• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

主婦に人気の「使いやすい」「長持ち」するフライパンを紹介します

Date:2013.03.25

毎日のように使用するフライパンなので、とかく傷んでしまいがち、でも新しいものになかなか買い変えられないあなた、たぶん次に何を買えばいいのかわからないという理由を持っているからではありませんか?

また、主婦業をスタートさせたあなたは、どんなフライパンを購入したらいいの?と悩みどころでしょう。さて、実は主婦のすっかり定番となっているテフロン・フライパンを発明した国がアメリカだったということご存知でしたでしょうか?

そんなアメリカの主婦たちはいったいどんなフライパンを好んで使っているのでしょう?今回は、アメリカのフライパン事情をみながら、どんなフライパンがいいのか考えてみようと思います。

アメリカでもテフロン加工のフライパンの安全性に疑問符

傷だらけのテフロン加工のフライパンを使っている…、焦げ付いている中華鍋を使っている…などなど、年季の入ったフライパンから新しいものへ買い換えたいと思う方、結構多いと思います。

フライパンの大革命と言われたテフロン加工も今ではどのご家庭にもあるのではないでしょうか?そんなテフロン加工のフライパンは、身体に良くないというデーターが発表され、手軽さより、やはり安全性が一番だと鉄製のフライパンを使用される方も今では多いと聞きます。

毎日の食事作りにかかせないフライパンの安全性は非常に大切だということで、アメリカのサイトからいろいろと調べてみることにしました。

テフロン加工のフライパンの弱点

昔はフライパンと言えば銅製や鉄製が人気でした。1946年に画期的なフライパン革命が起きました。そうです。テフロン加工のフライパンの登場です。

テフロンはアメリカのデュポン社が発明し、その後商標となっているので、同じような加工のフライパンでデュポン社以外のものは実はテフロンとは言わず、ノンスティック・フライパンといいます。

さて、以来、このテフロンのフライパンはオイルがなくても調理ができる、また焦げつきにくく手入れが楽だということで、一気にアメリカでも主婦の使用する人気の調理器具として広まっていきました。

ところがこの便利で使い勝手のよかったテフロンは、非常に体に悪いという論議が起りました。テフロンは高熱に耐えることができないというのです。中火で短時間、使うように設計されているとのこと。

熱しすぎてフライパンから煙が出てきたら、その中に有害物質が含まれており、それは発がん性物質でもあると警告をする人も出てきました。

テフロン加工の使用の難点をちょっと挙げておきます。

  • 熱伝導が伝わりにくい。フライパンを良く熱してから使用する中華料理には向いていない。
  • 傷つきやすい。表面を加工していますのでフライパン返しなど注意して使わないと傷になりやすい。
  • 熱しすぎるとフライパンが劣化してしまう。また有毒ガスが出る可能性がある。

昔ながらの鉄製フライパンがいいのかも…?

それでは鉄製の方がいいのでは…?ということで昔ながらの鉄製のフライパンを頑固に使い続けた人、アメリカでもいらっしゃいました。

しかしアメリカの医師は、昔の鉄製のフライパンは加工をされていないので、鉄分が食品に溶けだし、大量の鉄の摂取となる、これは逆に体に負担になると警鐘をならしています。

また、なんといっても主婦にとって使い勝手が悪いのです。プロのシェフならともかく、新米主婦だとなおさら引いてしまいうでしょう。ますますどんなフライパンがいいか悩んでしまいます。

アメリカでいま話題になっている主婦でも使いやすいフライパンとは?

主婦が一番気にするのが、安全性もですが料理がうまくできる、また掃除やお手入れが簡単にできる、最後に長持ちする、この3点ではないでしょうか?

2年ぐらい前から、あるフライパンがアメリカで登場し、人気が出てきています。そのフライパンの名はOrgreenic Frying Pan(オーグリニック・フライパン)といいます。TVショッピングで登場し、見る間に全米展開しているWalmartなどの量販店にも販売し始めました。

TVショッピングの通信販売では荷物が届かないなどのトラブルが相次いだようで、このフライパンが欲しければ、お店へ行って買ってくださいというレビューが出るなど、いわくつきの面もありましたがなかなかの人気です。

このフライパンはセラミック加工なので、毒性の化合物は配合されていないという安全性をうたい文句で注目を集めました。そしてなんといっても掃除がしやすいという使い勝手の良さがいいという利点があがっています。

はてさて、本当にCM通りに良いフライパンなのか?ここにレビュー動画がありましたのでみなさんで検証してみましょう。

このオーグリニック・フライパンは個人輸入などで、日本でも手に入るかもしれません。ネットなどチェックしてみてください。

この記事をシェアする

関連記事