• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

TVでも話題!美容と健康を考える人の為の「ふるさと青汁」を辛口レビューしてみました

Date:2012.10.23

この記事のタイトルとURLをコピーする
TVでも話題!美容と健康を考える人の為の「ふるさと青汁」を辛口レビューしてみました|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/hurusato19481/

今回ご紹介するのは「ふるさと青汁」というちょっと高級?な青汁のご紹介です!国産の原料を使用した安心して飲める商品でもあり、家族で飲むにはピッタリの青汁だと思います!

今日はそんなふるさと青汁をちょっと辛口にレビューしてみましたので、健康と美容の為に飲む青汁選びの参考にしてくださいね!

→美容を気にする女性に大人気の「ふるさと青汁」の詳細はコチラ!

あしたばの青汁が手元に届きました。中身はこんな感じ。本体とパンフレットが同封されています。しかしここで、何か気付きませんか?

そう、パンフレットの数が異常に多い……その厚さ、なんと1.5センチです!よくある漫画のコミックスの厚さが、大体1センチ前後。その1.5倍……
たくさん入れればいいっていうものではないでしょう。

「読もうかな」「ドリンク飲む時の片手間に」という気持ちを、思い切り萎えさせてくれます。全部読む人なんているんでしょうか?レビューを書くため!と一念発起して読みましたが、更に致命的な事が一つ。

全部あわせて106ページという、チラシにあるまじき厚さとボリュームを誇っていますが、この中で当該商品(マイケア・ふるさと青汁)を扱っているベージは、わずか8ページしかない……

気を取り直して、開封!パッケージデザインは渋いです、ちょっとかっこいい!青汁らしいデザインで、男性の方が持ち歩いても違和感がないですね。ポップさや女性向けのパッケージデザインが多いですが、なかなか素敵です。

さて、飲んでみましょう!今回はきんきんに冷やした水で飲んでみました。味ですが……なんでしょう?ちょっと舌の理解がおいつかないです。というのもこの商品、本当に「おいしくもなければまずくもない」んですよ。

普通、おいしい青汁を飲んだ時は「すっきりしている」「味わいがいい」「飲みやすい」って思いますよね?そして逆にまずいものを飲んだ時は、「えぐみがある」「くさい」「嘔吐感を催す」などと感じるはずです。ところがこの青汁には、まったくそれがない。

本当に無味無臭なんです。味がしなくて、匂いもない。ただ、おいしくもない。味と香が、すごく無個性なんです。粉末が溶けにくくて喉にひっかかる部分はあるんですが、それがなければ「飲んでいる」という気さえしません。

おいしくもなければまずくもなく、狐につままれたような感じがします。特筆すべきこととしては、この商品、「常温の水で飲んだ方がおいしい」ということ。大抵の青汁は、常温の水よりも冷やした水で飲む方がおいしいのですが、これに関しては逆です。原因ですが、おそらく、冷たい水ですと、もともと混じりにくい粉末が更に溶けにくくなるからではないかと思います。

ヨーグルトにいれてみました。まずくはないです。改善されます。ちょっと砂糖を入れると更に食べやすくなりますし、通常の量は軽く食べる事が出来るでしょう。色合いのまずさに目をとじれば、すいすいいけます。

ただし一つ問題点が。恐ろしいことに、ヨーグルトに混ぜてさえ、粉っぽさが消えないんですよ、これ。普通ヨーグルトなどにまぜると、粉っぽさは綺麗になくなりますよね?ですがあしたばは、まず混ざりにくい。

そして混ぜた後も、粉が下唇にくっついてくるような感覚を覚えます。ただこの商品は、本当に味に個性がなく、えぐみや苦味、いやなにおいもありません。そのため粉末が口に残っても、「まずい」という不快感は抱かずにすみます。くせのなさではまちがいなくNO1なので、食感に耐えれる方とは親和性が高いでしょう。

ふるさと青汁の特徴

生命力にあふれるあしたばが最大の特徴です。これは八丈島で栽培され、カロチンやビタミン、ミネラルなどを大量に含む食材で、話題のケールよりもバランスがよいとされています。むくみや便秘の解消にも役立つので、その目的で使用してもよいでしょう。


    味:B
    価格:E
    申し込みの分かりやすさ:C
    価格表記、コース案内:B

    総評(S~E評価。Sが最高)

味、申し込みの分かりやすさ、価格表記は平均点圏内といってもいいでしょう。一番大事な味は、上記でも述べているように、おいしくもなければまずくもありません。しかし無味無臭に近いので、「おいしいといわれているけれど、果実の匂いが鼻につく」「小細工なんかいらないから、主張しないものがいい」「複数人で飲むから、無個性なものがいい」という人に非常に向いています。

「飲みやすくする」という点で、「おいしい」「好きになってもらおう」という方向を目指すものと「嫌われない」「万人受けするものにしよう」という方向を目指すものがあります。これは間違いなく後者であり、粉っぽささえ解消できれば実に飲みやすくなります。

コース案内の分かりやすさは、このメーカーが、多種多様な商品を扱っているからです。一つの商品に、あまりにもたくさんのコースを設けてしまうと混乱しやすいという理由でしょう。申し込みも可もなく不可もなくです。わかりやすい説明はありませんが、パソコンに触った事のある人ならば難なくこなすでしょう。

問題は、価格の高さ。1包み120円であり、1杯で240円です。他の青汁の相場が100円前後なのにくらべ、これは非常に高いと言えます。代引き手数料は無料ですが、元の金額が高いのでありがたみはありません。

不味くはありませんし、万人に嫌われない味です。それに成分も申し分ない程、高級なので青汁としてはお高いのもちょっと納得してしまう部分もありますよね。

→美容を気にする女性に大人気の「ふるさと青汁」の詳細はコチラ!

この記事のタイトルとURLをコピーする
TVでも話題!美容と健康を考える人の為の「ふるさと青汁」を辛口レビューしてみました|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/hurusato19481/

この記事をシェアする

関連記事

コメント