• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「料理がマズい…」アラサー女子が語るホームパーティーが苦手な理由

Date:2014.03.19

新築祝いやママ友の集まり、気が合う仲間や会社の同僚たちとのホームパーティーは、話の内容や時間などを気にせず楽しめるメリットがありますよね。しかしホームパーティーはホスト側の準備が大変です。

人によっては前日から料理の仕込みをすることがあり、特に女性は料理だけでなく家の片付けや掃除など準備が大変になるかと思います。

そのため、ホームパーティーで大変なのはホスト側ばかり…と思う一方、招待される側も気疲れをしたり苦痛に思うことがあるようです。そこで今回は、知人のアラサー女子たちにホームパーティーが苦手な理由を聞いてみました。

料理が全部冷めていた

「冬に新築祝いで上司の家に行きましたが、奥さんが早く用意しすぎたのか、料理が全て冷めていました。ほとんどが温かい状態じゃないと美味しくない料理ばかりで…。

サラダも用意してくれていたけれど、冷蔵庫から出すタイミングが早かったからか野菜が全部パサパサ。食べないわけにもいかないので渋々食べました。

張りきるのはいいのですが出すタイミングを考えてほしかったです。温かい飲み物も用意されていなかったので、その場にいるのが苦痛になりました。」

冬に温かいものを飲食出来ないのはつらいですよね。特に上司の家なら言いたいことも言えないものです。ホスト側になる場合は、ゲストが到着してから作り立てのものを用意したり、温かい状態で料理や飲み物が出せるように工夫したいところです。

とにかく寒かった

「冬に行ったら暖房はついていても温度が低めで、とにかく寒かったのを覚えています。上司の家なので『温度を上げてください』とは言いづらいものがありました。

また、お酒を勧められましたがお腹が冷えてトイレに何回も行くことは目に見えていたのでその日は遠慮しました。人数分のスリッパもなかったようで、歩く時に床が冷たく足が痛かったです。」

冬は暖房が効いていないと寒いですが、夏もクーラーの入れ方によっては寒く体を冷やすこともあると思います。ホスト側も室内温度に注意すべきですが、招待される側も羽織り物を1枚持っておくと安心です。

後片付けを強制的にやらされる

「同僚の先輩がホームパーティー好きで、新年会や忘年会を兼ねてよく招待されます。食べている時は楽しいですが、必ずといっていいほど後片付けや皿洗いを強制的にさせられるので嫌です。人に頼むほど後片付けが面倒なら紙コップや紙皿でもいいのに…。」

後片付けをゲストに必ずさせるのは、ホームパーティーが好きな人に多い特徴だそうです。ホスト側がどうしてもゲストに後片付けを頼みたい場合は、せめて後片付けがラクになる工夫をしましょう

話が盛り上がらない

「ホームパーティーに呼ばれたものの、特に何をするわけでもなく用意された食事やお菓子を食べていただけでした。何かゲーム出来るものを持ってきたら良かったと友人がつぶやいたくらいです。

話が特に盛り上がるわけでもなく、お互いの仕事の話を時々しながらテレビを見ていました。」

せっかく集まったのに特に話題も無くゲームをすることもなく時間が過ぎるのは、気が合う仲間でない限り確かに退屈するでしょう。長い時間ホームパーティーをするのであれば何かゲームを用意するなど工夫しても良いかもしれません。

ホームパーティーの主導権はホスト側にあるものの、ホスト側にもゲスト側にもマナーがあり、お互いの気持ちを考えて行動するからこそ成り立つものではないでしょうか。お互いの自己満足にならないように注意してホームパーティーを楽しみたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事