• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

賢い女は聞き上手?女子会で不倫で悩む友人に相談された時の注意点

Date:2012.05.30

女子会での会話で、花を咲かせるのは恋愛の話です。年齢があがるにつれて、恋の悩みは深刻になります。結婚や恋愛など、さまざまな悩みを、打ち明け合います。

20代後半から不倫で悩む女性が急増します。結婚適齢期を迎え、まわりはどんどん結婚していきます。20代前半から会社の上司と不倫していることを、内緒にしていました。

不倫にはまってしまい、将来が不安になり、今までのように隠してはいられなくなります。思い切って相談された時の注意点をご説明いたします。

なぜ20代後半から不倫に悩む女性が増えるのか?

結婚している男性は、包容力があり余裕があるように見えます。落ち着いた男性や、仕事ができる男性は素敵です。まだ、仕事に慣れていない女性は、優しく仕事を教えてくれて、がつがつ口説いてこない既婚男性に憧れます。

他の女性のものだとわかっていると、余計に魅力的に思えるのでしょう。若い頃は、まだ仕事や趣味やさまざまな時間を楽しみたいので、結婚を考えていません。

既婚男性との恋愛は、都合の良い時だけ甘えられて、束縛されずにすみ、素敵なお店に連れて行って貰えて、奢って貰えます。結婚を考えない女性にとって、とても都合の良い男です。

しかし、女は情の深い生き物です。ずるずる不倫関係を続けてしまい、何年も不倫にはまった末、結婚できなくなってしまいます。

結婚適齢期の女性は、すぐに結婚したがりそうで重いという理由で、男性から敬遠されます。既婚者は、責任をとることはできない前提で付き合えるので、結婚適齢期の女性でも、自由にアプローチできます。

年齢があがるほど、不倫にはまる女性が増えるのは、アプローチしてくる男性が減るので、既婚者を選んでしまう確率があがるのです。

不倫は、女性の美しい時期を無駄にしてしまいます。奥さんに訴えられるリスクもあります。寂しいからといって、不倫にはまるのは逆効果で、ますます寂しさが募るだけです。

どんなに魅力的に見えても、日の光を浴びながら、手をつないでデートし、友人に紹介できる男性と付き合いましょう。いつか子供を産み、生活を共にできる男性と付き合うことの大切さを、忘れないでください。

不倫は否定すればするほど、深みにはまり、抜け出せなくなる?

女子会で不倫で悩む女性に、相談されたことはありませんか?なぜ相談すると思いますか?報われない恋をしている、可愛そうな私!に酔っているのです。ロミオとジュリエットのように、悲劇のヒロインであることを話し、同情されたいのです。

あなたや周りの人が、不倫はやめなさいと言えば言うほど、恋の炎は燃え上がります。子供の頃、親にやってはダメと言われると、反抗心や好奇心から、無性にやりたくなりませんでしたか?

不倫を否定したり、相手の男性を悪く言ったりすると、頑なに良い面もあると、かばってしまいます。不倫を否定する人たちが、彼女を深みにはまらせ、不幸にしてしまうのです。

不倫の相談をされても、全否定しないでください。黙って悩みを聞き、肯定も否定もしないようにしましょう。

彼女に、他の男性を探すようにすすめるのではなく、他の素敵な男性との出会いの場に、連れて行きましょう。合コンにストレートに誘うと、彼氏がいるから行かないと断られてしまうので、人数が足りないからお願いと頼みましょう。

飲み会にたまたま男性が参加していて、たまたま一緒に飲むことにするのもいいでしょう。お膳立てしたことがばれてしまうと、逆恨みされるので、慎重に実行してください。

休日や夜一緒にいてくれない男性より、そばにいてくれる男性が恋しくなる時がきます。強制的に別れさせるのではなく、自発的に次の恋にすすませてください。友人の不幸な姿をみたくない方は、黙って不倫相手と引き離す方法を考えましょう。

不倫女子の対処法は、否定しないことです。悲劇のヒロインになりたがる不幸症な女性は、既婚者ではなく、また他のダメンズにはまってしまうかもしれませんが、泥沼劇になる前に、あなたが救出してあげてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント