• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚してから気付いた、自分の親がやっていた夫婦生活や子育ての事

Date:2013.05.09

恋をして結婚をして子どもができて、人生において様々な経験を積んでくると、家族の愛情やありがたみも分かってくるものです。あのときなぜ父親は反対したのか、なぜ母親はこう言ったのかを理解したり、母親が口を酸っぱくして言い続けている言葉にも納得したりして…。

自分も親と同じ経験をするようになって、身にしみて分かること、自分がしてもらってよかったことにも気づくようになります。そしてそのことを自分の子どもや旦那さんにもしてあげようと思いますね。

のプレゼント

小さい頃から誕生日やクリスマスには必ず本をプレゼントしてもらいました。もちろん日常生活でも本はたくさん買ってもらいましたね。兄弟もいなかった私は小さい頃から絵本が友達みたいに、本なかり読んでいた気がします。そのお蔭で内弁慶な子どもでしたが、本を読む習慣をつけてもらったことはとても感謝しています。

本を読むことで国語の成績もよかったし、読書感想文などのコンクールでも賞をもらいました。今では文章を書くという好きな仕事もできますしね。本を読むことが苦にならなければ、どのような知識も得られると思います。本を読むことは自分の世界が広がりますね。

お稽古事

ピアノと生け花を習わせてもらっていたのですが、特技、として有効に使えます。ピアノを習っていたことで音楽の世界が広がりましたね。クラシックの素晴らしさも知ることができ、胎教にも役立ちます。リラックスしたいときにも好きな曲を選んで聴くことができます。

生け花はお正月のお花を活けたり、普段部屋に飾るときにもキレイに飾ることができますよ。日常生活にも使えて、お姑さんにもウケがいいです。誰かが喜んでくれる特技を持っているのは自分もうれしいです。習わせてくれていたことに感謝です。

母親の笑顔

やっぱり母親が笑っていると家が和みます、というか明るくなりますね。テレビなんかを観ながら大声で笑っている母親と父親を見ていると、平和だなあと心から感じます。ケンカをした後でも、イヤなことがあったときでもすぐに笑える、そんな強靭な精神を持つ母親を尊敬しています。自分も強い母親でありたいですね。

どんなに忙しくても手料理

これは旦那さんのお母さん、つまり自分からはお姑さんのことですが、とにかく手料理。どんなに疲れていても、忙しくても食卓には手料理が並んでいます。それは手の込んだものではないのですが、煮物や揚げ物、天ぷらなどシンプルだけれどお母さんの味、という料理がいつもあります。

温かくて、おいしいごはんは幸せ家族の象徴かも、と思います。忙しいとつい外食やお惣菜を買ってきてしまいがちですが、できるだけ手作りで旦那さんの帰りを待とうと思います。

家はいつでもピカピカ

お母さんというのはなぜあんなにピカピカに掃除ができるのでしょうか?バスルームもトレイも玄関もリビングの床もいつもピカピカ。自分が掃除が下手なのか、経験を積むとあんなにキレイに掃除ができるようになるのか、結婚して10年経った今でも、母親にはかないません。

どうやらキレイになる小物や洗剤のせいもあるようですが、根気と習慣がコツらしいですね。家をキレイにするのは風水的にもいいこと。清潔な家はリラックスできるし、気持ちがいいですものね。

誕生日にはワイン

母親の誕生日には父親は必ずワインを買ってきます。娘の私の誕生日はくれたりくれなかったりですが、母親の誕生日は決して忘れませんね。素晴らしいです。今年の母親の誕生日はワインではなくケーキだったらしいです。ここのところ飲みすぎで体が弱ってましたからね。

誕生日のプレセントって結婚するとなくなってしまう夫婦も少なくないようですね。でも、きちんとプレゼントを上げるのは大事なことのような気がします。物が大事なのではなく、誕生日を祝うという気持ちがあるということが大切なのだな、と思います。

お給料日には“ご苦労さま”

母は父親の給料日には必ずその日の夜、“ご苦労さまでした”と父に言っています。母親は専業主婦なので、「お父さんにもっと稼いでもらなきゃ」などとよく父に言っていますが、給料日にはきちんと「ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べています。

オトコが稼いで、オンナは家を守る、という姿を見ている気がします。亭主関白な父ではないのですが、その言葉はやっぱりうれしいようです。自分は共働きですが、お互いが感謝の気持ちを持つ、ということを忘れないようにしたいと思いますね。

時には家事をする父親

祖母が生きていた頃、母は自宅で祖母の介護をしていました。それは精神的にも体力的にも大変なものでした。

そんな母の大変さを父も分かっていて、自分も仕事で毎晩帰りが遅く疲れているのに、夕ご飯の後片付けや洗い物などは手伝っていましたね。少しでも手伝ってくれるととてもありがたいものです。そんなことを自然にできる旦那さんはいいなあ、と思いますね。

この記事をシェアする

関連記事