• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

主婦必見!ホームパーティーで大活躍の食器は地震にも強し!?

Date:2012.11.03

ホームパーティーをするとき、どんな食器に料理を盛り付けますか?子供たちも参加するパーティーでしたら、割れにくく扱いやすい食器でサーブするのはある意味、鉄則でしょう!

まず思い浮かぶのはプラスティックやペーパープレート…でも野外バーベキューじゃあるまいし、これはなんだかチープすぎる…といろいろと考えてしまいますよね。そんな時に力を発揮してくれるのがアメリカ製のコレール。

これはかなりイケていて、私も長年使っておりますが大満足です。特に地震の多い日本では重宝ではないかと思います。ところが、このコレールに最近異変がおきているのです。

ホームパーティーなどで大活躍のコレール

渡米以来、ホームパーティーは日常となりました。各家庭でのパーティーはレストランでは得られない、ゆったりとした楽しいひと時が持てます。中でもアメリカで一番人気のホームパーティーはポットラック式パーティーです。

ゲストが一品何かを作って持って行きますので場所を提供するホストに負担がそんなにかかりません。お呼ばれされた方も気軽に参加できるメリットがあります。

この時に持ってきていただいたFoodを盛り付けしたり、取り皿として重宝するのがアメリカ製のコレールの食器たちです。軽い、割れにくい、洗いやすいで使い勝手がよく、今ではスタイリッシュなおしゃれなデザインが各種売られていますので、アメリカでは定番の食器となっています。

参考:コレール食器↓

コレールのなにがすごいの?

コレールブランドがアメリカでお目見えしたのが1970年のことです。陶磁器業界に新しい技術が投入され、当時は画期的な商品として登場しました。現在、コレールのコンセプトは次の7つから成り立っています。

1.電子レンジOK
2. 割れにくい
3.欠けにくい
4.柄もの色ものがあせない
5.軽い
6.重ねられる
7.ディッシュウォッシャーで洗える

独自の三層構造(乳白色のガラスを透明なガラスで挟むように加工)が今までのお皿の弱かった部分を強化してくれていますので上記のコンセプトはまさにその通り!と言わざるをえません。我が家でも毎日の食事に使用するほかに、大勢の人をお呼びしたときに大活躍です。

割れないと思っていたコレールが突然…

ところが、先日キッチンの戸棚から急にコレールの小皿がすべり落ちて約70cm下のカウンター上に激突、こなごなに割れてしまいました。その破片を拾い集めてみると鋭利な刃物のような破片が多く、飛び散った時にそばにいたら怪我をしていたかもしれないとあらぬイメージを抱いてしまいました。

今までお皿を洗っているときにあやまってシンクの下に落としてしまったときでも無傷だったコレールたちも70cmの距離には勝てずでした。そこでアメリカのコレールについてのサイトを覗いてみると、コレールは割れるのか割れないのか実験してみたという動画などあり、大層盛り上がっていることに気が付きました。

コレールのアメリカの販売会社ワールド・キッチン社では、3年間の保証期間を設けていますが、誤用、過失、不慮の破損に対する保証はいたしませんとうたっています。やはり、頑丈だと言われていても、ものは、いつかは壊れる運命をたどるものです。

地震のときも落ちたら、割れる可能性大ですね!私の感想として、普通に使っていたら大丈夫ですが、くれぐれも過信はしないように…ということでしょうか。

続くと思っていたコレールが突然…

アメリカのコレールは40年以上の歴史があり、世界中に販売されています。アメリカでは半数以上の家庭がコレールを持っていると推定されています。さて日本へは1980年に販売開始。株式会社岩城ハウスウェア(iwaki)が販売権を持ち販売し、けっこう人気がありました。

ところが今年2012年8月16日に岩城ハウスウェアが突然、米国ワールド・キッチン社との販売店契約を締結したというアナウンスを発表。これで日本での販売を終了したということで32年の歴史に幕を閉じたことになります。

これにはいささか驚いてしまいました!現在、日本でお店やネットで販売されているコレールはお買い求めができますが、今後のコレールの新作などは購入困難な可能性がでてきました。今後の日本でのコレール動向が気になるところです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント