• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

必見!顔の乾燥は「保湿のタイミング」を変えれば改善される

Date:2015.03.01

shutterstock_206204140_

筆者がコスメ販売員として店頭に立つと、実にたくさんの女性から「肌の乾燥」で悩んでいると相談を受けます。

乾燥以外だと、ニキビ、シワやシミなどのエイジング、美白など、肌に関する悩みはさまざまですが、その悩みのほとんどに「乾燥」が関係していることをご存知でしょうか。

ずっと美しくありたい女性にとって、肌の乾燥は大敵です。絶対に阻止すべきことなのです。しかし、阻止しきれていないこの現状…これには、保湿のタイミングが関係していたのです。

肌のうるおい、満足してる?

自分の肌に絶対の自信がある、という女性はごくわずかです。毎日ケアしているのに、なぜ保湿がうまくいかない本当の理由とは?

保湿対策はしているのに

乾燥、絶対阻止! と息巻くのは今に始まったことではありません。誰もが肌にとって乾燥がよくないことは知っていて、美意識が高い女性ほど、保湿対策をしっかりと行っているのではないでしょうか。

しかし、何故だか一向に、乾燥で悩む女性の数は減りませんよね?

化粧品は、日々メーカーが研究を重ね進化しているはずなのに、それでも女性と乾燥との戦いは終わりが見えません。これは一体何故なのでしょうか。

化粧品が悪いのか?

使っている化粧品が肌に合っていないのではないか。

きっと、化粧品の効果が得られなかった時、それを疑ってみるかと思います。しかし、化粧品の原材料は、メーカーの志向によって差はあるものの、似通っていることがほとんどです。

ほとんどの場合、合成保湿成分であるグリセリンが、ナチュラルコスメ系であれば天然保湿成分が含まれています。

もちろん、そこに各メーカーの研究成果で違った効果を得られる成分が添加されているのですが、似た成分が入っている以上、A社の商品を使って保湿感が得られなかったが、B社のものを使ったら保湿された、というのは考えにくいのです。

見直すべきは「タイミング」!

化粧品が悪いのでなければ、何故肌の乾燥が改善されないのか…実は、保湿をする「タイミング」が問題だったのです。

肌がうるおうルールとは

肌を上手に保湿したい時、いくつかのルールがあります。

  • 肌がやわらかくなっている
  • 肌に水分がある
  • 肌に汚れがたまっていない
  • 肌の血行が良い

これらの条件を満たしているタイミングで保湿をしなければ、いくら保湿化粧品を使用しても、肌にうるおいは与えられません。

肌がもっとも乾燥するのは

一日のうち、肌がもっとも乾燥するタイミングはいつだかご存知でしょうか。

それは、お風呂上り、タオルで体を拭いてから3分後です。

水分が吸い取られ、たった3分で、肌はお風呂に入る以前よりもさらに乾燥している状態になってしまいます。

つまり、上記の保湿のルールを守って、お湯に浸かって肌をやわらかくし、汚れを落とし、血行が良くなっているお風呂上りにスキンケアをしようとしても、ノロノロしているとあっという間に乾燥レベルを更新してしまうのです。

保湿ケアは「拭いてから3分以内」

顔が濡れた状態から、タオルで水分を吸って、3分経ってしまったら、もう肌は乾燥しているのです。これでは、肌にうるおいを与えるルールのひとつ「肌に水分がある」状態になりません。

つまり、保湿をするベストなタイミングとは、

「風呂から上がって(または洗顔後)、タオルで拭いてから3分以内」

ということになります。

スキンケアのタイミングとしてありがちな、以下のタイミングでは、すでに肌は乾燥してしまっていて、うまく保湿成分が浸透しない状態になっているのです。

<保湿のNGなタイミング>

  • 風呂上り、汗が引いてから
  • 朝の洗顔後、着替え終わりメイクの時に
  • クレンジングシートでメイクオフした後、しばらくたって寝る直前に

お風呂上りや洗顔後は、肌がさらさらになるのを待ってスキンケアをする、と言う人も多いのではないでしょうか。ぜひ、これからは「肌がぺたっとしているうちに」スキンケアを始めてください。

その、ぺたっとした肌の上にある水分が、化粧水や乳液に含まれる保湿成分を肌の内部に運んでくれるのです。

日中の保湿は?

肌の乾燥を、日中に感じると言う人も少なくありません。日中、出先で保湿をしたい時は、どんな方法が有効なのでしょうか。

油分はうるおいにならない

オフィスでは一年中、一日中空調が働き、買い物に行けばショッピングモールの空調にさらされ、肌にとっては湿度不足です。

日中、出先で乾燥したという時は、やはり「油分」ではうるおいを与えることができません。乾燥している肌は角質が硬くなっており、水分も足りないので、保湿力が強いクリームでは浸透しないのです。

ミスト化粧水が便利

出先で保湿をしたい時は、ミスト状に出てくる化粧水、または水分量の多いタイプの乳液がおすすめです。とくにミストだと、顔に均等に保水されるので、手軽にうるおいを与えることができます。

余裕があれば、ミストで水分を補ってから、乳液で目元や口元など、乾燥しやすい部分を重点的に保湿すると効果的です。

実は簡単な工夫でOK

保湿力を底上げするスキンケアのタイミング、やってみたくなりましたか?

実は、高い化粧品に買い替えるよりも、保湿のタイミングを工夫するというずっとシンプルで簡単な方法で、肌のうるおいは変わってくるのです。

ぜひ、今夜のスキンケアから実践してみてください。

この記事をシェアする

関連記事