• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その髪型、老けて見えるよ!気づかずやっている失敗ヘアリスト

Date:2014.09.02

美しい髪は、それだけで女性のアクセサリーになりえます。逆にいうと、髪が美しく整っていなければ、それだけで美しさが半減してしまうということ。ときには髪型を失敗するだけで何歳も年を取って見えることもあるんですよ。

この記事ではついやっているかもしれない、老けて見える髪型についてお話しします。

スタイリング製品の使い過ぎ

夜のお仕事のお姉さま方みたいに、ヘアジェル、ヘアスプレー、ムース、最後にツヤだしスプレー・・・なんて、いくつもスタイリング剤を使っていませんか?

確かに髪は完璧に作れるでしょうが、その完璧さが老けて見えるもと。若々しく見せたいのなら、シャンプー後の濡れた髪にムースを少量をつけてブロードライし、最後にツヤだしスプレーを軽くふきかけるぐらいにしましょう。

枝毛

枝毛は髪型ではありませんが、これも老けて見える原因の1つになります。生活感満載のぱさぱさとした髪はとても若いとは言えません。

毛先はせめて2か月に1度はカットし、毎日のトリートメントを欠かさないようにしましょう。

黒すぎる髪

黒すぎる髪は、目の下のクマを強調し、顔の影をより濃く見せて暗い印象にしてしまいます。黒髪が完璧に似合う人ならいいのですが、もし印象が暗いなと思うのなら、明るめのヘアカラーにチャレンジする方が若々しい見た目になれるかもしれません。

ざんぎり髪

ストレートでばっつんと切ったおかっぱ。これも老けて見える原因になるだけでなく、顔の形を悪目立ちさせてしまいます。顔の形に合わせてレイヤーを入れてもらえるように美容師さんに頼んでください。

頬骨が高い、えらが張っているなどの悩みも髪のラインを整えることで解消可能。痩せて見せることだってできるんですよ。

短すぎ、長すぎ

お猿みたいなベリーショート、ホラー映画みたいな長ーい髪。両方とも老けて見えます。皆さんご存知と思いますが、男性はショートヘアよりロングヘアの女性を好みます。かといって長すぎるのはキレイを通り越してちょっと怖いです。

肩より少し長いくらいがちょうどいいでしょう。ボブもいいですが、あまり奇抜なものは30代後半になったら避けましょう。

タイトなまとめ髪

ポニーテールやお団子などをきつーくまとめすぎるのも、おばさんに見えます。これらの髪形はお手軽なフェイスリフトともいえなくないのですが、同時にあなたの顔全体があらわになるので、シミやシワなども全部丸見えになります。

髪を全部まとめるのではなく、さらりと顔にかかるくらいのゆるいアレンジがいいでしょう。ほつれた髪が、若々しさを演出します。

ぺたんこの髪

ボリュームがなく、ぺたんとしてしまった髪も疲れた印象。髪が痩せてきたなと感じるようになったら、ストレートパーマや縮毛矯正はあまりしない方が賢明です。

もしもともと髪が少ないとしたら、髪にダメージを与えるヘアアイロンなどは使わないようにして。代わりに、髪にボリュームを与えるムースなどで髪を立ち上げましょう。

寒色系のヘアカラー

青みがかったヘアカラーは老けた印象になります。赤味や黄色みなどの温かみを感じるトーンのヘアカラーにしましょう。

気づかずやっている失敗ヘアリスト、いかがでしたか?若いころは似合っていても、いつまでも同じスタイルでいては老けて見えます。

その年代年代に合った自分を魅力的に見せる術を持っているのも、女性には大切なこと。そして、そういうテクニックを身に着けていることこそ、いつまでも若々しいと呼ばれる女性たるゆえんかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事