• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

流行のフラッシュ脱毛で気をつけなくてはならないトラブル編

Date:2013.11.02

流行のフラッシュ脱毛を契約する前に確認しておきたいこと

現在、電車の中吊り広告や、さまざまな雑誌で見かける全身脱毛の言葉。高校生などに向けた学生割りなんて言う言葉も飛び出していたり、学生でも利用しやすい安価で脱毛ができるとあって、非常に人気があるようです。

ここで契約する前に気をつけたいことは、まずその脱毛料金には他に隠された料金があるのか、ということです。

脱毛には通常、肌に乗せるジェルがあり、そこを通して光を当てるという作業で行います。このとき、その光が直接目に入らないようにするためにタオルで目を隠したり、サングラスをかけさせて目を覆います。

この照射時、ジェルは脱毛会社持ちなのか、自分で買って用意するべきなのかまずそこは確認しておいた方が良いでしょう。

フラッシュ照射後のクールダウン時に気をつけたいこと

フラッシュ照射を行ってから、肌は沈静化と言ってクールダウンさせる時間が必要になります。要するに、肌はやややけどをおこしてしまった状態になるわけですから、冷やして肌を落ち着かせる作業です。

このときのクールダウンに必要な保湿ローションなども、脱毛会社によってはお客さんに買わせるところがあるようです。大手だからと言って安心せず、契約前に確認するようにしたいものです。

脱毛時に必要なジェルも、沈静化するローションも、両方用意してくれる脱毛会社もあります。

その脱毛料金は何回まで?

1000円を切るとても安い脱毛料金。脇脱毛なら無料なんていう会社もでてきてるほどです。でもちょっと待ってください。その契約には、脱毛は何回できると書いてありますか?良心的なところは無制限などと謳っているところもあります。

脱毛は1度照射したら次の照射まで毛のサイクルに従い、2カ月から3カ月の間は開けなければなりません。というわけで、年間4回程度しか契約しても受けられないということになります。

契約が回数ではなく、例えば1年有功などと明記されている場合、予約が万が一取れなかったら1度しか受けられないという事態も発生しかねません。

キャンセル・予約変更はしやすいか

1度決めた予約の日時をキャンセルしたかったり、別の日に変更したかったりとスケジュールは刻々と変わるもの。しかし、現在人気のある脱毛サロンは予約は分刻みで動いています。1度予約を変更しようものなら、次の予約は数ヶ月後、なんていうのも日常的に行われています。

なんてひどい!とあなたが憤慨しても、脱毛サロンに殺到している人の数を考えればぐうの音もでません。予約はできるだけ変更しないのが原則ですが、万が一のことを考えて予約の変更についてのサービスも確認しておく必要があります。

会社によってはインターネットを使って別の店舗を検索し、予約を取りやすくしているサービスを行っています。

あまりに高額の契約はさけましょう

非常に人気のある脱毛。最初は安価に見えて、契約してもあとから別の箇所の脱毛契約をすすめられて高額になってしまうというトラブルも多発しています。

最初は安いから、と安易に契約をしてしまっても次の箇所の契約はよく考えて、本当に必要な脱毛かどうかをしっかりと見極めたいものです。

この記事をシェアする

関連記事