• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

素敵な挙式にするために知っておきたいホテルウエディングの魅力

Date:2013.10.28

最近のホテルウエディング事情

最近はゲストハウスウエディングが人気で、全国各地で次々と専門式場ができています。人気の理由は、若者に好まれる建物のデザイン、まるで新郎新婦がゲストを邸宅に招いているかのような、貸し切り感があることなどが挙げられます。

一方、ホテルがそれを黙って見ているかというと、そうではありません。若者がホテルウエディングに対して、高級感はあっても古いイメージがあったり、なんとなく融通がきかなそうなイメージがあることを、ホテル側もよく知っているのです。

そのため、ホテルのブライダルスタッフは、最近のカップルのニーズをリサーチし、より質が高く、オリジナリティがある挙式になるよう努力しています。

なお、ホテルウエディングの高級感から、費用が高いイメージを想像されがちです。しかし、ホテル側も最近の不況を考え、ブライダルフェアでの特典や割引プランの用意など、カップルのお財布事情に合わせたプランを用意していることがあります。

気になるホテルがあれば、まずはウェブサイトをチェックしたり、ブライダルフェアに行くなどして確認してみましょう。

ゲスト側が感じるホテルウエディングのメリット

ホテルは宿泊が可能なので、遠方のゲストも安心して呼ぶことができます。ホテルによっては、ゲストの宿泊代が割引になるので、費用面でもお得です。

また、ホテルのスタッフは接客のプロですので、新郎新婦にもゲストにも、行き届いたおもてなしをしてくれます。

そして、これはこだわりのある親族が気にすることなのですが、ホテルといえば「歴史がある」、「格式高い」、「一流」、「わかりやすい場所にある」といったイメージがあるので、ホテルというだけでも年配のゲストも好感が持てたり、安心感を与えるようです。

実際、ホテルの位置は確認しやすく、建物や式場・会場の造りも、重厚感ある造りになっています。

その他のメリットとしては、挙式・披露宴・二次会の会場が全てホテル内で用意できること。会場から会場への移動が少ないのも、ホテルウエディングの魅力と言えそうです。

新郎新婦が感じるホテルウエディングのメリット

まず、ホテルは大抵、すべての式に対応できるように式場の種類もそろっています。キリスト教式、人前式は他の式場でも可能ですが、神前式となると可能な式場が限られるので、ホテルは有利です。

また、披露宴の会場の種類も多いため、少人数から多人数まで対応が可能です。ホテルによっては少人数の挙式を考慮し、少人数用のプランを用意していることもあります。

そして、結婚式の準備にありがたいのが、料理や招待状、引き出物、ブーケなどホテルで全て打ち合わせができることです。他のショップに移動しなくて済むのは、かなりのストレス軽減になるはずです。

さらに、ホテルは長年の実績から、新郎新婦の提案を受け入れてくれやすい傾向があります。なぜなら、新郎新婦が提案するオリジナリティがある式や披露宴ができれば、ホテル側もさらに実績が増え、ノウハウが積めるからです。

最近は、式場の口コミサイトなどで、「このような式(披露宴)も行いました」という口コミや、ブライダルスタッフがブログなどで実績の多さをアピールしているようです。

ホテルウエディングの注意点

ホテルウエディングに抵抗があるカップルが挙げるデメリットは、同じ日に数組が挙式することです。特に大安の日や土日祝日の場合は混み合うことが多く、自分たちの式とは別の出席者も多くすれ違うことがあります。

最近はホテル側も、花嫁同士ですれ違ったり、挙式前にゲストと花嫁が会わないようにするなど、できるだけ配慮しているようです。ホテルによって配慮の仕方が違いますので、契約する前にブライダルスタッフに聞いておいたり、要望を出すことが大切です。

また、ホテルは歴史ある建物が多いため、補修はされていても設備が古いホテルがあります。古い設備や傷んでいる式場かどうかは訪れてみないとわからないので、会場の雰囲気を確認するためにも、実際に足を運んでチェックすることをオススメします。

ホテルウエディングを選ぶ上で一番大切なことは、先入観を捨て、新郎新婦の要望は、遠慮せずブライダルスタッフに提案することです。ブライダルスタッフの提案力は、ホテルによって違います。悔いのないように交渉して、思い出に残る素敵な挙式にしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事