• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋にも仕事にも役立つ!女子力が磨かれる一言術

Date:2012.12.06

言い方一つでその人の印象が変わるということを経験したことがある人も多いと思います。どうせ同じ話すなら、女子力がある、コミュニケーション力がある、仕事が出来そう、と思われた方がいいですよね。

一体どんな話し方をすればそう思われるのでしょうか。たった一言で、プライベートにも仕事にも使えてあなたの印象が変わる一言をお教えします。

「ありがとう」「すみません」にプラスアルファ!

公私ともに使われる挨拶の一つ、「ありがとうございました」「すみません」の一言。よくありすぎて、変えようがないのでは?とも思えますよね。しかし、

「ありがとうございます」→「ありがとうございます。○○さんのおかげで早く終わりました」
「手伝っていただいてすみません」→「手伝っていただいて、どうもありがとうございました」

お礼のあとにプラスアルファで一言つけるだけでとても丁寧な印象になります。日本人によくあるのが、お礼を言う場面で「すみません」と謝ってしまうこと。悪くはありませんが、言われる方も謝られるより、お礼を言われた方が気持ちいいに決まっています。

「お願いします」も質問にすれば優しさUP

仕事の場面で多い、何かをお願いするセリフですが「お願いします」だけでは一方的に押し付けている印象を受けかねません。そこで、「お願いします」ではなく「~でよろしいですか?」「~のご都合はいかがですか?」と尋ねる形にします。

慎重に相手の都合を尋ねることで頼まれる方も「なんとかしよう」という気持ちが芽生えやすくなります。

2択の時は意志をはっきり伝えましょう

「○と△、どちらがいいですか?」と聞かれた時、あなたはなんと答えますか?聞かれた調子に合わせて、「こちらでいいです。」とつい言ってしまうこと、ありますよね。しかし「~でいいです」では妥協したような印象になります。仕事の場面では特に気を付けた方がいいでしょう。

「○がいいと思います」「△でお願いします」断定的に発言することで意志表示のしっかりした人だという印象を持ってもらえます。

後半に話したことが相手の印象に残る!

「チョコレートは好きですが、その他の甘いものは苦手です」
「甘いものは苦手なんですが、チョコレートは好きです」

同じことを言っている二つの例、比べてみてどうでしょうか?前者は「甘いものが苦手」。後者は「チョコレートが好き」という部分がより頭に残りませんか?人は後半に聞いた言葉の方が頭に残りやすいのです。

ですから、「飲み会は好きですが、お酒は飲めません」という人よりも「お酒は飲めませんが、飲み会は好きです」という人の方がポジティブな印象を与えます。後半にポジティブな言葉を置くといい印象を与えることが出来ます。

そして覚えておいてほしいことは先にすぐに話してしまうよりも、会の終わり際に話した方がよいでしょう。場合によっては会ってすぐに話したことを最後にもう一度伝えることでより相手の頭に残りやすくなります。

たった一言。されど一言。少しの違いで印象が大きく違いますよね。どんな場合であっても大事なのは「相手を気遣えているか」です。

相手がどのように受け取るか、どんな風に受け取られる可能性があるか、考えて話が出来ればちょっとした普段の会話の中でもあなたの印象がまったく違ってくるはずです。

この記事をシェアする

関連記事