• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

台所の掃除に衣類用の漂白剤を使ってもいいの?

Date:2013.03.14

姉の義母は、どうやら台所用漂白剤と、衣類用の漂白剤を1つでまかなっている言う事を聞き、疑問に感じた姉が筆者に尋ねてきたのがキッカケでもあるこの疑問。色々と調べてみましたのでご覧下さい!

台所用漂白剤は、漂白剤に界面活性剤を混ぜたものです。衣類用を転用しても全く問題はないのです!

結果から申し上げますと、実は漂白剤の台所用と衣類用の違いは「界面活性剤入り」か「そうでない」かの違いだけだそうです。

つまりどういう事かと言えば、台所用は界面活性剤も入っているので、プラス洗剤効果もありますが、衣類用は漂白効果のみということなのです。でも、一般に布巾やまな板を漂白する時は、まず洗剤で洗ってから漂白剤を使うので、特に洗剤効果の必要はないでしょう。

なお、洗剤は界面活性剤の働きで汚れを落とすのに対し、漂白剤は、化学反応で汚れやシミの色素を分解させます。と言う事は漂白剤は、衣類用を台所用に転用してもまったく問題がないと言う事なのです。どちらか1本を買って、兼用で使用しても全く問題がないのです。

これについてメーカーの意見を訊いたところ、「基本的にはそれぞれのものを使ってください。ただし間違って使っても、転用してもまったく問題はない」との事。

「基本的には」が気になって再度しつこく訊いてみると、「両方販売しているのでできれば1本ではなく、2本買いそろえてください」との事がどうやら本音らしく、「メーカーとしては、そう言わざるをえませんので」との事です。

使い方で注意する事は何でしょうか?

塩素系漂白剤(液体)の主な主成分は、次亜塩素酸ナトリウムです。これは漂白・殺菌力が非常に強い反面、特有のにおいがあるので、使う時には必ず換気をして下さい。

食器の茶渋やプラスチック容器の黒ずみも落とせるので、時々使うとスッキリしますよ。他に粉末の酸素系漂白剤もあり、これは色柄物にも使えますが、塩素系ほどの効果はありません。

この記事をシェアする

関連記事