• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スレンダーボディを作るコツ!日常生活で太らないために心がけること

Date:2013.04.11

ちょっと食べ過ぎて太ってきちゃったからダイエットをしよう…そう決意してダイエットをするものの、即効性を求めるがために、無理なダイエットをしてリバンドをしてしまった…そんな経験をされた方も多いのでは?

そうなんです、無理に「ダイエット」をするから、辛く感じてしまい、その辛いダイエットの期間を短くしようとして、逆効果になってしまったりするのです。

それを避けるには…そうです、普段から太らないようにすれば良いのです。そんなに簡単に言うけど…と思うかも知れませんが、ちょっと気をつけて、生活習慣を見直すだけで、体系を維持できたり、上手くすれば痩せることだってできるのです。

ここではそこまで一生懸命努力はできないけど、ちょっと日常的に気をつけて、ダイエットいらずの生活をしたいという方のために、日常生活で太らないコツをご紹介していきます。

1. 満足感が出たら食べるのをやめよう

「満腹感」が出たら食事をやめるのではなく、「満足感」が出たらやめる、というのが大切です。一口食べたらそのたびに箸をおく、といったことも自分がどれだけ箸を口に運んでいるかを認識できて、お腹一杯になるまで食べるのを防いでくれます。

2. 野菜でおなかを満足させよう

ワンプレートで食事ができる方は特にこれが有効的です。お皿一枚の半分に野菜、残りはご飯などの主食、そしておかずを半々程度にしてみましょう。野菜は食物繊維が豊富なため、おなかを満たしてくれます。

3. 外食するならSサイズを注文しよう

飲み物であっても、スープであっても、注文をするときにはSサイズを注文しましょう。この量の違いがスレンダーボディをキープできるかにかかってきます。

4. メインディッシュの前にサラダかスープを注文しよう

メインディッシュに比べ、サラダやスープなどのスターターはカロリーが断然低いものです。それである程度おなかを満足させてあげることが大切です。

5. パーティに行く前にはちょっとつまんでから出かけよう

パーティに行くと、思わず雰囲気にのまれて沢山食べてしまうものです。ドカ食いを防ぐためにも、シリアルバーみたいなものや、ナッツ、フルーツをちょっとだけつまんでから出かけましょう。

6. 水分をしっかりと摂ろう

実は私達はおなかがすいているのと、喉が渇いているのとを混同してしまうことが多くあるのです。そこで、是非、一日1.5リットルから2リットルを目標に水を飲みましょう。ちょっとレモンやライムを入れて、フレーバーを楽しみながらビタミンを摂るのもお勧めです。

7. 朝食を食べよう

朝食を食べることで新陳代謝を活発にしてくれ、夜食べ過ぎるのを防いでくれます。

8. 夕食後には何も食べないようにしよう

夕食後、テレビを観ながらデザートをつまみたくなってしまう、そんな方も多いことでしょう。でも、後は寝るだけです。余分なカロリーを摂取するのは止めましょう。

9. テレビの前で食べるのは止めよう

テレビを観ながらの「ながら食い」は、食べることに集中しないため、知らない間にポテトチップを一袋食べてしまった…なんてこともあります。

どうしてもテレビの前で何かつまみたい場合は、必ず食べる分を小分けにしてお皿にいれ、食物繊維が豊富なものを食べるようにしましょう。

10. ベジタリアン日を設けてみよう

肉を摂らない、ベジタリアン日を設けてみましょう。身体の中をきれいにするのを助けてくれます。

11. 袋から食べるのは止めよう

スナックを食べるのは適量であれば構いません。全くストップしてしまうと、ストレスになります。でも、それを袋から食べるのだけは止めましょう。

分かっていながらもついつい手が止まらず、思わず一袋食べてしまった…なんて最悪な事態を引き起こしてしまいます。食べた量が分かるように、少しだけをお皿にとって食べるようにしましょう。

12. 人口甘味料を避けよう

カロリーが気になるからと、カロリーが低い人口甘味料をとったりするのは止めましょう。膨満感や疲労を引き起こしてしまったり、飢餓感を感じてしまったりします。

ハチミツやメープルシロップなど、天然の甘味料を摂取しましょう。健康にもダイエットにも断然よいですよ。

13. 一週間に3時間は身体を動かす時間を設けよう

勿論早起きしてジョギングに行ってみたり、スポーツクラブに会社帰りに寄ってみたり、ということでもいいですし、会社の行きや帰りに一駅分歩いてみたり、歩いて買い物に行ってみたり、といったことでもいいので、3時間程度は身体を動かす機会を設けてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事