• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつも食べているものはどっち?太りやすい食事と太りにくい食事

Date:2013.09.29

いつもどのような食べ物を摂取していますか?

AとBのうち、いつもよく食べる方を1つ選んでみてください!

Q1 食事の仕方はどっち?

A好きなものやその日に食べたいものを食べている
B栄養バランスを考えて、好きなものじゃないものも食べている

きっと誰しも、Bがよいことは分かっているけれど、一度好きなものばかり食べるような習慣がついてしまうと、なかなか治せないものですよね。でも、あなたが食べているものが、あなたの今の体を作っているのです。

そして、未来のあなたの体を作っていくのです。そう、私たちの体は自分が食べた物でできているので、それを認識すると少し感覚がかわるかもしれません。

Q2 いつもご飯を食べるときはどうしている?

Aファーストフードやコンビニ弁当、インスタントラーメンをよく食べる
B新鮮食材を基本に自宅で調理した料理を食べる

Aは実においしくできていますよね?値段も手ごろで、作る手間はいりませんし、おいしいとあれば、自宅で調理をわざわざして食べる必要がない!と思ってしまいませんか?

でも、Aには、「脂分」がたくさん使われています。コンビニ弁当もテカッとして、とてもおいしそうに見えるのには、お米にも油が混ぜられているから。しかも防腐剤もタップリはいっています。

それを毎日摂取していたら…?脂肪分は摂っていないつもりの部分から、知らない間に体内に入ってきて、太ってしまうのです。

さらに、コンビニ弁当と一緒にサラダも買ったりしませんか?栄養のバランスをよくしたいと思う気持ちは◯ですが、コンビニのサラダにも添加物は入っています。

しかも、あのシャキシャキ感を出すための処理を行う過程において、野菜の栄養素はほとんどなくなってしまっているのです。

食物繊維を摂るということはできますが、栄養をコンビニのサラダでとるのは難しいといえます。野菜に含まれるビタミン類は水溶性のものも多く、簡単に溶けだしてなくなってしまいます。

やはり自分で買ってきた野菜を調理して食べるのが一番栄養は摂取することができます。

Q3 よくたべる夕食のおかずは?

A牛ロース肉
B脂ののったサンマ

どちらも悪くない食材ですが、脂肪の質が少し違うのですね。肉に含まれる脂肪は「飽和脂肪酸」といって、温度が高くないとすぐに固まってしまうという特徴があります。

逆に考えると、温度を高くしなければ、燃焼する事ができない脂肪なので、燃えにくく、体にたまりやすい脂肪なわけです。

しかし、魚に含まれる脂は違います。「不飽和脂肪酸」といって、分子の中に、酸素と結合しやすい成分があるので、体の中で燃えやすいし、分解もされやすい脂なのですね!

魚の脂は時間がたってもそれほど固まらないですよね?実は魚の脂は低い温度でもかたまりにくいという性質があるので、体内でも燃焼しやすいのですね。

ですので、Aの牛などの動物の脂肪ばかりを摂取していると、体に燃えにくい脂がたまって、肥満の原因になるのです。だから魚の脂を適度に摂取していくと、燃えやすい脂肪も体内に入れられてバランスがよくなるというわけなのです。

魚は嫌い!という方もたくさんおられますが、魚は魚の旨みがあります。新鮮な魚を塩をつけて焼いて食べるだけでもすごくシンプルでおいしいですよ。

魚の調理が苦手なかたでも、スーパーの魚コーナーのお店の方に頼めば、半調理してくれます(頭やうろこ、内臓をとってもらう)。これなら自宅で調理するのも楽ですし、ごみも減ります。

夏場は魚を食べた後、ゴミ出しの日までに臭くなってしまうので、食べた後の骨などは袋に入れて冷凍庫の隅に置いておくと腐敗が進みませんのでおススメです。

Q4良く食べるお菓子はどっち?

Aスナック菓子やアイス、チョコレート
Bせんべいやおかき、和菓子や寒天ゼリー

Aのスナック菓子の中にもたくさんの防腐剤や添加物が含まれています。長持ちするのがその証拠。スナック菓子は油で揚げている物も多く、余分な脂を知らないうちに摂取してしまうものの一つです。

毎日1袋食べるという方は、食べる量や食べる時間帯を見直しましょう。寝る前は確実に太ります!アイスやチョコレートも、あなたが思っている以上に砂糖が含まれています。

アイスを一度自分で作ってみられるとわかります。こんなちょっとのアイスに砂糖をこれほどたくさんいれるのか!と発見があると思います。糖分の摂りすぎは太る元ですね。

Bの和菓子やせんべいなどは、添加物が入っていないわけではないですが、小豆や米など素材の持ち味を生かして油で揚げない作り方をされているものが多いですよね。体によい栄養分を補給することも可能ですし、カロリーもスナック菓子に比べると抑えられます。

寒天ゼリーなどはカロリーがかなり少ないのに、食物繊維はたっぷりですので、ダイエットしたい方にはおススメですね!さっぱりしておいしいです!

Q5夏に良く飲むのは?

A炭酸ジュース
Bお茶か牛乳

Aの炭酸ジュースでカロリーオフという商品がたくさん出回っています。しかし、カロリーが少なくても、体が太りやすい甘味料を使っている場合がほとんど。がぶがぶ飲みすぎると確実に太ります。

Bの牛乳もたくさん飲みすぎると太りますが、体の栄養源となる成分もたくさん入っています。AもBも適度に摂るのがよいです。

このように食べ物によってあなたの体が太りやすくなるかどうかがかわってくるのですね。ジュースをがぶ飲みすれば、あなたの体は、炭酸でできている!スナック菓子しか食べないという方は体がスナック菓子でできているという状態です。

今はそれで問題がなくても、将来的には栄養の偏りが原因でいろいろなトラブルが出てくる可能性もあります。

太らないで健康な体作りのために、この5つのポイントを意識しながら生活されてみて下さいね!

この記事をシェアする

関連記事