• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ホタテの貝殻のマニキュア!自然素材で発色抜群の新ネイル

Date:2014.06.04

きれいを目指す私たちにとって、爪の先を装うネイルは最大関心事。しかしながら、通常のマニキュアは化学成分がたくさん入っていて、匂いもきついし爪自体にもあまりよくありません。

ネイルを楽しみたいけど、爪と体にはどうなんだろう?と思う、意識の高い方も多いはず。そんなあなたにオススメなのが、ホタテの貝殻を原料に作られた、胡粉(ごふん)ネイルです。

自然素材から生まれた鮮やかな色合いと、体に優しい成分で爪にも安心なこのネイルについて、ご紹介しましょう。

胡粉てなに?

胡粉とは、ホタテの貝殻の粉。日本では昔から絵の具の材料として古来から活用されてきました。

もともとは白い色をしていますが、ここに色々な色を足すことによって様々な色合いを作り出すことができます。今でも、神社仏閣や日本人形などの彩色に使われている胡粉は、実は日本人にとって身近な素材なのです。

胡粉ネイルとは

古来より日本人の芸術に深い関わりを持っていた胡粉。この自然から生まれた顔料を、ある京都のメーカーが化粧品として新たに生まれ変わらせました。それが、胡粉ネイルです。

「爪を粧う」というテーマで作られたこのネイルは、従来のネイルのようなツンとする刺激臭がありません。また、自然由来の成分でできているので、つけ心地がとっても軽いのも特徴。

「爪が呼吸をしている」という感覚は、実際につけて是非感じていただきたいところです。さらに、爪にのせたときの発色の良さも驚くポイント。ボトルを見ているだけでもうっとりするようなカラフルさなのですが、爪に塗るとまた違った表情を見せてくれます。

色のラインアップも、「桃花色」や「藍」など和の趣を感じさせる日本の伝統色からヒントを得たものから、ラメの入った「雲母」シリーズ、マカロンのようなパステルカラーのシリーズなど、さまざまな好みやシチュエーションに応じて粧いを変えられる豊富なセレクションになっています。

お手入れも簡単

自然からできたこの胡粉ネイルは、お手入れも簡単。ネイルを落としたい時は、消毒液などに使われるエタノールでするっと落ちます。従来の除光液はいりません。ワンデイのネイルとして販売されているので、従来のネイルよりは落ちやすいです。

ですが、同じ会社から発売されているコート剤をぬれば、持ちが格段にアップします。爪への負担の軽いネイルなので、お子様にもOK。実際、私が買ったマーケットでも、お子さんの夏祭りのおめかし用にと求められているお客さんがいました。

どこで買えるの?

自然派のマーケット、インターネットで購入できます。インターネットの場合は「胡粉ネイル」と検索してみてください。ボトルの色と実際の色が違うカラーもあるので、なるべくその場で試して買うのが理想的。

会社は京都にあるそうなので、旅行がてらお店を覗いてみるのもありかもしれません。

自然派のコスメもたくさん出ている昨今、ネイルもよりナチュラルに安心して使えるものがあるって、嬉しいですね!あなたのネイルバッグに、ぜひ胡粉ネイルも加えてみてください。

この記事をシェアする

関連記事