• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚を周囲に反対されたとき、二人の絆を強めて幸せになるには?

Date:2013.05.14

結婚はみんなに祝福されてしたいものですね。特にお互いの両親や兄弟、親戚などにも祝福されないと悲しく、つらいことに。でも、中にはさまざまな理由において結婚を反対されることもあるでしょう。

結婚は本人たちだけのものではなく、家同士にとっても重要なこと。将来のことを考えたとき、世間体などを考えたとき、両親は賛成してくれないかもしれません。そのせいで二人の間がぎくしゃくしてしまうかもしれません。

でも、この人、と決めたのなら最後までその信念を貫きとおしたいもの。両親だって二人が幸せでいれば許してくれるでしょう。

そのためにも二人の絆をしっかりと強くしておく必要があります。どんな反対にあっても、二人の愛が冷めないようにするにはどうしたらよいのでしょう?

結婚は本人同士の思いが大切

親が結婚を反対するのは、子どもの幸せを考えてのことですね。しかし、何が幸せなのかは本人が感じることです。親が決めることではありません。

親が結婚に賛成してくれないなんて、彼女がかわいそうだ、と彼が思っているのなら、それは間違っていると伝えましょう。自分は彼がいるから、彼と一緒にいることが幸せなのだと改めて言ってあげましょう。

不安な顔をしない

このままでは結婚できないかもしれないということは、悲しくて不安なものかもしれません。でも、二人が別れるつらさに比べたら、二人でいられるだけでもうれしいものです。不安な顔はそんな幸せな時間を奪ってしまいます。二人でいるときには笑っていましょう。

二人の思い出話をする

二人の関係が壊れそうなとき、幸せだった頃を思い出すのは有効な方法です。

二人で言ったデートの場所に行ったり、二人で行った旅行のことを思い出してみたり、ケンカしたときのことや初めて涙を見せたときのこと、彼の優しさを初めて感じたときのこと、二人が初めて結ばれたときのことなど、今まで二人で過ごした時のことを語り合いましょう。

二人でいてどんなに楽しかったか、幸せだったかを改めて感じることでしょう。

反対される理由の解決策を考える

当然のことですが、反対されるには理由があるでしょう。彼の年齢、経済的なこと、もしくは「なんとなく気に入らないんだ」なんて言うお父さんもいるかもしれませんが。結婚を許してもらうにはどうすればいいのかを明白にし、解決策を二人で考えましょう。

スキンシップをする

時には言葉では伝わらない想いもあります。そんなとき、彼の胸に抱かれているだけでホットすることも多いものです。それは彼も同じこと。お互いの肌のぬくもりをしっかりと感じることは二人の愛の絆を強くすることでもありますね。

連絡は密に取る

不安な状況のときは、連絡を取れないとより不安になってしまうもの。いつでも連絡を取れる状況にしておきましょう。また、仕事の邪魔にならない程度に、メールや電話をして、お互いの気持ちを確かめあいましょう。

両親にしっかりと話す

彼との結婚を反対している両親には、反対されても意志が変わらないことをきちんと伝えましょう。彼といるとどんなに幸せか、彼のことがどれくらい好きなのかを、分かってもらえなくても、きちんと話しておきましょう。

できるだけ冷静に話すことを心がけましょうね。あなたが子どものような態度を取れば取るほど、両親の彼への評価は下がるだけ。相手が両親とはいえ、大人の対応を心がけましょう。

彼の両親にも思いを伝える

自分が彼の両親に反対される場合もありますね。それも心が痛いものです。相手の両親と顔を合わせるのもつらいことでしょう。しかし、彼の両親にも、彼への自分の思いをきちんと話しておくことが大切ですよ。

将来のことを考える

どんなに親と話をしても反対されるだけなら、今後のことを二人で話し合いましょう。家を出て二人で暮らす、籍を入れる、式はやらない、など二人でできる、二人で作る幸せな将来について話し合い、1歩ずつ進んでいくのもいいでしょう。

二人が幸せな時間をすごしているなら、親も認めてくれるでしょう。そのためにも、二人で前に進むことも時には必要かもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事