• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

冬に太りやすいというのは間違い、それでも太る理由はここにあった

Date:2014.03.07

よく「冬になると太ってしまう」という人がいますよね。実際、私も夏に比べると冬の方が太りやすい気がしていたんですが実は一概にそうとは言えないんだそうです。

どうして「冬には太りやすい」と言われるようになったんでしょうか、そして冬太りしない方法とはどういうものがあるんでしょうか。

どうして「冬は太りやすい」と言われているの?

冬に太りやすいと言われているのはなぜでしょう。1つ考えられるのは美味しいものが多いからと言われています。秋から冬にかけて美味しいものが増えてきます。

その中で芋・栗・かぼちゃなどといったものは野菜ですが、糖質に変わりやすい野菜として有名で、こういうものをつい食べてしまうと糖質に変わることで太ってしまうという印象が強いようです。

それ以外にも理由はあります。人間は動物なので冬になると「食べないと」という意識が無意識のうちに働いていることがあるんだそうです。

動物は冬になると食べ物が減るので食べるものがあるうちに溜めこんでおこうという意識があるんだそうです。

それで「食べなきゃ」と無意識のうちに食べてしまい太ってしまう人が多いので、「冬は太りやすい」と言われるようになったんだそうです。

実は冬は痩せるのに適した季節

痩せやすい時期ってどうしても暑い夏を想像しますよね。確かに汗もたくさん出るので夏は痩せているような気がしてしまいます。でも実は一番痩せやすくなる時期は冬なんです。

夏は外気温が高いので体の代謝がグンと落ちてしまいます。汗は喉が渇いた水分が出ているだけなので代謝がアップして出ているわけではありません。

でも汗をかいているので「夏は痩せる」と勘違いしてしまう人が多いんだそうです。どうして冬は痩せるのに適している季節なんでしょうか。冬は寒く外気温が低くなるので体が冷えてしまいます。

その寒さを察知し体を冷やさないようにと脂肪を燃焼して体を冷えにくくしようとするんだそうです。なのでこの時期は暑い時よりも代謝がアップするので痩せるのに適していると言われているんです。

普通に生活をしていて代謝が上がっているので、この時に運動などをするとさらに代謝がアップするのでダイエットには適している時期とされているそうです。

冬に太らないためにはどうしたらいい?

冬に太らないようにするためには食べすぎを防止することです。

特にどうしても食べてしまうというのが「こたつにみかん」といった言葉もあるようについついテレビを見ながらこたつでお菓子をつまんでしまうということです。これをなくすだけでかなり違ってくるんだそうです。

冬によくある「食べ溜める」という行為、これがどうしてもやめることができないという人はカロリーの低いものを食べ溜めるようにしましょう。

一番いいのは温野菜です。野菜は食物繊維や栄養素もしっかりと入っているので健康にもいいですし満腹状態が続きます。特に温野菜は体も冷やさないのでおススメです。食べる時はドレッシングはノンオイルのものを使うとさらにいいです。

冬は大切な痩せる季節です。ちょっとしたことで冬太りも予防できますし、反対に痩せるきっかけにもなります。「冬は太りやすい」を払しょくしましょう。

この記事をシェアする

関連記事