• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スリム体型に変身できる?写真で痩せて見えるポーズの作り方

Date:2014.11.01

自分の写真写りが悪いと、ブルーな気分になりませんか?逆に、きれいにうつっていると嬉しいですよね。写真はいつまでも残るものです。

そして最近ちょっと恐怖なのがSNSです。気が付かないうちに自分が写っている写真が、ネット上に掲載されているのです。その写真写りが悪かったら、削除してしまいたくなりますね。

少しでも美しく、スタイルよく写りたいというのが女性の願望です。今回は、スタイルよく写る方法について、研究してみましょう。

足をきれいに見せるには

足が太いことに悩む女性も多いのでは?少しでも細く長く足を見えるコツを、紹介します。

隠すテクニック

気になる部分は隠してしまいましょう。もしもバックや帽子を持っていたら、さりげなくそれを足の前に置いてみるのです。手に持っている物に目が行きますので、太さが目立たなくなります。

誰かと一緒に写真を撮るなら、隣の人に上手く重なってみましょう。その人の背後でポーズをとれば、足が写真にほとんど移りません。

太さをカモフラージュする

例えば大きなビル、自分よりも太っている人の隣で移るのも痩せ効果が得られます。より大きな物のほうが、目立つからです。

横向きに移る

正面を向いて写真を撮るから、太さが目立ってしまうのです。体を斜めや横にするだけで、太く見えなくなるのです。これは海外セレブや、モデルさんでも実践しているポーズです。足長足痩せ効果が抜群なのです。

足の間に隙間を作る

正面から写真を撮るときは、意識して若干足を広げて撮りましょう。それは太ももに隙間を作るためです。

足をぴったりとくっつけてとると、両足がくっついて見えます。太い足が重なって、余計に太く見えてしまうのです。少し隙間を作ってみると、不思議と細く見えるのです。

単純に足を広げると、ただのガニ股に見えます。女性らしく見える足の開き方を、鏡で研究してみましょう。

正しい姿勢

姿勢を正しましょう!簡単に聞こえるかもしれませんが、意外と難しいのです。姿勢が正されていると背が高くなったように見えて、縦長の線が強調されるからです。足痩せだけでなく、上半身痩せにも効果が期待できますよ。

顔を小さく見せるには

顔が大きいことで悩む女性も多いです。写真を撮るときに、少しでも小顔に見せるコツがあります。

後ろで写る

遠近法を利用しましょう。遠くの物は小さく見えますから、アップではなくできるだけ遠くで移るようにしましょう。

この写り方は、集合写真の時に効果を発揮します。同じ列に並んだ人よりも少し背中を剃り気味にして、できるだけ顔を後ろに持ってくるようにします。

膨張色を着ない

色による引き締め効果を利用しましょう。白や淡い色は、体や顔を膨張させてしまいます。濃い色を着用すると、不思議と顔も引き締まって見えます。

下向きで移る

正面を向ける、下の方から写真をとってもらうと、顔の大きさが強調されます。アゴを少し引くと、少し顔が引き締まって見えます。ただしアゴを引きすぎると、二重あごになってしまうので注意しましょう。

顔以外の物を強調する

例えば顔の前でピースを作るのもおすすめです。顔よりも手が大きく見えますので、顔の大きさが目立たなくなります。それと同じ原理で、自分の顔よりも大きい物の隣で移ると、小顔写真が撮れます。

上目使いで

プリッ子と思われるかもしれません。しかし上目使いにすると目がパッチリ見えるのです。目が大きいと、目や顔の中心がフォーカスされます。その結果小顔に見えるのです。

鏡の前でいろいろなポーズを試してみて!

上記で紹介したのは、あくまでも一例です。これ以外にもいろいろなポーズがありますよ。

大切なのは、試してみることです。鏡の前でいろいろなポーズをとってみるのです。そうすれば、自分が最もきれいに見えるポーズがわかりますよ。

この記事をシェアする

関連記事