• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「ちゃんと結婚しないとダメだよ…」その言葉の意味と彼の本心

Date:2013.08.21

人生にたった一度の恋…そんな恋したことありませんか?今の幸せな時間があるのは、あの恋愛のおかげだと思うんです。別れは決して悲しいものだけではないんだと今は思える…。

たった一人のひとを愛していくのが怖いと感じたことありませんか?

ダメだとわかっていても、止める事ができなくて一線を越えてしまった二人。会える時間が限られていたからなのでしょうか?

どんどん彼に惹かれていく自分の気持ちを素直に喜ぶことができなかった。「たった一人のひと」と感じてしまったときから、どこまでこの気持ちが膨らんでいくのか怖くなって、彼に会うたびに心が痛むんです。その気持ちが何だったのかその時はわかりませんでした。

「ちゃんと結婚しないとダメだよ…」

まだ20代前半の頃、彼が私に言った言葉です。結婚に対して希望をもてなかったから、彼との関係も上手くいっていたのかもしれません。

彼の家庭の話もたくさん聞いたし、子供の話を幸せそうに話す彼が好きでした。彼と一緒にいたいと願ったけど、彼の側にずっと一緒にいたいと思うことはなかったんです。

会えない時間…泣くことしかできなかった

彼の家庭を壊すつもりもないし、彼には幸せでいて欲しかった。電話することも許されない関係…。自分が選んだ道だから寂しくても泣くことしかできませんでした。でも、彼も苦しんでいたことに私は気付かなかった…。

独身の彼

会えなくなる前に、奥さんとの関係が上手くいっていない事を彼から聞いて知っていました。奥さんとの関係を修復する為にしばらく会えないという事も。数ヶ月後に彼に会ったとき、彼はすでに独身でした。

頭が真っ白になって、私の存在に奥さんが気付いたの?って聞いたけど、彼はそれを否定していました。

彼と奥さんとの関係が原因だと…。奥さんとの関係が上手くいっていない事は知っていたけど、離婚するまで悪化しているとは思ってなかったし、どんなことがあっても離婚しないと私が勝手に思っていたんです。

堂々と一緒にいられる関係

外で彼に会うことが出来なかった関係も、堂々と一緒にいれるようになって私は彼を追い詰めてしまいました。彼は奥さんを愛していたし、家庭を失ってしまって悲しんでいたのに…。今まで、彼との関係に満足していたはずなのに、私に欲が出てきたんだと思います。

「もっと一緒にいたい…」彼の都合で会いにきてくれるだけで良かったのに、答えを迫ってしまった…。私の誕生日に彼が会いにきてくれた日が彼と会う最後の日になりました。

彼の言葉は私が彼に思っていた事と同じだった

家庭を大切にしていた男が、なぜ不倫なんてするの?って誰もが思うかもしれませんね。彼はとても優しい人でした。そして、人の幸せを望む人でした。誠実な彼だから私は惹かれたんだと思います。そんな彼に不倫をさせてしまった。

私の気持ちを突き放さなかったのは、優しさと私が少しでも幸せでいられるならという気持ちがあったからだと思います。「ちゃんと結婚しないとダメだよ…」の言葉は「幸せにならないとダメだよ…」だった。

私は彼の幸せを望んでいた。彼も私の幸せを望んでいました。それは、自分が相手を幸せにすることではなく、お互いが違う人と幸せになろうという意味で…。

人の幸せを願う気持ちが私に優しさを

彼との別れは悲しかったし、気持ちが落ち着くまでに数年かかりました。悲しかったけど、暖かい気持ちが心のどこかに残っていて…思い出すと痛くて…。気持ちが落ち着く頃に、今まで彼が私に話したことの意味がわかったような気がします。

一緒にいられてよかった。彼を愛することができて本当によかった。いくつか恋愛してきて、別れた相手の幸せを願うことが私は今までなかった。でも今は、結婚して子供もいます。

家族だから家族の幸せを願うのは当たり前のことかもしれません。でも、大切な人の幸せを願う気持ちはそれだけで優しくなれる。平凡だけど穏やかに…「私、幸せだよ」って胸をはって言える気がします。

この記事をシェアする

関連記事