• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

富士額の女性が結婚に向いているのは、貞淑で大人しいから?

Date:2013.03.29

顔のパーツの中でも、額というのは一番上側にありますよね。ここは、幼少期の運勢がよく表れるところです。人間は成長に従って顔は下側へ発達していきます。

あかちゃんやまだ小さな子供の顔の大部分が額で占められているのは、まだ鼻や頬、アゴが形成されていないからです。大人になってからはこの額の生え際などの形から、その人の持つ本質を見極める事が可能なのです。

一番人気は富士額?

富士額とは、生え際が山のような形を形成している額の事です。昔はこの富士額が女性にとって結婚運がいいと言われた事もありました。確かに昔のおとぎ話や江戸時代の女性像を見てみると、まるで美人の象徴のようにこの富士額で描かれている人が多いようです。

なぜこの富士額が女性にとってもてはやされる時代があったのでしょうか。実はこの富士額、上部が狭くなっています。そのために俗に言う“額が狭い”と言われる事になりますので、現代の女性の中では好み的にあまり受け入れられない場合もあります。

額が狭いと、それだけ聡明さ=知的さが感じられなくなります。そのため額を覆って知性を隠す富士額は、余計な思考よりも愛情重視、貞淑で大人しいから結婚に向いていると伝えられるようになったのでしょう。

今では女性も様々な社会進出が増え、当然知性や自分なりの意見も大切な武器になっていますので、この富士額を望む人は少ないのではないでしょうか。

山の凹んだ形、生え下がりが極端だと意地っ張りで頑固

富士額といってもその生え際の形は様々ですが、生え下がりと言われる山のへこんだ形状が一つだけで、なおかつ緩やかなカーブを描いていれば内助の功を発揮する良い奥さんの相となるようです。

この生え下がりが極端に大きく表れていたり、また生え下がりが2つも3つもある場合は、意地っ張りで頑固な傾向となります。

ただしこの傾向が良い方向に向けば、我慢強くて頑張り屋さんという人間として認められる事もあります。どちらにしろ反骨精神はあまり表に出さない方がいいでしょう。

現代ではどんな額が運勢がいいのか

昔の女性と現在の女性では求められるものが違います。今では女性が男性と同じように働かなくてはいけない場合もあり、また夫婦共働きも珍しくありません。はっきり言って愛情深いだけでは恋愛対象にはならない可能性だってあります。

ですので昔の富士額のような狭い額よりも、知性や社会性を示す広めの額が現在では生きやすいのではないでしょうか。また、女性もそのような広い額を好む傾向が高いようです。

女性の額にもいくつかパターンがあり、一番理想なのは、従来の女性の基本形から少しだけ男性的になっている額です。男性的というのは、額幅がほどほどに広く、高さもほどほどに高い額です。

額の広さは知性や社交性を表しますので、ここが狭すぎると女性的で優しい印象にはなりますが、仕事よりも恋愛感情を優先しがちになるようです。

反対にこの部分が広すぎていわゆる“デコっぱち”状態だと、知性を駆使して冷静に男性を選ぶ術に長けていると言えるでしょう。

生活力・社会性もしっかり持っており、男性との付き合いも対等です。ただ、知性はあってもかわいらしさや女性さに欠ける部分があるかもしれません。これらの事を総合すると、ほどほどに幅広くほどほどに高さのある額が良いという事なのですね!

もう一つ、忘れてはいけないのが額の輝きです。額の肌ツヤがよく、綺麗に輝いているような状態が一番運勢的にもいいと言われています。この額に無駄な傷やホクロがなければ、さらに運勢は向上します。

この記事をシェアする

関連記事