• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

応急処置的に膝の黒ずみを隠すカバーメイクテクニックを公開

Date:2014.11.25

shutterstock_114649694

ベージュのストッキングをはいてもカバーできないほどの膝の黒ずみ、気になりますよね。

継続的にケアをして、解消が必要なことは分かっていても「今日だけ応急処置的に何とかしたい」そんな切な願いもあるはずです。

そんなときに便利なのが、ボディ用のファンデーション「エアーストッキング」。

お顔に使うファンデーションより薄付きで、汗に強くできているため、自然な仕上がり、かつ落ちにくい優秀なアイテムです。

パール配合のアイテムを選択すれば、美脚効果もプラスされ、一石二鳥。

膝は、年齢がでやすい部分と言われています。勝負の日こそ、黒ずみをしっかりカバーし、万全の体制で臨みましょう。

膝の黒ずみにはエアーストッキングを使ったカバーメイク

エアーストッキングは、世界中の女性に利用されているスプレータイプの脚専用ファンデーション。アメリカやヨーロッパでも注目を集めています。

ボディ用のコンシーラーやリキッドファンデよりも薄づき、かつむらなく塗れるため洋服への付着の心配がありません。

世界の有名なプロカメラマン、モデルさんも撮影の時に愛用している心強いアイテムです。

使い方は、黒ずみが気になる部分にスプレーをし、手でなじませ、乾かすだけと非常に簡単。

落とすときには、お顔のメイク同様にクレンジングを利用する、もしくはメイク落としが入ったボディソープで洗い流します。

汗でとれない!膝の黒ずみカバーを長時間持続させるコツ

エアーストッキングの膝の黒ずみカバー力をさらにアップ、長時間持続させるためには、以下3つのポイントを守りましょう。

ポイント1 スプレーをする前に皮脂・汗をふきとる

顔にファンデーションを塗る前には、必ず洗顔、化粧水で皮脂カバーをしますよね。ボディ用でも同じです。

朝起きたら、まずシャワーを浴びて、膝の汚れ、夜の寝汗をすっきり落とし、タオルで水分をよく拭き取ります。

水分が少しでも残っていると、ヨレ、ムラになって、カバー力が落ちるので要注意。

よく乾いた柔らかいタオルを使い、しっかりと水分を落としておきましょう。

ポイント2 スプレーするのは30センチくらい上から

膝の黒ずみだけをカバーしようと、至近距離で狙いうち。やりがちではありますが、色ムラの原因になります。

30センチ位はなしてスプレー、膝周辺も一緒にカバーしていく方が仕上がりは自然、かつキレイ。

周りへの飛び散りが気になる場合は、下に汚れてもいいバスタオルを引くなど、対策を整えてから使用するようにしてください。

ポイント3 仕上げに

膝の黒ずみだけをカバーしようとして、至近距離で狙いうち。やりがちですが、色ムラの原因になります。

30センチくらい上からやや広めの範囲に散布して、黒ずみが気になる部分だけ、たたきこむようになじませるのが正解。

黒ずみが目立たなくなったところで、ブレストパウダーでおさえてヨレを防止し、完成です。

その日を乗り切ったら膝の黒ずみケアで根本的な解決を

応急処置的な方法なら、上記で十分対応できます。アイテムによっては、タトゥーが隠れるほど強力なカバー力を持つものも。

黒ずみのレベルによって、使い分けをしたいところです。

イベント当日を乗り切ったら、膝の黒ずみ解消に向けて、根本的なケアを行う努力ももちろん必要。

黒ずみは摩擦・強い刺激・圧力が原因で起こっていることがほとんどです。

サイズのあわない細みのパンツ、圧力タイツは避け、お風呂で使うボディタオルも柔らかい素材のものに変えてみてください。

すでにできてしまった黒ずみには、角質除去スクラブを使ったケアを。

湯船にゆっくりつかり、膝の表面の皮膚を柔らかくした後、スクラブでマッサージします。

強くこすらず、円を描くように、丸く丸く塗りこんだ後、お湯でさっと流したらケアは完了。

お風呂からあがった後は、美白タイプの保湿化粧水、クリームで水分を補うと効果的です。

急ぎのときは、エアーストッキングで気になる部分をカバー、長期的には継続的なケアで根本的な解決を。

隅々までお手入れされた女性らしい素肌に向けて、少しずつ対策をはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事