• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌の敵は不眠症!不眠症を診断するセルフチェック項目

Date:2013.03.12

睡眠不足は美肌の敵です。仕事で徹夜をした次の日なんてお肌は乾燥しまくり、吹き出物なんかも出たり、化粧ノリも悪いですよね。

仕事で眠れない日があっても、仕事が終われば眠れる、というのであれば問題はないのですが問題なのは眠れないこと。眠りたくても眠れない、という不眠症。睡眠障害の人。

ベッドに横になっていても、眠れなければ、質のよい睡眠を取れなければ、キレイな肌はできません。美肌ばかりか健康にも影響しますね。

不眠症になるには何かしらの原因があるはずです。また、不眠症になりやすいのはどういった人なのでしょう。もし自分が当てはまるのであれば、早急に対策をねりましょう。

よく眠れていますか?

自分では寝ているつもりでも眠れていなかったり、寝ていないつもりでも眠っていたり、自分では判断できないこともあります。ちゃんと眠れているか、チェックしましょう。

  • 寝つきはいい方ですか?寝つくまでに時間がかかりますか?
  • 夜中に何度も目が覚めますか?
  • 熟睡した時間が短いですか?
  • よく眠れていない気がしますか?
  • 朝早く目が覚めて、その後眠れないことがありますか?
  • 昼間、仕事に集中できないことが多いですか?
  • 昼間、眠くなることが多いですか?
  • 昼間、原因もないのに落ち込むことがありますか?

半分以上チェックがついた人はよく眠れていない可能性が高いです。質のよい睡眠をとれるよう改善が必要ですよ。

不眠症になりやすい人

不眠症の原因はさまざまですが、不眠症になる傾向がある人、というのは一つは生真面目な人です。

物事に真面目に取り組み、完璧を求めるタイプの人はストレスをため込むため、不眠症になりやすいのです。夜も眠れないと、早く眠らなくてはと思いなかなか眠れなくなるというタイプ。

また、デスクワークの人は不眠症になりやすいとされています。運動不足の人もそうです。体を動かさないと肉体的に疲労しませんから、それが不眠を招くようです。

さらに、朝ごはんを抜くことが多い人、喫煙をする人、カフェインを多く摂る人なども不眠症になりやすいので注意しましょう。

不眠になりやすい生活習慣

カフェインは不眠につながるのは知っている人も多いでしょう。また、喫煙や寝酒をする、寝る前に激しい運動をする、夕ご飯を夜10時以降に食べる、肩こりや腰痛がある、休日は朝寝坊をする、運動をしない、といったことは不眠症の原因になりますので、改善していきましょう。

更年期の人は不眠になりやすい

不眠は更年期障害の一つでもあります。年齢とともに睡眠の質は下がっていきます。また冷え症やのぼせ、肩こりや腰痛などの症状も重なって不眠になりやすいのです。

更年期はストレスも感じやすく、女性ホルモンのバランスも崩れ体調を崩しやすい時期。それが不眠につながることもあります。

むずむず脚症候群で不眠?

寝ようとすると脚がむずむずして眠れない、という症状がむずむず脚症候群。眠れたと思っても足がぴくぴくっとして起きてしまい、不眠になる、という病気です。

むずむず脚症候群は原因が解明されていません。高齢者や妊娠後期の人に多く見られるといわれていますが、鉄不足が原因と言われることもあります。

ナルコシプレーで不眠症に

仕事など絶対寝てはいけない状況のときに突然眠ってしまうナルコシプレー。特徴としては寝入ってすぐに怖い夢を見たり、大笑いしたときに全身の力が抜けたり、意識はしっかりしているのに体がぐったりすることも。

これらの症状がある場合は病院に行って診てもらいましょう。

この記事をシェアする

関連記事