• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

赤ちゃんが欲しい・・・不妊治療に踏み出せない女性へ・・・

Date:2013.07.10

子供が欲しい・・・けれど、なかなかできない・・・。すぐにできると思っていたのに・・・。そのうち・・・そう思って数年。そういう不妊の悩みを持った夫婦が増えています。

数年前までは10組に1組が不妊・・・、昨年のあるデータでは6組に1組が不妊の悩みを抱えているという報告が挙がっていました。結婚年齢の上昇始め色んな原因が考えられると思います。

しかし、時代とともに医療も発達し、また世間も不妊治療に対する見方も変わってきました。しかし、実際はなかなか人には聞けないもの。私や同じ経験をした方の実体験を掲載します。

不妊治療をいつから始めるのか?

なぜこれをテーマにしたかというと自然妊娠と同じで不妊治療も女性の年齢とともに成功率が顕著に下がるからです。迷っているならまずトライ!私はそう思います。

では、どのタイミングで・・・。不妊は妊娠を考えてから2年妊娠しなかったら・・・と聞きました。しかし、それはお若い夫婦で時間にゆとりがある方の事だと思います。

治療はいきなり始まるものではありません。まずは検査からスタートです。この検査は1度通院すればいいものではなく、数回必要で約2ヵ月かかります。

場合によっては生理のタイミングを計ったり自分に合った病院選びに時間を要したり、ご主人の方の検査まで必要だったり、人気の病院は予約待ちだったり、ご自身の体調のタイミングで意外と月日が流れていきます。

私も周りに聞くことができず病院選びを失敗したところから始まり、次に通った人気の病院では仕事と病院の予約、自分の体調とうまくタイミングがとれず、実際の治療がスタートするまでに1年以上かかりあっという間に妊娠率の低くなる年齢層になってしまいました。

では、どれくらいでスタートしたら?私が思うに、本気で妊娠活動に取り組んで半年妊娠できなかったら一度検査受けてみるといいと思います。

検査を受ける事でヒントを得て自然妊娠する方もいらっしゃいますし、検査をする事で妊娠しやすい体調になる方もいます。先ほど述べましたようにすぐに治療するわけではないのです。まずは、専門も先生の話を聞くことで自分だけで悩まない事が大事です。

それから治療をするのかを冷静に判断すればいいと思います。また、早目をおすすめするのは、もし治療が始まった時にはそれ以上に期間が必要だからです。

ちなみに私が通った不妊専門病院で言うと。

検査・・・約2ヵ月
タイミング法(自然妊娠に近く妊娠のタイミングを検査する方法)・・・3~5ヵ月
人工授精(精子を直接子宮内に注入する方法)・・・4~5ヵ月
体外・顕微授精(精子・卵子を取り出し体の外で授精させ子宮に戻す手術)・・・一度の手術を行えるまでに早くて2~3ヵ月。

多くの経験談を聞いていると、不妊治療というのは数年がかり。私がした経験をお話しする事で、私の周囲でも多くの方がすぐに一歩踏み出して第一子を授かった方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、不妊治療をすすめているわけではありません。夫婦二人での楽しいライフスタイルもあるし、そんな素敵なご夫婦もたくさんいらっしゃってとても憧れます。ただ不妊に悩むのならば、早い方がよいという事。

今ではたくさんの方が取り組んでいることで、決して気構える必要はないということをお伝えしたいのです。不妊治療は主に女性に負担がかかるので少しでもエールになればと思います。

この記事をシェアする

関連記事