• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

小腹がすいたら大福を。太りにくいおやつを徹底比較!

Date:2013.09.27

ダイエットをしたいからといって、3食の食事を減らしても、その分おやつなどを食べてしまっては、ダイエットになりません。特にスナック菓子やケーキなどの洋菓子は、カロリーも高く高脂肪です。そんなおやつを食べていては、太ってしまうばかり。

しかし、あまり我慢をしているのも、体によくありません。ちょっとだけ、と思って食べたら、止まらなくなってしまった、なんて話はよくある話です。

それなら食べても太りにくいおやつを食べるようにしたいもの。ケーキより大福、の方が太りにくいですよね。そのような太りにくいおやつには、どのようなものがあるでしょうか?

ケーキより大福

生クリームやバターなども豊富に使われているケーキはとても高カロリー。さらにケーキは、脂肪と砂糖を一緒に摂取することになり、脂肪細胞に取り込まれやすいおやつです。

一方で大福は原材料がケーキよりも低カロリー。あんこは甘いものですが、小豆からできているので、これがいいのです。小豆は食物繊維が豊富で、血糖値を正常に調整する上、体脂肪が合成されるのを防ぐ働きあるのです。

ただし、あんこと生クリームが一緒になった大福は、カロリーが高くなるので要注意ですよ。

ポテトチップスよりナッツ

ジャガイモを油で揚げたポテトチップスが高カロリーなのは、知っている方も多いでしょう。1袋はご飯2杯分くらいのカロリーがあります。サクサクとした歯触りもよく、気が付くと1袋なくなっていた、なんてことはよくあることです。

ナッツも油分が多いように感じますが、アーモンドはオレイン酸という良質な油を使っているので、高い栄養があるのです。オレイン酸は悪玉コレステロールを低下させる働きがあり、健康によいものなのです。

ただし、ナッツ類は決してカロリーが低いものではないので、食べ過ぎには注意しましょう。

クッキーよりマシュマロ

クッキーは糖分と油分がたっぷりの高カロリーのおやつ。食べれば太ります。一方甘味のあるマシュマロも高カロリーと思いがちですが、ゼラチンや卵白でできたお菓子で、クッキーよりも低カロリーです。

マシュマロは、ふわふわとした食感もあり、結構満足できてしまうおやつですね。

アイスはカロリーコントロールのものを

バニラアイスやハーゲンダッツのアイスクリームは高カロリー。でもどうしても食べたくなること、ありますよね。そんな時には、カロリーコントロールアイスや低脂肪のアイス久クリームを選びましょう。低カロリーで、甘味も十分。おいしいですから、十分満足できますよ。

ただし、カロリーが低いからといって2個食べたら同じになってしまうので、食べ過ぎないようにしましょう。

ちなみに、乳脂肪が多い順は、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓、の順です。しかし、ラクトアイスは乳脂肪はアイスクリームより少なくても、植物性脂肪が加わるので、高脂肪。アイスクリームより高カロリーです。

ミルクチョコレートよりもカカオ70%以上のチョコレート

高カロリーなミルクチョコレート。疲れた時には欲しくなるおやつの代表とも言えますが、ダイエットをしている人にとっては、我慢するおやつの一つ。確かにミルクチョコレートなどは太りますが、ダイエットに適したチョコレートがあるのです。

それが、カカオ含有率70%以上のチョコレート。カカオにはタンパク質、アミノ酸、糖分、脂質、炭水化物、食物繊維、テオブロミン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルやビタミンEが豊富に含まれています。

また、カカオにはポリフェノールが豊富。その量は赤ワインよりも多いと言われているのです。さらに、チョコレートダイエット、というのは、カカオ70%以上のチョコレートを、1日に50g、朝、昼、晩の食前20分前に少しずつ分けて食べる、というもの。

この方法で食べると、血糖値が上昇し、満腹中枢が刺激され、食欲が抑えられると同時に、カカオ成分の働きがよくなり、ダイエットにつながるというのです。

スナック菓子よりするめ

小腹がすいた、口さみしい、と感じた時には高カロリーのスナック菓子ではなく、するめを選びましょう。

するめはよく噛んで食べるもの。噛めば噛むほど唾液が出て、満腹中枢を刺激することができます。カロリーは驚くほど低くはないするめですが、スナック菓子のように食べすぎることはありません。

ドライフルーツは美容の味方

ドライフルーツの一つである干しイチジクには、マグネシウムやカリウムなどミネラルやビタミン、食物繊維が豊富です。どうせ食べるなら、美容にイイおやつをチョイスしたいですよね。

ドライフルーツは甘味もあり、ダイエット中で肌荒れなどを気にしている人にとっては、おススメのおやつです。

ドライフルーツにすると甘味が増すため、普通のフルーツよりもカロリーが高いのでは?と思いがちですが、乾燥させる前の果物と同じカロリーですよ。ただ、食べ過ぎると、ダイエットにはならないので、注意しましょうね。

この記事をシェアする

関連記事