• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【本紹介】男がなにを考えているのかよくわかる!『青春漂流』(立花隆著)

Date:2012.10.04

この本には11人の「プロ中のプロの仕事をしている」男性が登場します。そのなかには、ソムリエとして世界的に有名になった田崎真也さんもいます。

田崎さんと言えば、最近では非常に仕立てのよい洋服を着て、ゴージャスなご自宅でバラエティー番組のコメンテーターと絶妙な掛け合いをしている姿がテレビに時々映るくらいですが、18歳の田崎さんは、高校を中退後、国家資格をとらないと食っていけないなあなど、真剣に将来を悩んでいたそう。

あることをきっかけにレストランのサービスになり、苦労してフランスへの渡航費を貯めて、現在のお姿があるのです。

彼氏が仕事ばかりしている。彼は私のことよりも仕事のほうが好きなのでは?そう疑問に思う女性は、田崎さんのページだけでも読んでみることをお勧めします。

最近の日本は「決められたことを決まったとおりにやる」ことにみんなで注力しています。あらゆる仕事にはマニュアルがあり、職場倫理規定があり、仕事の手順や品質基準はISOによって厳格に定められていて、決まりを守ることが仕事であるかのような錯覚すら覚えます。

もちろん、大勢の人たちで仕事をしている以上、そこにはみんなで守るルールは存在してしかるべきですが、本当にデキる男は、決まりを守ることよりも、仕事を新しく創造することができる男です。

新しい仕事を創造したいから・・・というよりか、男が生涯をかけて挑む仕事を見つけてしまったら、その瞬間から創造せざるを得ない心理状態になってしまうのです。

こういう感覚って、女性からすれば、意味不明なものかもしれません。非常にリスキーですから、いま流行りの「公務員」とやらを彼氏が目指してくれたほうが、将来が読めて、女性的にはいいのかもしれません。

男がなにを考えているのかわからない。そう思えば『青春漂流』を読んでみてください。自分以外の何者か(会社であったり子どもであったり)に人生を賭けるのではなく、自分に自分の人生を賭けて、どうにか一人前の男になろうとする汗臭い男の気持ちが手に取るようにわかると思います。

この本を彼氏に渡して、彼がむさぼるように読んだならば、その彼はあなたのことを生涯をかけて守ってくれるでしょう。理由?理由もちゃんと本の中に書いてあります。

この記事をシェアする

関連記事

コメント