• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

洗濯機で不要な書類をシュレッダーのように処分する方法

Date:2012.12.14

人に見られたくない書類ってあるんですよね。手紙とか・・・。早く処分したいけれど、「どこか外に捨てて、うっかり他の人に見られてしまったらどうしよう」「かといって、家に置いておいたら誰に見られないとも限らないし」と悩んでいるあなた! その書類をキレイに処分してしまいましょう。この裏技を使えば、シュレッダー的に、不要な書類を処分してしまえます。

こちらの書類が、仮に要らない書類だとします。これを今から、シュレッダー処理で読めなくしてしまいましょう。

用意するもの

ストッキングを用意しましょう。ストッキングであればなんでもオーケー。ベージュ色でもブラックでもどちらでも大丈夫です。もちろん柄タイツでも。ただし編みタイツの使用は止めておきましょう。ここでは、中身が分かりやすいように、ベージュのストッキングを使用します。

ステップ1

書類をストッキングの中に入れます。ここでは4つに折りたたんで入れました。そして、飛び出てしまわないように、口をしばっておきましょう。折りたたんで入れたほうが、ストッキングが痛みにくいかもしれません。まあ、めんどうだったらぐしゃっとしてもいいのですが。ただ、なるべく広い面を、均等に処理できるように、平らにして折りたたんだほうが効果はあります。そして印刷面(他人に見られたくないことが書かれてある面)を表側にしておきます。まあ、洗濯してしまえばどちらもキレイに処理されるのですがね。人に見られたくないほうを外に晒しておいたほうが、より消去効果が高まるものでしょう。心理的にも達成感を持てますし。さあ、不要な書類はさっさと水に流してしまいましょう! 

ステップ2

ストッキングに入れた不要な書類を、洗濯機の中に放り込みます。
さあ、これで待つこと数十分。今まで処理に困っていた書類を、ついに消滅させられる・・・ムフフ。 

ステップ3

洗濯機のスイッチを入れます。
思い残すところはありませんか? ありませんよね~、早く洗濯が終了してほしいです。二層式の洗濯式を使っていない限り、ここでスタートボタンを押した時点で作業は終了です。

できあがり

洗濯が終わったあとは、このようになっていました。最初とかなり、感じが違っていますよね。遠心力で攪拌されまくると、こんなになるんですね。取り出して、よく見てみましょう。

う~ん、見る影もないですねえ。これなら、ふつうにゴミ箱に入れてしまっても、燃やせないゴミの袋に入れてゴミに出しても、中身を悟られる心配はなし。外側はボロボロだけど、中を開いたら、しっかり中身が残っているんじゃないの!? って思っていますか? わかりました、念のため、開いてみてみましょう。

ほら、中身も消滅していました。どこから見ても、もとの文字は判読できません。いかがでしたか? これぞ自家製シュレッダー。わざわざシュレッダーを買うまでもなく、おうちにある洗濯機でシュレッダー処理が完了します!

この記事をシェアする

関連記事