• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

友達以上恋人未満から卒業したい!彼の本命になる極意とは

Date:2014.09.01

「好きな男性に彼女がいる」「彼が好きだけど友達の関係」「彼とは体の関係があるけど本命ではない」など、今現在、その男性とは付き合っていないけど、いずれ恋人関係になりたい!と願う女性たちは数多くいると思います。

ここでは、友達以上恋人未満の関係から卒業し、彼の本命彼女になる極意を紹介いたしましょう。

男性のプライドを傷つけない

男性は非常にプライドの高い生き物です。なので自分のプライドを傷つけるような女性を好みません。

たとえば、好きな男性がいる前で他の男性とおしゃべりするなどです。もし、あなたの好きな男性があなたに好意を抱いていた場合、「自分の前で軽々しく他の男性と仲良くおしゃべりなんてするな」と心の奥底で思うでしょう。

女性としては「それくらいいいじゃない」と思う様なことも男性のハートをズタズタにしてしまうことって意外とあるんですよね。彼の自尊心やプライドを傷つけないように気をつけてくださいね。

彼の価値観や考えを認めてあげよう

男性は、自分の価値観や考えを心から認めてもらえたり、尊敬してほしいと願っています。一緒に飲んだ時など、彼から愚痴や悩みごとが聞けたらラッキーです。その愚痴や悩みを黙って聞いてあげましょう。

そして、彼の話に耳を傾けつつ、目をみて相づちを打って、受け止めてあげましょう。仕事上の愚痴や悩みだったら「あなたは能力があるから大丈夫よ」と認めてあげることで男性としてのプライドが保たれます。

心から応援しているアピールをすることで彼はきっとあなたを心地よい存在の女性と認識するでしょう。時間や手間がかかることですがこのような地道な作業が彼のハートを揺さぶるのです。

彼の心の支え的存在になる

好きな男性のサポーター的役割になりましょう。いつも優しく自分を応援してくれる女性であれば、もし、彼女とうまく行かなくなったとき、ふと気が付くと思います。ずっと側にいた女性の存在(あなた)のことを。

彼女がダメ出しや束縛ばかりしているとき、二人の間でケンカが絶えず続いているとき、そんなとき、彼の心の支えになっていれば、彼は、あなたの存在がいかに大切なのか、を分かるときがきっときます。

体の関係を持たない(これ以上持たない)

男性が女性を追い求める最大の理由は「体の関係を持ちたいから」です。「そんなの嘘よ」と思いたいでしょう、女性ならば。しかし、悲しいことに男性というものは、一番好きな女性でなくても体の関係を持つことができてしまうのです。

付き合う前に体の関係を持ってしまうと「本命」候補から脱落してしまうのは、どの恋愛マニュアル本にも書いてありますよね。容易に体の関係を持ってしまうと「本命」ではなく「遊び」で終わてしまうという女性としては悲劇の結末が待っている可能性大!

付き合っていない段階で十分女性としての魅力を彼にアピールしたり、隙を見せつつ彼に近づき、しかし、簡単にお誘いにのらない女性というスタンスを貫きましょう。

そんな女性は、男性からみると手ごわい女性です。簡単に手に入りそうな女性よりも手ごわそうな女性の方が何倍も男性の狩猟本能をくすぐらせることができます。何倍も好奇心をそそるのです。

飲みに行ったり、カラオケに行ったりしながらもギリギリのところで体の関係を交わしてくださいね。しかし、すでに体の関係を持ってしまったという方は、もう絶対に彼と寝ないことです。これだけで本命になれるかというと難しいですが、これ以上、自分の価値を下げる必要はありません。

まっすぐ彼を追い求める姿勢で

セカンドという立場の人がその男性の本命をめざすなら、奥手にならず、まっすぐに彼を追い求めることが大切です。「二人の邪魔をしないように」なんて考えがあるとすぐにセフレなど都合のよい女性扱いにされてしまいます。

なので、「中途半端な気持ちだと私はどこかへいってしまうわよ」という危機感を与えることが大切です。「あなたが大好きなの、彼女とは別れて私と真剣に付き合ってほしいの」と行動することではじめて、今付き合っている彼女(彼女候補)とあなたが同じ土俵に上がることができます。

彼は、真剣に二者択一しはじめ、本命になりうるチャンスができるのです。しかし、あなたが選ばれなかった場合、それはもしかしたら恋の終わりに繋がるかも知れません。ですが、本命になれるチャンスはこのような本気度を相手に見せるしか方法はないと覚悟しておいてください。

以上が、友達以上恋人未満の関係から本命になれるかも知れない方法でした。まずは、彼のプライドを尊重し、彼の大事なものを認めてあげることからスタートです。精神的なサポーターになることであなたは彼にとって居心地のよい存在となるはず!頑張ってみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事