• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

不妊に悩む女性に知っておいて欲しい「人工授精」の費用と知識

Date:2013.01.08

不妊に悩む女性は少なくありません。もしも、「人工授精」という選択肢が出た場合に事前に知っておいた方が良いと思われる基礎的な用語や知識、そのおおよその費用を記事にしました。

費用もおおよそで記載していますが、必ずかかりつけのお医者さんに実際に掛かる費用を尋ねてくださいね。人口受精ってどんな事をするんだろうか?と疑問に思っている方は是非読んでみてくださいね。

人工授精をする前に知っておくといい知識

  • 精子の洗浄

精子を専用の溶液と合わせて遠心分離器にかけます。そうすると精子に付着している細菌と純粋な精子とに分かれます。純粋な精子は通常の精子の5倍くらいの濃度があり、運動量も非常に良くなり、妊娠しやすい精子が生まれます。

  • スイムアップ法

スイムアップ法も精子の洗浄と同じような意味あいで行われます。こちらは専用の溶液に精子を入れて浮き上がってきた精子だけを使用するという方法です。運動量も純度も高くなり、妊娠しやすい精子になります。

  • HIT

精子の量が少なかった時に、卵管に直接精子を注入することをHITと言います。卵管に精子を注入する時、まれに痛みを感じる女性がいると言われていますが、たいていはさほどの痛みもないそうです。

  • 人工授精と痛みについて

ほとんどの女性は人工授精の過程で痛みを感じることはないと言っています。時々、子宮の形によっては挿入する管が入りづらく、痛みを伴う女性もいます。

子宮の形は人によってさまざまで前屈、後屈などの個人差があるので、そのへんを考慮してくれている腕の良い医者にあたれば無痛です。緊張していたら、若干痛みを伴うこともあります。

  • 人工授精の費用は?

アンケート調査によると1回の人工授精の費用は5000円から2万円くらいです。病院によってばらつきがあります。(健康保険が適応されない等)

高い治療費だから妊娠しやすいとか、腕が悪い病院だから安いということは決してありません。多くの場合5回程度は人工授精を繰り返すので、1回5000円の治療費であれば5回で25000円。1万円なら5万円になります。
※個人差があるので確定した内容ではありません。

  • タイミング療法か人工授精か

これは医者とパートナー(彼氏や旦那さん)と相談をして決めましょう。医者の一般論は高齢であればあるほど、すぐに人工授精を薦めます。とにかく時間がないという判断です。

それでも自然に任せるのか、どうしても授かりたいから人工授精を行うのか。デリケートな問題であるだけに、カップルでの話し合いが大前提となります。

この記事をシェアする

関連記事