧崩れによって簡単に落ちてしまうので、2~3時間程度に塗り直しを行いましょう。

体質や天候、使用用途や状況に合わせて適切なものを選ぼう

shutterstock_271728665
いかがでしたか?こうして改めて日焼け止めについて調べたことをきっかけに、私自身、知らなかった情報を知ることができました。

SPFとPAに対する理解はもとより、あれだけの種類が出ているのはそれだけ細かく用途によって使い分けができる、寧ろ使い分けが必要だからなのですね。

日焼け止めは自分自身の体質や肌質に合わせるのはもちろんのこと、使用する状況や用途に合わせて、必要なものを適切に選ぶことが大切です。

数値にごまかされず、適切なものを選ぶ目を持ち、しっかり肌を紫外線から守れるようになりたいですね。

この記事をシェアする

関連記事