• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「ホットケーキミックス」を使って自分好みのパンケーキを焼く!

Date:2014.01.11

ふわふわの食感、食事にもなるボリューム感、そしてトッピングなどで見た目も華やか、そんなデザートと言えば、今流行のパンケーキですよね。特に、メディアで紹介されたお店は行列ができてなかなか入れないほどの人気だとか。

でも、パンケーキと言えば元を正せば欧米の家庭の味です。自分の家で本格的なパンケーキを作れないはずはないのです。そもそも日本には、本格的パンケーキを簡単に作れる魔法の粉「ホットケーキミックス」があります!

粉の配合で悩まず簡単に、お店で食べるようなパンケーキを作ってみましょう!

なぜお店のパンケーキが美味しいのか

ホットケーキミックスでレシピ通りに焼いたものも、もちろん美味しいのですが、カフェで食べるパンケーキはまた一味ふた味違いますよね。その違いはどこにあるのでしょうか。

パンケーキはもともと家庭の味です。家庭ごとに粉の配合、つなぎ、砂糖やミルクの使い方も違うので、味もさまざまです。

より美味しく、自分の好みに合ったものを…と改良に改良を重ねて、粉の配合を変えたり、つなぎにヨーグルトやはちみつを使ったり、工夫を重ねていくことで、味や食感にバリエーションが生まれます。

このオリジナリティが、ホットケーキミックスでシンプルに作るものと、圧倒的な味の違いを作るのかもしれません。

ホットケーキミックスにひと工夫

では、ホットケーキミックスを使っても本格派にはならないのでしょうか?いえいえ、ホットケーキミックスに工夫を加えてしまえばよいのです!以下に、ホットケーキミックスでできる工夫ポイントを挙げてみます。

  • マヨネーズ
  • テレビで紹介されてから有名になりましたが、表記通りの牛乳と卵に大さじ一杯程度のマヨネーズを加えてよく混ぜ合わせます。普通に焼くよりもふんわり感が格段にアップし、心配なマヨネーズの風味はまったくありません。

  • ヨーグルト
  • ホットケーキの「もふもふ」感が苦手な方に。牛乳の代わりに入れると、ふんわりとした中にしっとりもっちり感が出ます。ヨーグルトの酸味のおかげで、さっぱりとした後味になります。

  • 牛乳増量
  • カフェで食べる、小ぶりの薄焼き系パンケーキが食べたい時におすすめなのが、牛乳をレシピより増量することです。

    粉200gに対し通常が牛乳150ccであれば、200ccほどに増やして生地をゆるくし、小さめに焼きます。ふんわり柔らかさはそのままに、甘さもほどよいパンケーキができます。

トッピングに手を抜かない

どんなにカフェ風に美味しく焼いても、トッピングに手を抜くと途端に「いつもと同じ」印象になるから不思議です…。

少し面倒でも、生クリームをホイップする、果物を数種類用意してカットする、シロップにこだわるなど、パンケーキライフを楽しむための準備をしておきましょう。
トッピングをゴージャスにするだけで、一気にセレブなデザートに昇格します。

また、カフェでのパンケーキと言えば、甘いものだけとは限りません。チーズを入れたオムレツや、ベークドポテト、サラダなど、メニューを充実させたプレートの中にプレーンのパンケーキを数枚重ねるだけでも、立派なブランチになります。

ホットケーキミックスの味に飽きたという人でも、ちょっとの工夫でびっくりするほど食感が変わります。ぜひ、自分好みのパンケーキレシピを見つけてみてください。

この記事をシェアする

関連記事