• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ハグの効果がスゴイ!どんな甘い言葉より5秒の「ぎゅーっ」

Date:2017.05.01


うれしいとき、悲しいとき、怒りに震えるとき、どんな状態のときにも絶大な効果を発揮するハグ。

どんなに優しい思いやりあふれる言葉も、どんなに甘い愛の言葉も、たった数秒のハグに叶いません。

大好きな人にぎゅっとハグされると、実際にどんな効果があるのでしょうか。ハグのある人生とない人生とでは、幸福度にどれだけ差が生まれるのでしょうか。

こんなにある!?ハグすることで得られる心と体に良い効果

ハグをすることによって、次のような効果があると言われています。

  • 気持ちが安らぐ
  • ストレスの緩和
  • イライラ、怒りが静まる
  • 不安が消える、軽減する
  • 幸せな気持ちでいっぱいになる
  • 高血圧予防
  • 心臓病予防
  • 感染症予防
  • 痛みの軽減

ハグをすることで、精神的な安らぎだけでなく、健康面にも良い影響があるとわかってきています。

ハグするだけで?気のせいでは?と思ってしまいますが、ハグの効果については大学の研究チームによって真面目に研究されていて

  • 風邪予防・症状軽減効果
  • 血圧降下作用
  • 記憶力向上効果
  • 加齢による筋肉低下抑制の可能性

などについての報告が上がっています。

ハグすることで得られる幸せホルモン「オキシトシン」の力

ハグをすることで得られる様々な効果は、人と触れ合うときに分泌される幸せホルモン「オキシトシン」によるところが大きいと考えられています。

信頼感を増したり、ストレスを軽減したりする作用のあるオキシトシン。恋人、夫婦間の愛が深まるのはもちろん、人見知り改善にも効果があるのではと言われています。

この「オキシトシン」は「思いやりホルモン」とも言われ、相手の幸せを思うことでも分泌されると考えられています。

ハグをして愛情が深まれば、自然と相手の幸せを思って行動することが増えます。その行動がまたさらに「オキシトシン」を分泌。幸せの連鎖が止まりませんね。

▼オキシトシンの効果についてはこちらも参考にしてくださいね。

男はハグが面倒くさい?ハグしやすい「きっかけ」作りを!

幸せに満ち溢れていそうなハグのある生活。ぜひ、そんな生活を送りたいものですが、ここで問題なのが、相手の男性が日々、ハグを受け入れてくれるのかということ。

男性の中には、ハグが面倒だと思ったり、べたべたとくっつかれることが鬱陶しいと思う人もいるのです。

もし、彼がそういうタイプなら、求めるハグ(=愛情)が得られないことで、幸せになるどころか、寂寥感や虚無感でいっぱいになってしまいます。

不幸にもそんな男性とすでに結婚してしまっている人、長い結婚生活の中でハグすることが気恥ずかしい間柄になってしまっている人は、ハグするきっかけ作りを考えたいところです!

ドラマをまねて「ハグの日」始めましょう!

自然とハグするのが無理ならば、「○曜日はハグの日」と決めてハグしてみては?

以前なら、

  • 「曜日を決めるなんてゴミの日みたいでイヤ」
  • 「無理やりしてもらうなんて悲しい」

とマイナスなイメージが漂いましたが、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のおかげでハグの日もなんだか楽しい雰囲気に!

ドラマの中で主人公の2人は火曜日をハグの日に決めていました。ドラマをまねてうちもやってみよう!と提案してみては?

週に1回くらいなら、スキンシップが好きじゃない夫も付き合ってくれるかも?

さらにきっかけがほしい人は「ハグマット」を用意!

1月31日が「愛妻の日」って知ってました?1月の1をアルファベットのI(アイ)と見て、アイサイの日だそう。

愛妻の日に愛する妻に、

  • 花を買って帰ろう
  • 愛を叫んでみよう
  • 愛妻の日の8時9分にハグしよう

など、夫婦の愛を深める提案をしている日本愛妻家協会と日比谷花壇が、愛妻家応援グッズとして「特製ハグマット」を提供しています。

これがなかなか良い感じなのです。新聞紙くらいの大きさの紙に、向かい合った足型がふたつプリントされたハグマット。その足型に合わせて2人で立つと、自然とハグの距離感になるという優れもの!

これを玄関に置いておけば、自然といってらっしゃいのハグができちゃう!「ハグしよう」と言い出せない照れ屋な夫婦もこれならハグできそう?

この「特製ハグマット」は日本愛妻家協会の公認グッズショップで、商品として販売されてはいるのですが売り切れ状態です。

紙製ではなくお手入れできるビニール製のハグマットがamazonにありますが、これも売り切れで再入荷予定もない感じです。

愛妻の日付近の愛妻イベントで無料配布されたり、日比谷花壇で花を買ったりするともらえたりと、愛妻の日がらみのキャンペーンで入手できるようですが、紙なり無地のマットなりに自分たちの足型をとってお手製すれば良いのではという気も。

自分たちの足のサイズにピッタリな、オリジナルのハグマットを作るところから始めるのも面白そうですよ。

ハグを受け入れてもらえない人の強い味方「Hugvie(ハグビー)」

ハグしたいのに夫がどうしてもハグしてくれない人、もしくは、「今さら夫とハグなんて…」とハグへのきっかけをつかめない人も諦めないでください。

人の形をした抱き枕のようなクッション「ハグビー」。

この人型クッションの頭の部分(耳あたりの位置)には携帯電話などが入れられるようになっていて、ハグビーをハグしながら通話をすることで、ストレス軽減効果が得られるのです!

人とハグしたときに見られるようなストレス軽減効果がハグビーにおいても見られることは、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)と大阪大学、独立行政法人科学技術振興機構によって明らかにされています。

直接ハグすることが叶わない人は、ハグビーをハグしながら電話してみては?

ただ、レギュラーサイズ10,000円(税抜き)とちょっとお高いです。

これから結婚する人は自然にハグできる相手がオススメ!

ハグは心にも体にも良い効果がたくさん。毎日の生活の中にハグが存在することで、ストレスや不安も軽減されるため、喧嘩の少ない穏やかな夫婦関係も期待できます。

結婚する相手がまだ見つかっていない人は、ハグ好きな人、もしくは無理なくハグを受け入れてくれる人がおすすめですよ。

今、結婚を考えている相手が進んでハグしない人であるなら、ハグが自分にとってどれだけ大切なスキンシップなのかを説明してみてください。

それでも、頑なにハグを拒否したり、嫌がったりするようなら、彼との結婚は考え直した方が良いかもしれません。

大好きな人が切実に訴えていても重要視してくれない、望みを叶えてくれないというのは、本当に愛してくれていないか、愛してはいても自分本位な愛し方しかできないかのどちらか。

どちらにしても、不満や悲しみの多い結婚生活になる可能性が高いです。

スキンシップがひどく苦手な男性を好きになってしまったのなら仕方がないですが、その場合は、触れ合いの少ない生活が自分に合っているのかどうかをよく考えることが大切です。

「求める幸せの形が相手とは違う」、「自分が幸せと思うことが相手にとっては苦痛でしかない」というのは、お互いにとって不幸でしかありません。

2人で、そして子供が生まれれば、その子供たちも加わった家族みんなで、ハグに、愛情に満ちた生活が送れるよう、幸せを共有できる相手をぜひ見つけてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント