• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫婦仲を改善したい女性に読んで欲しいおすすめ書籍3選

Date:2013.04.24

夫婦仲に悩んでいる時、自分だけの価値観で考え続けて悶々としてしまっていませんか?そのような時に書籍を読むことは、違った価値観を知り、別の視点から改めて夫婦を見直してみる、良いきっかけとヒントを与えてくれます。

ここでは、女性に特におすすめしたい、目から鱗が落ちるほどインパクトが強く、それでいて分かりやすい書籍3点を紹介します。

『話を聞かない男、地図が読めない女』アラン・ピーズ他著

主婦の友社出版です。アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズのご夫妻共同著作で、サブタイトルは、「男脳・女脳が「謎」を解く」となっています。

それが示すように、男性と女性がこれほどまでに、理解し合えずケンカを繰り返す原因は、脳の構造の違いにあるのだということがよく分かる書籍です。

男性と女性で、脳が違うのなら、もう仕方ない!と思えますよね?この書籍では、日本の男女にもありがちな、具体的な”揉め事”の光景が、いくつもの例として挙げられています。

そして、女性から見ると「どうしてそうなるの!?」とつい怒りたくなってしまうような時、男性の頭の中は本当はどうなっているのか?ということが理解出来るので、闇雲にヒステリックに声を荒げることが減らせそうな1冊です。

『新・良妻賢母のすすめ』ヘレン・アンデリン著

コスモトゥーワン出版です。この書籍は、女性が本来持っている役割を思い出させてくれます。忙しい現代社会で、女性も社会進出を果たした今、強くなりすぎた女性も多く見られますが、女性は本当に、男性よりも強くなり、男性を意のままに動かしたかったのでしょうか?

そのような競い合いをするのではなく、本当は、ただ男性に愛され、慈しまれたいという願望を、胸に秘めている女性も多いはずです。

この書籍は、旦那様に、男性が本来あるべきリーダーシップを発揮して、女性を守り導いてくれるようになって欲しい!と願う女性に読んで欲しい1冊です。

具体的に、女性が家庭でどのように振る舞えば良いかのモデルケースが、26章に渡り書かれています。

現代の女性が実践するには、なかなか難しい内容もありますが、一気にすべてを実践出来なくても、少しずつでも実践することにより、光が見えてきたと、女性ブロガーの間でも話題の書籍です。

『サレンダード・ワイフ賢い女は男を立てる』ローラ・ドイル著

三笠書房出版です。サブタイトルは、「この人と、もっと幸せになるために」となっています。男性を立てなければいけないなんて、時代遅れだと思いますか?しかし、やはり男性は、立てて欲しい生き物なんですよね。それが、この書籍を読むとよく分かります。

女性だって、立てて欲しいとは違うけれど、もっと自分のことを見て欲しいとか、気にかけて欲しいといった、普遍的な願望があると思います。せっかく結婚したのですから、「この人と、もっと幸せになるために」まずは、旦那様を立ててあげてみてはいかがでしょうか?

この書籍では、家庭内でどのようにして男性を立てたら良いのか?ということが、具体的なケースを挙げて書かれていますから、参考になると思います。

この記事をシェアする

関連記事