• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ママのイライラは女性ホルモンが原因かも。ホルモンを増やすアロマ法

Date:2014.05.18

いつもならそんなに気にならないような子供のかんしゃくやわがままにイライラしてしまって、感情的に怒ってしまったりすることを経験しないママさんは少なくないものです。

ママさんのイライラは子育てだけに限らず家族生活全体にも影響が出てしまうものです。気まずい雰囲気を作ってしまう事に気が付いていても、女性特有のイライラはどうしようもできない場合もあるものです。それは女性ホルモンの変化の原因の場合があるからです。

イライラがホルモンの原因?!

女性ホルモンが低下すると疲れやすくやる気が出ない、肩こり冷えに加え不安になったりイライラする事があります。

20代の女性であっても40代50代の女性であっても、生理の時期や前になると女性ホルモンが低下し、不安になって突然悲しくなって泣きたくなったりイライラして怒りっぽくなってしまったりするものです。

ホルモンのバランスを日頃から良くするように心がける事に年齢は関係ないようです。ホルモンが低下しても高くすることもできるのですから心配し過ぎる事はありません。

食事、睡眠、運動など様々な対策がありますが、手軽にアロマを使ってホルモンバランスを保てるのです。香りのよいものが好きな人が好きな女性が多いのも少なくないのもうなずけますね。ではどのようなアロマがホルモンバランスの波を緩和してくれるのでしょう?

ハーブの中にもホルモンに似たものがある?!

私たちは良い香りを嗅いだとき、何の香りなのか?想像したり考えたりするものです。つまり香りを嗅いだとき脳が刺激を受けて活発になっている証拠です。脳に刺激を与えられると、脳内で作られているホルモンや生理的なホルモンの分泌が良くなるという事なのです。

アロマの種類は豊富なのですがイライラを緩和し、ホルモンバランスを改善してくれるアロマのお勧めは、クラリセージというハーブのアロマ!このハーブは他のハーブとは異なり女性ホルモンであるエストロゲンによく似た成分が含まれているものなのです。

セージは日本でもおなじみのセージです。お庭でよく見る人気のセージの種類だけでも10種類以上。中でもこのクラリセージは特有の効能があるようです。

ミックスしないで、楽しみましょう♪

イライラや不安などの精神安定を促してくれるのがゼラニウムです。ゼラニウムと聞くと…スイスのロッジの小窓を鮮やかに飾る赤や白の花を思い浮かべますが、葉や茎はちょっとかわいらしい風貌からはとても思いつかないような強いにおいを持ちます。

しかしアロマの場合はそのようなものではなく「ほのかにバラの香りでいてミントのようなさわやかな香り」が特徴です。不安を鎮める作用があるとされているハーブのひとつです。

ほかにも、イランイランやカモミールもホルモンバランスの緩和に良いとされています。イランイランはよくボディーローションなどにも良く使われるアロマなのでご存じな方も多いかもしれません。

これらのハーブのアロマをミックスるすることはお勧めしませんので、一つ一つの香りを楽しまれて下さい。女性であればだれもが経験するイライラや脱力感。小さな小瓶から改善ができるのですから、自分へのご褒美に種類を増やして体をいたわっていきましょう♪

この記事をシェアする

関連記事