• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

保湿パックは質より量!?家にあるものだけで“ふっくら艶肌”GET

Date:2013.07.27

冬は乾燥、夏は強すぎる空調、一年中お肌の保湿は欠かせませんよね。○万円もする美顔器やエステも良いけれど、スキンケアで何より大切なのは「続ける」こと。

では、「続ける」為には何が必要か?それは「手軽」な事ではないでしょうか。今回は自宅にあるものだけで出来る、効果抜群のパック方法をご紹介します。

用意するもの

  • 普段使っている化粧水または美容液(保湿効果の高い“しっとりタイプ”が◎)
  • コットン(4~6枚)
  • キッチンラップ
  • ハンドタオル(顔を覆えるサイズ)

コスパ高すぎ♪お手軽パックの方法

①コットンを半分の薄さに裂き、たっぷり化粧水(または美容液)を含ませる。

②顔全体にコットンを乗せる。

POINT①使い慣れたコスメだから肌荒れの心配なし♪

POINT②一枚のシートタイプだと目や鼻の位置がずれてしまったりするけれどコットンなら自分の顔に合わせて隙間なく乗せられる♪

・・・と、ここまでは一般的なコットンパックの方法ですよね。

ちなみにコットンだけのパックだと、10分以上放置すると乾き始めたコットンに、せっかく肌に届いた潤い成分が逆戻りしてしまうってご存知でしたか?

長く置けば置くほど効果が出そうな気がしてしまいますが、コットンだけのパックの場合は、10分経ったらきちんと外して乳液などでフタをするのが大切なんです。

もちろん、これだけでも効果はありますが、さらに潤いを浸透させかつリラックスもできるパック方法があるんです。では、さっそく続きに参りましょう。

③キッチンラップで顔を覆う。注意★口の部分が塞がらないよう、必ず上・下2枚に分けること!

④水で濡らして絞ったタオルを電子レンジで30~40秒ほど温めて蒸しタオルを作り、仰向けに横になって顔に乗せる。

POINT③ラップで覆うことによりコットンの乾燥を防ぐので10分以上のパックが可能に♪

POINT④香り付きのハンドソープなどでタオルにほんのり香りを付けるとリラックス効果がさらに倍増♪

⑤ラップ・コットンを外す。肌の上に化粧水が残っている場合は、パッティングして叩き込み、乳液などで潤い成分を閉じ込める為の“フタ”をする。

POINT⑤目安としては、初めにコットンを乗せてからトータル20分も行えば十分な保湿効果が♪

新たにグッズを買い足す事なく、自宅にあるものだけで出来るお手軽なパック。是非お試しあれ!

この記事をシェアする

関連記事