• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

たったこれだけで?!老け顔のアラフォーにならない超簡単マル秘テク

Date:2013.12.02

老けたアラフォーかどうかの境目は、ズバリ、への字口にあります。顔も筋肉で出来ているので、この解消には筋トレがもっとも有効なのですが、その前にぜひ実践していただきたい、超絶簡単な口角のリフトアップテクニックがあるのです。

誰にでも今すぐ出来るへの字口解消法

もう、さっさと答えをお教えしちゃいましょうね。口角のたるみを解消させるのは、微笑です。なーんだ、そんなことかと思われますか? いえいえコレ、意外に日常の中ではしていない表情なんですよ。

試しに今、鏡で顔を覗いてみてください。普通、ネットをしているときはみんな真顔ですよね。

家事をしているときも、お風呂に入っているときも、仕事や勉強となれば尚さら、ほとんど能面で過ごしているものですが、これがもったいないのです。真顔は重力に従った顔ですから、そのままだと表情筋もどんどん下に落ちていってしまいます。

まして口は顔の下方にありますから、上からの重みもかかりやすいですよね。逆に、口元がキュッと上がっていれば、頬やまぶたにも連動した影響が出てくるのです。今、何度か軽く口角を引き上げてみると、目の下や頬骨のサイドも、かすかに動くのが感じられませんか?

手足の筋肉は骨についていますが、表情筋は顔の皮膚に直接ついています。そのため、顔筋が衰えると皮膚もたるんでしまうのですね。

コスメで皮膚を持ち上げようとしても、中の筋肉に力がなければ、無理ですよね。口は顔の中で一番自在に動かせる場所なので、これを使わない手はないのです。つまり、微笑を普段の表情にしてしまえば、もっとも簡単にリフトアップ出来るのですね。

もしかすると、微笑が続けられない方もいらっしゃるかもしれません。例えば、この記事を全部読み終えるまでが大体5分ですから、そこまで口角の引き上げがキープ出来ていなければ、顔の筋力が落ち始めていると思った方がいいかもしれませんね。

というわけで、顔筋を鍛える簡単なトレーニングと、効果的なマッサージがありますヨ。

口角が引き上がるエクササイズ

これは、舞台俳優がする表情筋をほぐすアイソレーション (部分運動) の中で、口周りの筋肉を活性させるエクササイズです。声に出さなくてよいので、鏡を見ながら以下の口の動きをしてみてください。

1. 「ぅあーい」

「ぅ」 で口を軽く突き出して、大―きく 「あ」 の形にします。そのまま笑顔になってみてください、頬の筋肉が上がって口角が左右に引っ張られますね。そうしたら、口を 「い」 の形にして、さらにグワーっと歯ぐきを剥き出しにします。ハイ、戻します。

筋肉は繊維で、動きはゆっくり伝わっていくので、もうこれ以上動きようがないというところまでしっかり入れてやるのがコツです。3、4回続けると、終わりの方ではもっと早くなめらかに出来るようになっています。筋肉があたたまってストレッチされたのです。

2. 「も・おー」

「も」 の形をしたら、顎を引き下げるように 「おー」 と伸ばします。口角が縦によく伸びていることを意識してください。ハイ、戻します。

これも、数回続けると、頬の筋肉が温まるのが感じられると思います。ちなみに、この運動を上を向いてすると、二重あごの解消とバストアップのエクササイズになります。

その場合は、頭の位置をキープしたまま下顎を戻すことがポイントです。首からデコルテまでピーンと引き上がるのが分かります。

3. 「わ・あー」

「わ」 の形にしたら、「あー」 と言いながら口を横に思いきっきり大きくあけます。これも、口を開けたまま笑顔をするような感覚で、口角を左右によく引っ張ります。ハイ、戻します。

4. 最後に、微笑してください

口を閉じたまま、両方の口角をさらに上へ上へと引き上げます。限界までいったら、ハイ、戻します。

さて、では改めて鏡を見てみましょう。すでにもう微笑になっていませんか? 頬と口の周りの筋肉を刺激したことで、口角が引き上がったままでいられる位置を覚えたのです。

顔筋の代謝をよくして、動きをなめらかにする理学マッサージ

これは、顔面神経痛などのリハビリテーションで施術する、理学的アプローチによるマッサージです。ていねいに行うと、顔が軽くなったようにとても気持ちよくなります。指のすべりが良いように、オイルやクリームなどを使ってください。

=指圧法=

2本指でも3本指でもかまいませんので、左右同時に、点・点・点という感じで、力を込めずにやさしくゆっくり押していくことがポイントです。

  • 口輪筋(こうりんきん)の指圧・・・人中(鼻の下のセンターのくぼみ)から口角を通って下唇の下まで半周させます。
  • 頬筋(きょうきん)の指圧・・・口角からこめかみまで押したら、今度は口角から耳たぶまで、ゆっくり押していきます。
  • 口角下制筋(こうかくかせいきん)の指圧・・・口角から下方向へ顎の丸みに沿うように押したら、また口角から斜め下・外方向へ押します。

=揉みほぐし法=

上記の3つの筋肉を、小さく螺旋を描くような感じで揉みほぐしていきます。指がたどるコースも上記と同じです。これも力を込めずに、エステティシャンの施術のようにやさしく揉み進めてください。

螺旋の一つ一つのループは、口輪筋と口角下制筋は、上から下へ、上から下へと、こまかく弧を描くように、頬筋は逆に、下から上へ、下から上へと進めていきます。

微笑はやっぱり女を上げるアイテムなのです

いつも微笑していると、美容に留まらない副産物も生みますよね。そう、人に好かれますね。人前ではするけど独りでいるときにも微笑しているなんて馬鹿みたい、と思いますか?

でもね、本当にいつも笑顔でいると、不思議と幸せな気持ちになってくるのです。それだけでも、微笑リフトアップの効果は大きいですね。だって幸福感は、女性ホルモンの誘発剤ですものね。

もう、今すぐ出来ますよネ、独りでいるときほど微笑です。老け顔ってなんのこと?な、口角も気持ちもアッパーな女になっちゃいましョ!

~舞台女優が教える美のレッスン

この記事をシェアする

関連記事