• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫婦生活を円満にする為の気をつけたいたった2つの事

Date:2013.02.28

旦那様がいらっしゃる奥様の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。旦那様とは一年中、仕事の時以外はほとんど一緒の生活ですよね。一緒にいる時間が長ければ長いほど相手のことがよく分かる分、嫌な面が見えてしまったり、ケンカになってしまうこともありますよね。

新婚のうちは些細なことで「この人とずっと一緒にやっていけるかしら」なんて不安になることもめずらしくはないと思います。

夫婦円満とはよく言いますが、どうすれば、何に気をつければ夫婦円満でいられるのでしょうか?夫婦だけのルールを作るのもアリです。お互いの領域に踏み入られないというのも方法の一つです。

ここにとっても簡単な方法があります。それはたった二つのことに気をつけるだけです。

その1:隠しごとをしない

一つ目は隠し事をしないことです。時には相手の為を思って嘘をついた方がいいこともあるかもしれません。しかし、それが小さなことでも隠し事は隠し事。隠し事の分だけ、相手の間に少しの溝が出来てしまうと考えてください。

完璧にお互いを知り合えはしなくなるのですから。もちろん大きな隠し事であれば、大きな溝になります。相手にとっての一番の理解者同士でいたいのであれば、「たまには、相手の為だし・・・」という考えは捨てた方がよさそうです。

その2:相手に期待しない

二つ目は相手に期待をしないことです。これだけ聞くとなんだか冷たく取られるかもしれませんが、期待をしないことで一方的に裏切られることがなくなります。

例えば、相手に対し「○○やってくれるかな」と勝手に期待してしまうことがありますよね。そして思い通りにならなかった時に「あぁやっぱりな・・・」と小さくガッカリして一人ため息をつく・・・なんて経験ありませんか?

その上相手に「なんか元気ないね?」なんて言われても「あなたのせい」とは言えず、自分の中のモヤモヤが募るばかりです。

しかしこれは相手に悪くありません。期待をしたのはあなたの勝手ということです。相手に落ち度はなくとも、それが何度も続けば夫婦生活に支障が出ることも予想出来ますので、これを最大限防いでいこうというのが「期待しない」ということです。

期待をしないでおけば、「○○してくれなくてガッカリ」とはならず、こちらのテンションが下がってしまうことはありません。

逆に予想外に彼が何かをしてくれたら、とても嬉しい結果になり、彼もあなたがとても喜んでくれてお互いにいい結果になります。

夫婦とカップルでは違う!

夫婦はあうんの呼吸とはよく言いますが、そうなるのは夫婦となってかなり長い年月を共有してからだと思います。すべてはしっかりと相手に伝えないと始まらないと私は思います。

間柄がカップルの期間はお互いに気を遣っている部分がありますが、夫婦になるといちいち言葉に出さなくなってしまいます。(そういうカップルもいますが、それは夫婦化したカップルと言えます)

また、「言わなくても分かる」とお互いに思いやすいのも、カップルより夫婦と言えます。そこで勘違いを生まないためにもしっかり言葉に出すことが大事です。「○○してほしいな」と思っているだけでは伝わらないと思った方がいいです。声に出して伝えましょう。

この記事をシェアする

関連記事