• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

太いふくらはぎも大丈夫!ブーティーを選ぶときの4つのポイント

Date:2015.01.21

shutterstock_217999210_

ニットやこっくりとしたブラウン、グレーのウールに包まれたい季節になりました。服と同様、足元もそろそろ冬仕様に衣替えですね。

シューズボックスからお気に入りのブーツと数か月ぶりの再会を果たし、その懐かしさと愛おしさに思わず笑顔になる人もいるのではないでしょうか。

今年あなたの足元を彩るのはどんなブーツですか?

あなたのブーティー、本当に脚に合っているもの?

この数年、安定した人気を誇る秋冬アイテムブーティー。流行の変化でミニスカートがミモレ丈スカートになってもブーティーの流行は衰えません。

あなたのワードローブがカジュアル路線でも、キレイ目路線でもブーティーはそこにきちんと感を添えてくれたり、時には遊び心を演出してくれます。

きっとあなたのワードローブの中にも何足かお気に入りのブーティーがあるのではないでしょうか。

ところでそのブーティーはあなたのファッションに合っていても、あなたの脚を綺麗に見せてくれるものですか?もしかしてあなたのふくらはぎの太さを強調してしまったり、あなたの脚をあまりきれいに見せてくれていなかったりしませんか?

そのブーティーを履いたときに写真を撮ってみてください。「え!?私の脚ってこんなに太かったっけ!?」「筋肉でなんだかでこぼこしてる~!」とショックを受けたら、ブーティーの選ぶ基準を見直す時期です。

憧れのレースアップシューズを買ったはいいけれど、、、

友人A子は雑誌でモデルが履いていたのに憧れ9センチヒールのレースアップシューズタイプ(靴ひもを編み上げるデザイン)のブーティーを購入しました。

そのブーティーは足首の一番細いところより少し上までの高さで履き口はややぴったりしたものでした。正面から見るとつま先から履き口にかけて細く、直線的な感じが美しいブーティー。

しかしA子が履くと湾曲した脛の形や筋肉質なふくらはぎが強調されてしまい、太ももからつま先までのシルエットが凸凹してなんともブサイク!

あのブーティーはゆがみの少ない、足首から膝まで細い直線的なラインを描く脚の持ち主が履いてこそ美しいものだということA子は痛感したのでした。

ブーティーというものはその短い作りからふくらぎがしっかり出てしまうため、その履き口の高さや広さ、デザインがあなたの脚の形と相性が合わないとふくらはぎの太さを強調したり、脚のラインがでこぼこして見えたりするのです。

お手持ちのブーティーを履いて鏡や写メでチェックしてみてください。もしあなたの脚の太さを強調してしまうものであれば、その理由はどこにあるのでしょう?

ふくらはぎを太く見せるブーティー&細く見せるブーティーとは?

みなさんはブーティーをどんな基準で選んでいますか?ブーティーそのもののデザインがかわいいから?それともモデルが履いていてかっこよかったからでしょうか。

ブーティーは似たようなラインやデザインであっても使っている靴型やディテールの作りによってあなたの脚の印象を大きく左右します。

たとえば茶色の何の飾りもついていないブーティーであってもそのカッティングや素材、使っている靴型が違うだけであなたの脚は驚くほど細く見えたり、その逆ですぐにむくんで太く見えたりしてしまうのです。

太いふくらはぎが強調されやすいブーティー、その特徴は

  • ブーティーの履き口のラインが足首にぴったりフィットしている
  • 靴型が合わず、歩くときに脚に負担がかかりふくらはぎがガチガチになる
  • ブーティーのデザインがシンプルで脚の欠点に目がいきやすい

といったところです。

脚を細く見せるブーティーの選び方

ふくらはぎの太さで悩んでいるひと、足首が細くてふくらはぎの太さが際立っているあなた、さきほど挙げたようなタイプのブーティーを買って失敗した経験はありませんか?

さあ、今年こそあなたの脚を美しく見せてくれる一足と出会うべきです。
こんなポイントを意識してブーティーを選んでみてください。

  • ブーティーの高さは脚が細く見えるものを見極める
  • 履き口がぴったりしていないものを選ぶ
  • アクセントのついたデザインで目線を集める
  • 履き心地が良く、ふくらはぎにあまり力が入らないものを選ぶ

詳しくみていきましょう。

ポイント1.ブーティーの高さ

一言にブーティーと言っても、その高さは足の甲が隠れるだけの低い(短い)ものから足首が隠れるくらいの長さのものまでさまざま。

もしふくらはぎの太さでお悩みであれば、足の甲まで隠れ、足首から上が出るもの、あまり高さのないものをおすすめします。

また足首から足の甲にかけてV字にカッティングの入っているデザインは脚を華奢に、長く見せてくれるので特におすすめです。

シンプルなデザインなのでさまざまなアウターやボトムスにも合うため一足は持っておきたいおすすめのデザインです。

ただしふくらはぎ自体はそんなに太くないけれど、足首がかなり細いためふくらはぎの太さが強調されてしまう、、、という方は次のタイプがおすすめです。

ポイント2.履き口が脚にぴったりしないものを選ぶ

足首がすっぽり隠れるくらいの高さのブーティーで、足首と履き口の隙間が広く作ってあるものがおすすめです。

履き口が足首ぴったりのものはふくらはぎの太さを強調してしまいます。

よく雑誌でモデルさんが足首にぴったりと沿ったブーティーを履いていますが、あれは歪みのないまっすぐで細い脚の持ち主だからかっこよく履きこなせるもの。

よほど自分の脚がたまたまそのブーティーとの相性が良かったといわない限りおすすめできません。

足首が細いタイプの方はこのブーティーで足首周辺のラインを太目にすることで脚全体のラインがまっすぐに近い状態に補正されるためふくらはぎが華奢に見える効果も。

ポイント3.履き口にアクセントのあるものは美脚効果大

ブーティーの履き口にファーやリボンなどで大きなアクセントがついているデザインのタイプも脚を華奢に見せてくれるおすすめのものです。

足首に目線を集め、かつ足首回りにボリュームを持たせ、そのコントラストでふくらはぎがほっそり、長くみせることができます。

もし履き口が小さ目のブーティーを選ぶのなら、できるだけアクセントのついたものがおすすめです。

ポイント4.歩きやすいサイズにこだわる

意外と見落としがちなのがサイズの選び方。

ブーティーはそのデザインから足の甲や足首をしっかりホールドしてくれるのでよほどのことがない限り脱げにくい構造をしています。

冷えて足が浮腫んでブーティーがきつくなるのを考えるとサイズは大き目でもいいかもしれません。

一番大事なのは歩いたときの脚の力の入り方。

履き心地の悪いブーティーは歩くときにふくらはぎに過度な力、変な力が入ってしまいガチガチのふくらはぎになってしまいます。

何より履き心地の悪い靴は骨盤や他の骨格にも影響してくるため美容の面でも絶対にお勧めできません。デザインよりもまずはこのポイントが優先ですね。

ふくらはぎの太さを強調しないコーディネート

さて、上のポイントでブーティーを選んだものの、服とののバランスが悪いとせっかくの美脚効果も台無しに。ブーティーでスタイルアップできるコーディネートのポイントを紹介します。

  • タイツの色や厚みも意識してみる
  • コーディネートの重心、ボリュームを高い位置に持ってくる
  • あるいはコーディネートの中心にIラインを作る

こちらも詳しく見ていきましょう。

タイツはブーティーと同系色、80デニールを選ぶ。

あなたの履いているタイツはどんなタイプですか?おそらく110デニールの真っ黒タイツという方が多いのではないでしょうか。

脛の中心がやや透けてみえるような、80デニール程度の陰影の出るタイツは美脚効果アリなのでおすすめです。

黒以外ではブーティーの色に合わせてチャコールグレーやブラウンのカラータイツにも挑戦したいところ。

いつものナイロン性のストレッチタイプのカラータイツだとちょっと子供っぽく見えてしまうかも、、という方は、アパレルブランドなどに3000円前後で置いてあるようなウール混のタイツがおすすめ。リブタイツなんかも可愛いですよね。

コーディネートのどこかにボリュームを作る

ブーティーは足首までの短い丈であるためまさに足元にボリュームが出がち。

首元に大判のストールを巻いたり、チェスターコートといった丈の短いアウターを羽織ったりしてコーディネートの重心を高い位置に持ってくると脚が細く見えますよ。

あるいは張り感のある素材のスカートやパーカー・カーディガンを腰に巻くなど、腰回りにボリュームを持たせ、上半身と脚をすっきり見せるのもいいでしょう。

コーディネートの中心軸にIラインをつくる。

コーディネートにボリュームを持たせるのが難しいという人は、体の中心に縦のラインを見せるよう意識してみてください。

たとえばボタンを開けてコートを着て、その中にブーティーやタイツと同系色のワンピース。首からあえて長めにマフラーやストールの端を垂らすのもいいですね。

ブーティーを履いた日はふくらはぎのマッサージを少しだけ

一日ブーティーを履いて歩き回ったあとはふくらはぎをほぐしてあげましょう。ガチガチのふくらはぎをそのまま明日に持ち越すのはなんとももったいないこと!

テレビを見ながらでいいのです。足首からひざ裏を通ってリンパを心臓の方向へ戻してあげましょう。続けるうちに筋肉もほぐれてふくらはぎが細くなってきますよ。

冬は塩分の高い食べ物も増えますが浮腫みの原因になるのでご注意を。利尿作用のあるあたたかい紅茶を飲んだりリンゴを食べたりして浮腫み防止をしてもいいですね。

この冬はあなたの足を一番綺麗に見せてくれる一足と出会えますように。

この記事をシェアする

関連記事