• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

健康的な食事で自然にダイエット!ホリスティックで綺麗になる

Date:2015.03.04

shutterstock_162856820_

女性の多くはダイエットを経験しています。成功、失敗を問わず、一生のうちで複数回ダイエットをすることも普通です。

私たちの恵まれた生活の中では、つい高カロリーのものを摂りすぎてしまったり、車などを使うがために身体を動かす機会が少なくなってきてしまいます。そのため、体重過多となってしまうことも度々あり、それでダイエットに励む方も多いはずです。

でも、ここで一度考えて頂きたいのが、そのダイエットの方法です。痩せたいがために、とにかくただカロリーを減らしたり、栄養の偏ったダイエットをしたりというのは、健康を害してしまう可能性が高いです。

ダイエットは本来、痩せるという目的にこだわるものではなく、健康や美容のために食事を制限するといった意味合いがあります。更に言い換えてみると、身体を本来あるべき健康な状態にするための食事という言い方が合っているかと思います。

その理に適っているのが、実はホリスティック・ダイエットというものです。ホリスティックに沿った考え方で食事をすることで、私たちの身体が健康な状態になり、自然と痩せ、綺麗な身体にすることができるのです。

ここではそんなホリスティックに基づいて栄養を考え、それに沿って食事をする方法を中心に、ホリスティックでの健康法をご紹介していきます。

ホリスティック・ダイエットとは

最近たまに耳にすることがある「ホリスティック」。ホリスティック医学、ホリスティックケア、ホリスティック教育など、色々な言葉を聞いたことがあるかと思います。

ホリスティックとは、そしてホリスティック・ダイエット、栄養学というものはどういうものなのでしょうか?

ホリスティックの意味

ホリスティック(Holistic)という言葉は、「全体論的」「全人的」「総合的」といった意味です。元は「全体性」を意味するギリシャ語のホロス(Holos)という言葉を語源にしています。

このホロスという言葉からは、ホリスティック以外にも、Whole(全体)、Health(健康)、Heal(癒す)、Holy(聖なる)といった言葉が生まれています。

これらの言葉は全てホリスティックにも根付いており、ホリスティックという意味自体が深く、「全体」というだけにとどまらず、「関連」「繋がり」といったような意味も含んでいます。

つまり、私たちの身体は小さな細胞が集まってできているのですが、細胞一つ一つが孤立したものが集合しているというのではなく、これらは全てが関連しあい、バランスを取り、助け合いながら私たちの身体を作り上げているのです。

例えば、病気をして臓器の一部が病んでしまうと、私たちの心もそれに影響を受けてしまいます。そして、自分がいくら健康体であっても、置かれる環境が悪かったら、それが自分に影響し、身体も心も病んでしまうといったことにもなりえます。

だからこそ、一つ一つを孤立したものとしてみるのではなく、全体を関連付けながら見るということに意味があると考えられます。それがホリスティックという言葉、そして考え方の根本にあるのです。

ホリスティック栄養学

ホリスティックの考えに基づいたダイエットをする、ということは、ホリスティックの考えにに基づいて栄養を考え、それに合った食事を考えるということです。

忙しい現代では、食事に手軽さを求めることが多く、ファーストフードやインスタント、加工食品などが私たちの食事に浸透しています。

これは私たちの手間を省いてくれ、味も良いので、便利ながらに楽しめるものなのですが、これが現在の生活習慣病を引き起こしてしまっているものなのです。

ホリスティックに置いて栄養を摂るということは「最高の健康を得るために、ヘルシーな食べ物を出来る限り自然に近い状態で食べる」ということです。

つまり、食べ物は精製されていなく、加工されていなく、無農薬であり、地元でとれたホールフード(丸ごとの食べ物、つまり果物なら実だけではなく、皮なども含めた全体)を食べるということです。

口にするものが私たちの身体を、健康を作るということを認識して、そのために口にするすべてのものを気を付けて選びましょう、そして心も身体も健康になりましょうというアプローチなのです。

「心の為に、身体の為に、そして魂の為に食事をする」これが理念です。

ホリスティック・ダイエットの利点

ホリスティック栄養学に沿って食事をするホリスティック・ダイエットを行うことで、私たちは様々な恩恵を受けることが出来ます。

  • 減量や体重管理ができる
  • エネルギーレベルが上がる
  • よく眠れるようになる
  • 心の状態が良くなる
  • 肌色が良くなり、きめが細かくなったりと肌が美しくなる
  • 免疫力が上がる
  • 生活習慣病をはじめとした病気が防げたり、症状の改善が出来る
  • コレステロール値と血圧が下がる
  • 血糖値が安定する
  • 消化吸収能力が上がり、便秘が解消する

これらがもしホリスティック・ダイエットを行ったときに得られる効果の例です。正に綺麗で健康になりたい女性にとっては、最適なダイエット法ではないでしょうか?

ホリスティック・ダイエットの実践

ホリスティック・ダイエットを行うにあたり、食べるものに関する基本ルールがあります。これを念頭に置き、実践しましょう。

生のホールフードを食べる

加工されていないものを頂きましょう。皮が食べられるものは皮も食べ、生で食べられるものは進んで出来る限り生で食べましょう。

例えばリンゴ、ブドウ、ニンジンは皮ごと生で、オレンジは皮をむいて房ごと生で、バナナは皮をむいて生で、アボカドは皮をむいて種を取り除き生で、といった感じです。

オーガニックのものを選ぶ

食材を選ぶときには殺虫剤や除草剤、抗生物質、ホルモン剤などが使われているものは避け、オーガニックのものを選ぶようにしましょう。

水を沢山飲む

健康一般と消化吸収を促進するためにも、水は1日グラス8杯を目安としてしっかりと飲むようにしましょう。

清涼飲料水、アルコール飲料、カフェイン飲料は出来る限り避けましょう。

甘いものを減らす

精製されている砂糖(白砂糖、三温糖など)や人工甘味料は摂ってはいけません。砂糖入りのお菓子などはさけ、間食などは、果物など天然の甘いものにしましょう。

甘味料を使う際には、蜂蜜やメープルシロップ、甜菜糖など、天然の甘味料にし、量は出来る限り少なくしましょう。

塩分摂取を減らす

塩分は高血圧の主な原因となります。そのため、塩分は控えめが基本です。味付けは薄めに、塩分は少なめして、その分だしをきかせたりといった工夫をしてみましょう。

塩分を減らすためにも、加工食品は避け、食事の際にテーブルの上に塩を置いておくのをやめることをお勧めします。

食材は地元のものを

食材を選ぶとき、可能な限り地元の物を選びましょう。遠くから運搬されてこない分、地元の方が新鮮で、味も栄養価も良いものです。

有機認定されている地方からの食材よりも、地元の有機認定されていない新鮮な食材の方がよいなんてことも度々あるのです。

勿論、地元で取れるものは限られているでしょうし、輸入品でないと手に入らないものもあります。ただ、食材選びに悩んだ時に、地元の物を優先して選んだり、同じ食材であれば、地方の食材よりも地元の食材、輸入食材よりも国産品、といった選び方をお勧めします。

精製されたものは避ける

先述の白砂糖に加え、白い小麦粉製品、白米など、精製されているものは避けましょう。ご飯なら玄米や雑穀、パンやパスタは全粒粉を使用しているものを選ぶようにしましょう。これらの物の方が栄養価が高く、食物繊維もたっぷりと摂れるのです。

健康的な油を摂る

不飽和脂肪酸といった健康的な油を適度に摂るようにしましょう。お勧めはオリーブオイル、えごま油、ココナッツオイル(飽和脂肪酸ですが、中鎖脂肪酸という種類の為例外)です。

トランス脂肪酸や飽和脂肪酸は避けましょう。飽和脂肪酸が含まれる赤身の肉(牛肉、豚肉、羊肉)は避け、乳製品もできる限り避けましょう。

量とバランスに気を付ける

いくら健康なものだからといって、食べ過ぎてしまうのはいけません。食べる量はしっかりと把握、コントロールし、食べるもののバランスを考えましょう。

例えば、ヘルシーだからと言って、サラダをボウル一杯夕飯に食べて終わり、というのは栄養が偏ってしまいます。少量の肉に適度の炭水化物、そして多めの野菜を基本に、食べ過ぎないようにしましょう。

なんでも適量に

食べるものは私たちに幸せをもたらしてくれる習慣の一つです。例えば、砂糖が入ったケーキやファーストフードは何が何でも避けるというのは、これらの食べ物が好きな人にとっては、あまりにも辛いものです。

これらを食べ過ぎるのは良くありませんが、たまに食べるのはよしとしましょう。

上で少し触れたように、ホリスティックにはバランスという考えが根本にあります。健康な食事にとらわれるがために、あまりにも食べ物を我慢してしまったら、今度は心がストレスで不健康になってしまうかもしれません。

何であってもほどほどに、そのくらいの気持ちで臨みましょう。

ホリスティック健康学4つの条件

ここまでホリスティックの考え方に沿った食事をご紹介してきましたが、ホリスティック栄養学はホリスティック健康学という「心・食事・運動・休養」の4つの条件が揃って健康になるという考え方の一つです。

ホリスティックの食事によって自然と心の状態が安定し、睡眠力が上がることで休養の質も良くなり、エネルギーがアップすることで運動のパフォーマンスも良くなります。

そのため、一つのホリスティックの概念のとおり、食事によって全体的に身体の健康をサポートしていると中で、ホリスティック健康学の「食事」が完全にカバーされることとなります。

でも、残念ながら、食事のみで完全に健康が手に入るというわけではありません。そこで、更にこの食事療法を更に強力にしながら、健康学の他の条件を少なからずカバーできる方法をご紹介していきます。

瞑想で心を健やかに

瞑想はホリスティックの健康でも推奨されているテクニックの一つです。瞑想を行うことで、気持ちや考え方を見つめることが出来、自分に気づくことが出来ます。

瞑想によって心の健康に効くのは勿論、身体的エネルギーを蓄え、身体も休まり、更には食事で食べ過ぎてくれることを防いでくれるので、確実に健康に近づくのです。

ヨガで身体を動かそう

身体の健康には運動は欠かせません。そこで、ホリスティックの概念をカバーできる、ヨガをエクササイズとして行うことをお勧めします。

ヨガはまず身体を動かすので、運動となります。それにプラスし、「今」に心を集中することを大切にするため、心の健康にも効きます。そして、ヨガは所謂身体を動かすことで身体を休める「積極的休養」に当たります。

そして、精神統一により、自然と過食と不健康なものへの欲求を抑えることが出来るのです。

アロママッサージで身体を休める

疲れた身体を優しく労わるには、アロマオイルを使ってマッサージをする、アロママッサージがお勧めです。

アロママッサージは使うアロマの効果とマッサージの心地よさから心の緊張がほぐれます。そして、心の緊張が取れることや使うアロマの種類によっては食欲を抑える効果があるものもあり、自然と過食を防ぐことが出来ます。

また、マッサージによって身体の緊張がほぐれることで、筋肉もほぐれ、身体のパフォーマンスも上がるのです。

こだわり過ぎないのも大切

ホリスティックは全体を見る広い視野が大切です。目先ことだけ見て、全体が見えなくなって、状態が悪化してしまっては元も子もありませんよね。

例えば、痩せたいからと単品ダイエットを行い、希望通りに痩せたものの、身体を壊したり、肌がボロボロになったり、精神的にストレスを受けてしまうといったことです。

痩せたいということだけにこだわり、無理をしすぎ、結果的にマイナスのことの方が手元に残ってしまうのは決して望んだことではないはずです。

ホリスティックの栄養学でお勧めした食事は、これに沿うのに越したことはないのですが、それで自分があまりにストレスを抱いてしまうなら、無理は禁物です。

そんな時は少し肩の力を抜いて、完璧にやろうとはせず、まずは出来ることから始めてみるのがお勧めです。そこから少しずつ突き詰めていけばいいのです。

是非参考の一つとして、健康な生活に役立ててみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事