• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【写真有】針金ハンガーを使って色んな洗濯物が干せちゃう5つの活用術

Date:2012.08.26

衣類をクリーニングに出すと、針金のハンガーがもらえることがよくありますよね。普通に使うにも、こんなに沢山いらないなあ・・・と、針金ハンガーの使い道に迷っていらっしゃる方、必見な針金ハンガーの使い道を、5つご紹介します。

1つめ。ハンガーを2つ用意

まず、最初の使い道ですが、ハンガーを2つ用意します。ハンガーだけでOKです。

ジーンズって、干す時こまりませんか?分厚いし、筒状なので、乾かしにくいし・・・それを、解消すべく、裏返してしまいましょう。

ハンガーは、首部分(引っ掛ける部分)が、前に来るように、矢印の向きに曲げます。半円が描けるくらい曲げます。

裏返しにしたジーンズの、ベルトを通す部分に、写真のように、ハンガーを通せば、ジーンズがシワになりにくく、また、乾きやすくなります。ジーンズは、脱ぐとき裏返して、そのまま洗って、そのまま干すといいですね。

2つめ。1本のハンガーで

厚手のTシャツなどを干す時にオススメなのが、この方法。使うハンガーは一本です。

このように、シャツを干した状態で、ハンガーを手前に引っ張ります。斜め前に出るように引っ張るようにすると、

写真の緑矢印のように、隙間があき、より、乾かしやすくなります。

3つめ。ハンガー2本と、テープを用意

ハンガー2本と、固定するテープを用意します。ハンガーは、写真のように、重ねます。

このままでは、すぐに外れてしまいますので、黄色丸部分を、テープで固定します。

すると、このように、1つめの方法で干せなかった、ウエストの大きいズボンなどを干すことができます。スウェットなどを干すのにも便利です。

4つめ。ハンガー1本用意

これは、よく知られている方法ですが、ハンガーの両肩部分を、写真のように曲げます。

すると、このように、靴を干すことができます。

5つめ。ハンガー3本用意

このように、大きな座布団を干すのは、場所もとるし、汚れた物干し竿に干すのは気が引けるので物干し竿を掃除したりしないといけないので、面倒なものですよね。しかし、たった3本のハンガーでほせちゃいます。

座布団を、ハンガーの大きさにあうように、折り曲げます。また、ハンガーも、写真のように、伸ばします。

丁度良い間隔で、このようにハンガーを通します。

すると、このように、ハンガー3本で、簡単に干すことができます。また、ハンガーを八の字に曲げたりすれば、ぬいぐるみなども干せますし、このハンガーを2本使えば、枕も干せます。このように、使い道なさそうな針金ハンガーですが、大いに役に立ちますので、ぜひご活用ください。

この記事をシェアする

関連記事