• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ホテルのようなモダンで広い部屋づくりのコツ

Date:2013.04.03

一人暮らしの部屋やリビングなど、できればスッキリとした部屋づくりをしたいですよね。ホテルのように生活感のない、モダンな部屋に住めたらどんなに快適でしょう。

でも現実は物がごちゃごちゃと多く、洗濯物やたまった新聞紙や雑誌などが目につくところに置いてあり、狭い空間がさらに狭くなっていたりします。インテリアも統一性がなくて美しくなかったり…。

ホテルのようなモダンで、スッキリとした部屋にするにはどんなコツがあるでしょうか?

部屋を広く見せるコツ

部屋の整理整頓は基本として部屋を広く見せるには、明るい色を使うといいですよ。壁や天井、白や薄いグレーなどで統一すると実際よりも広く見えます。さらにソファやカーテンなどの家具も天井や壁と同じトーンの色で統一すると広く見えるでしょう。

また、家具などのインテリアは低くすること。するとスッキリとした印象になります。ただしカーテンはできるだけ高い位置から床まで垂らすといいですよ。ホテルなどは長いカーテンが床まで垂れている印象がありますよね。

さらに、部屋の中にちまちまインテリアを置かずに、ある程度まとめて部屋の中にスペースをつくるようにしましょう。

高級感のあるモダンな部屋づくり

ホテルのような高級感のある、またモダンな部屋作りのコツとしては落ち着いたカラーで統一すること。

ダークブラウンや黒、木目調など好みの色で部屋全体を統一します。その中でテーブルやいすだけブラウンで後は白、などアクセント的に色を置くようにしましょう。

家具は余裕を持った配置にすると、ゆったりとくつろげる空間づくりができますよ。

どのモダンにするかを決める

モダンと言っても、シンプルモダン、和モダン、シックモダン、アジアンモダンなどさまざまなモダンタイプがあります。そのモダンタイプにするかを決めましょう。そのタイプでインテリアを統一していきます。

自分の中でしっかりとしたモダンタイプが決まっていれば、インテリアを見に行っても迷うことなく選ぶことができます。

統一性を持たせる

すべてにおいて統一させるのは予算においても無理が出ますから、決まり事をつくりましょう。

例えば、木目調のインテリアで統一するならスチール製のものは置かない、など反発するデザインのものは置かない、色はできる限り2色または3色だけで統一する、などできる範囲で決まり事をつくると部屋に統一性が出てきますよ。

壁に絵画

白い壁にモダンな絵、というインテリアもおススメです。絵はアニメや軽いタッチのものよりも、油絵のようなものや現代アートチックな絵がおススメです。それほど高価なものでなくてもOKですよ。

明かりの演出でモダンに

照明によって部屋の印象は変わります。モダンにしたいのなら間接照明を使いましょう。

間接照明にもいろいろありますから、その照明がどのような明かりを作ってくれるのか、どこに置いたらオシャレな明かりになるか、などを考えて間接照明を使いましょう。

家電にもこだわる

普段使う電化製品、電子レンジやポット、トースター、掃除機などの電化製品もモダンなデザインのものにしましょう。

最近ではエスプレッソマシーンなどもおしゃれで機能的な電化製品が増えてきています。特に外に出して置くものや見えるものにはこだわって。

観葉植物を置く

簡単で基本的なことですが。観葉植物を置くことでモダンな雰囲気が作れます。大きなものを1つだけでもOK。後は枯れないように、いつも元気な緑でいられるよう、お手入れをしましょう。

家具のサイズはしっかりと

モダンでスッキリとした部屋づくりを目指すには、部屋に余裕がないとそう見えません。そこで注意したいのが家具のサイズです。

家具売り場で見ている印象は部屋に持ってきたときの印象と大分かわります。その家具が部屋に置くとどのくらいのスペース取るのかをきちんと把握しておくことが必要です。もちろん、買った家具が部屋に入らなければ意味がありません。

サイズをしっかりと把握するようにしましょう。またインテリアショップなどではパソコンでシミュレーションをしてくれるところもあります。それで見るとサイズやイメージもつきやすいですよ。

この記事をシェアする

関連記事