• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

方向音痴は可愛いの?でも心底治したい人のための方向音痴改善法

Date:2013.05.30

方向音痴の女性って多いですよね。自分もそうですが、東西南北さえ分からない、絶対道に迷う、デパートの中でさえ迷子になる、というのはとても困ります。

そういえば子どもの頃、母親と買い物に行ってさんざん迷子になって泣いていた記憶があります。

男性の中には、方向音痴の女性ってバカっぽくてかわいい、なんて言ってくれる人もいますが、本人は大変です。

行ったことのない場所での待ち合わせは、最寄りの駅に1時間前くらいに着くように家を出ます。徒歩10分と言われているのなら、自分では徒歩30分はかかります。迷うから。そんな方向音痴を卒業したい皆さんに、方向音痴の改善方法を紹介しましょう。

目印を覚える

道に迷わない方法の一つとしては、目印を覚えることです。駅から目的地までの道のりで、動かない、分かりやすい、覚えやすい目印を頭に刻んでおきます。忘れっぽい人はメモします。

方向音痴の人は、目印だけを覚えておいていても、それらの位置を忘れてしまうので、道に迷ってしまいます。目印だけではなく、その目印の横に何があったか、ということも覚えておくようにしましょう。

何度も振り返り、その歩いている道に何があるか、ということも頭に入れておきましょう。

自分の居場所を確認する

方向音痴なのに勘だけで目的地に行こうとする人がいますが、ほとんどの場合迷います。
方向音痴なのですから、しっかりと自分が今どこにいるのかを確認し、どこに向かって歩くのかを地図で調べて歩くようにしましょう。
地図を見るときには、建物の位置や道路の名前をしっかりと確認し、こまめに自分がどこにいるのかを確かめることが必要です。

道に迷ったら引き返す

道に迷ってしまったら、「そこの道を曲がればここに出るはず」と思い込まずに、素直に引き返しましょう。方向音痴の場合、たいてい勘に頼ると間違った道に出ます。さらに適当に歩くと二度と同じ道に戻れなくなります。

迷ったら適当に歩いてはいけません。元来た道を戻りましょう。

誰かと一緒でも道を覚える

方向音痴の人は特に誰かと一緒だとその人についていけばいいと思ってしまうので、道を覚えません。

ただでさえ道を覚えるのが苦手なのに、それを克服しようと思わなければ方向音痴は改善されませんね。誰かと一緒に歩いていたり、車の助手席に乗っているときでも、目印を記憶したりどこで曲がるのかを確認したりして、道を覚える努力をしましょう。

東西南北を知る方法

恥ずかしながら、方向音痴は東西南北が分からない場合があります。けっこう多いです。そこで方位磁石を持ち歩いていないときの、東西南北の調べ方を紹介しておきましょう。

アナログの時計の短針を太陽に向け、その方向と12時との間が『南』です。夜だったら、北極星の方向が北です。

空間認識能力を鍛える

方向音痴の原因の一つに空間認識という能力が低い、ということが挙げられるそうです。空間認識能力とは、頭の中で平面のものを立体的に考えたり、回転させたりする能力です。

サッカーで走ってくる相手にパスを送ったり、野球のフライをキャッチするには、この能力が必要なのです。

一般的には女性よりも男性の方が優れている能力だそうですよ。だから、女性に方向音痴が多いのかもしれませんね。なぜなら、平面的な地図を読み取って目的地に行くには、地図を頭の中で立体的に考えなければならないからです。

この空間認識能力は鍛えることができます。まず、5~7メートル先に目印をおき、そこまでの距離や空間を確認し目を閉じて目印の位置まで歩きます。これを繰り返し練習するのです。

視覚認知を鍛える

方向音痴の原因として、視覚認知の能力が低いから、ということも考えられるそうです。視覚認知とは見や物を正確に記憶する能力のこと。道を覚えられない原因の一つに、建物などの目印などを記憶しない、記憶が苦手、ということはあるかもしれませんね。

視覚認知を鍛えるには、パズルや間違いさがしなどをやると能力が鍛えられるそうです。ただ、自分はパズルも間違いさがしも大好きで、どちらかというと得意の方なので、自分の方向音痴の原因は目印は覚えられても、空間の中にそれを認識できないのなか?と思います。

方向音痴は治る?

また、大切なのは方向音痴だからとあきらめないことです。目印を覚えて、自分がどこを歩いているのかを確認しながら歩いていけば、目的地にはたどりつきます。

横着せずにだいたいで覚えるのではなく、しっかりと覚える、記憶することがコツです。それを繰り返していくうちに、空間認識能力や視覚認知も鍛えられていくのではないでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事