• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

本当に20代?メイクで老け顔に?!見直したいのはアイメイク

Date:2015.02.08

shutterstock_228198607_

姉と歩いていると妹の私が年上に見られた…、まだ20代前半なのにお子さんはおいくつ?と聞かれた…。こうした経験がある人の多くは落ちついた印象を与えているので、実際年齢よりも年をとっているようにみられているものです。

しかし…もしかしたら落ち着いた雰囲気だけではない原因があるかもしれません。原因として考えられるのが…老け顔であること。顔の事で老けてみられるほど、いやなことは事はない!と思われるかもしれません。

私自身も老けてみられる時期があり、とてもイヤな思いをしたことがありました。しかし今、ふり返ってみると老け顔というのと、実際年齢より上に見られるのとは違っていたのだと感じています。

若いのに老け顔と思われたり、または自分でそのように感じておられる方!その違いと解決法を知って老け顔と言わせないようにしてみませんか!

老け顔に見えるメイクをしていませんか?!  

 

すっぴんも老け顔に見せる原因かも?! 

すっぴんなのに、老けてみられる…という場合があります。実はすっぴんでも濃いメイクであっても…どちらであっても、老け顔になってしまうという事があります。

すっぴんの場合、メイクできない程に生活に疲れ所帯じみた印象となってしまうという事があります。自然体が良いという考え方からすっぴんが一番!と思われる方がおられますが、すっぴんは身なりを構わない人という印象を与える事が多いという事をご存じでしょうか?

すっぴんが良いか悪いかという事ではなく…小奇麗にしている女性の方が好意的にみられるという事なのです。

メイクで老け顔を作ってしまわないように 

そして老け顔に見せてしまうメイク。老けて見えるメイクの特徴として厚塗りのファンデーション。20代は肌がきれいなものです。ファンデーションはクリームファンデーションだけであっても十分キレイに見えます。

それでも物足りなさから、クリームファンデーションに固形のパウダーファンデーションを塗り重ねてしまう…これが肌のつやを失くしてしまい老けてみせる場合があります。

アイシャドウの使い方に注意 

また自分に似合っていないアイシャドウをつけておばさん臭くなってしまうという事もあります。アイメイクは第一印象をつくる重要な部分です。

雑誌に載っているアイメイクが全ての人に似合うと言う訳ではないのです。老け顔にみられるタイプが2つあります。1つは顔の彫が深いタイプ。そして2つめは目が小さいタイプ。

彫が深いタイプの場合、上まぶた辺りがへこんでいるタイプ。顔に影が多くできるため老けてみられることがあります。このようなタイプの方がブラウン系のアイシャドウを使うとさらに影がつくられて「マダムメイク」若さではなく落ち着いた印象を与えるメイクになりがちです。

2つめのタイプは目の小さいタイプ。一重で目が小さくみられる方に多いのが、カラーの似合わないアイシャドウをたっぷり塗ってしまい、上まぶたが腫れぼったくなってしまう事。

腫れぼったく見えるカラーのアイシャドウとして代表的なのがラベンダーやピンク。目の大きなタイプであってもこれらのカラーは目が腫れて見えてしまうものなのです。

目が腫れて見えると、たるんでしまっている印象を与えるため老けて見えてしまうのです。では若々しさを引き立てるアイメイクとはどのようなメイクでしょうか?

若々しさを引き立てるアイメイク 

 

アイシャドウの代わりにラメパウダーがおすすめ! 

メイクをするときにはアイシャドウを使わなければならないと考えていませんか?アイシャドウはもともと影をつけるためのものです。
上級者スキルになりますが、アクセントにカラーを入れたい場合はペンシルを使う事ができるかもしれません。

若々しさを引き立てるために…
カラーアイシャドウの代わりに上まぶたにラメのみのパウダーをつけるのがおすすめ。
くっきりとアイライナーを入れる。

もともと20代ならではの小じわにないみずみずしさが引き立てられます。くっきりアイライナーの線もはりのある皮膚だからこそ、大胆にかける訳です。

こうした20代だからできる大胆なラインのひき方を楽しんでみてください。

アイメイクのボリュームはマツエクで! 

アイメイク大切なのはボリュームを出す事。20代のメイクはボリュームが特徴です。まつげの長さや濃さをうまく使いましょう。そこでおすすめなのが…マツエク。

つけまつげでも構いませんが一度マツエクをつけておけば、自然により大きな目の印象を与えられすっぴんがよりキレイになります。

ボリュームのあるアイメイクにするために…

  • まつエクの長さは少し長めで、カールが瞳の中心あたりにくるようなタイプのマツエクをつけるとかわいらしさがでます。
  • 下まつげも付けるとメイクした時にボリュームが出ます。

下まつげにもマツエクをつけた方が若々しくすっぴん美人になります。

年上にみられるVS老けてみられる  

 

年上にみられることをコンプレックスにしない! 

老け顔に見られないために、若々しさをひきたてるためにボリュームのあるアイメイクをすることは、女子力をあげる事でもあるといえます。

女子力をあげる事と、小奇麗にするという事とはどのような事なのか分かってくるものです。しかし女子力をあげても年上に見られたとき、それをマイナスと考えてコンプレックスにしないようにしたいものです。

年上にみられるという事は安定感を相手が感じているという事のようです。ですから、実際の年よりも少し上に見られたとしても、小奇麗にしているなら老けているととらえる必要はありません。

もしコンプレックスになり自尊心を失うなら…それは被害妄想となってしまいます。自分自身に自信を持ってこそ大人の女性の美しさへとつながっていくものです。

自分の良さは自分で引き出さなければ、誰も引き出してくれないのです。実際年齢よりも上に見られたなら、そんなに大人っぽく見えますか。ありがとうございます!と切り返してみましょう!

老けていると言われたら、しっかりアイメイクをしましょう 

老けて見える・・・と言われたなら、所帯じみでいる印象を与えているのかもしれません。そして先ほどもふれましたが女子なら身に着けるべき女子力の低下が否めません。

面倒だな…とか、お金がもったいない…などそれぞれ理由は違うかもしれませんが、お手入れ不足は女子として考えものです。

女性として生まれてきたかった…という思いを持つ同一性障害を抱える人は、女性が女性らしくお手入れしていなかったり、女性として楽しめるファッションやメイクをしていないのを見ると、とても腹が立つと言われます。

彼らは女性ホルモンを投与したりと女性らしさを手に入れるために努力を惜しみません。女性に生まれてきたのですから彼らに恥じないよう私たちも女性らしさを磨く必要があるのではないでしょうか?

ずぼらというだけの理由でお手入れをしないでいるなら、自分で老ける原因を作っていることになります。老けていると言われてしまったなら、女子力をあげるべくまずはきちんとメイクを…特にアイメイクをする事。

メイクしないことも良いことですが、女性のたしなみとしてアイメイクだけでもするようにしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事