• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

イベント時、本当に喜ばれて、人気もゲットできちゃう差し入れとは!

Date:2013.06.18

ここで言う「イベント」とは、クリスマスや誕生日のことではありません。

そう、ここで言う「イベント」というのは、文字通り本当のイベント、仲間うちで何か企画したり、盛り上がったりするイベントのことをさします。これから夏に向けて、そういった機会もだんだんと増えてくるでしょう。

たとえば、気になる男性が仲間うちで集まる企画を立てたとします。そんなときに気の利く仲間であれば、お酒や料理、お菓子など、一品ずつ持ち寄ったりして、きっと賑やかになるはずですが、ここで気を付けてほしいことがあります。

それは、差し入れのチョイスによってはあなたの評価が下がってしまう可能性がある、ということ。極端な話、いくら美味しいからと言って夏場にチョコレートを持って行っても溶けるしノド乾くしで、逆効果ですよね。

でも!逆に言えば、「これこれ、こういうのが欲しかったんだよな!」というものを持っていくことができれば、あなたの評価も一段とあがり、女子力を磨くことにもつながるということ!

ここでは、イベント時に本当に喜ばれる差し入れとは何か、ということに焦点を当てていきたいと思います。

イベント開催の最寄り駅で買う菓子折りは、人とかぶる恐れが!

イベントにお呼ばれしたとします。うきうきで会場まで向かい、はっと気づきます。「差し入れを買ってない!」こうなったとき、あなたならどうしますか?とりあえず最寄り駅のデパートなどで菓子折りを買いますか?

でも気をつけてほしいことがあります。イベントが開催される場所の最寄り駅でお菓子などを買うと、ほかの参加者と購入品がかぶる恐れがあります。みんな同じような考えで買っていくわけですし、参加者の年齢層が同じくらいであれば選ぶ菓子折りレベルは一緒のはず。

すると、もうイベントの楽屋には同じラッピングの、同じお菓子がわんさか届くわけです。これには主催者側も「ありがとう」と受け取りつつ、心の中では「ああ、またあの店のやつだ…」と思ってしまうでしょう。

なるべく最寄り駅ではなく、メジャーではないお店で買うことをおすすめします。

甘いものよりも、しょっぱいものを選ぶと吉!

さて、では実際に差し入れを選ぶとき、何を基準にすればよいのでしょうか。差し入れ、というと菓子折りを選んで渡す人が多いようです。なるほど、疲れたときには甘いものがいいと言いますもんね。

チョコレート、クッキー、ケーキ、プリン、ゼリーなどなどたくさんの甘いものがあります。小分けになっていて、選びやすいということもあるかもしれません。しかし、甘いものを続けて食べると、しょっぱいものが食べたくなるというのが人間の心理というもの。

イベント会場にしょっぱいものを持ってきてくれる人というのは、本当に主催者側からしたらありがたいものです。「あー、ちょうどしょっぱいもの食べたかったんだ!」と喜ばれること間違いなしです。大勢の人が買っていきそうな物の裏をつくのです。

レトルトは本当にありがたがられる

差し入れは何もお菓子がすべてではありません。意外にも喜ばれるのが、レトルト食品だったりします。カップ麺でもいいかもしれません。イベントの主催者たちは、連日準備に追われ、なかなか落ち着いて食事をとることができません。

自炊をしたくても、する時間がなかったりもします。かといって、外食をしに外に出る時間もイベント前にはないでしょう。そこで役に立つのが、レトルト食品なのです。

カレーやパスタ、チャーハン、ラーメン、など今ではさまざまな食材が売られていますので、入手は簡単でしょう。そういったものを差し入れることにより、あなたの印象もグッと残りやすくなりますし、ありきたりなお菓子よりも絶対に有難がられるはずですよ。

しかし、イベント会場に魔法瓶や水道があるかどうか、お湯を沸かせる環境にあるかどうかを事前にチェックする必要もあります。

紙コップや割り箸、箱ティッシュなどは本当に助かるアイテム!

こちらは食べ物ではありませんが、イベント主催者からしたら本当に嬉しい差し入れアイテムです。一度でも自分でイベントを仕切ったことのある人なら分かるはずです。

紙コップや割り箸、箱ティッシュなどは気持ちに余裕のあるときには「あ、必要だから買っておかなくちゃ」と思えるものですが、イベント開催日が近づくと余裕がなくなり、なかなか思い出せないものなのです。

そして当日に、「あっ!あれがない!買っておけばよかった!」となるものなのです。しかし、当日はなかなか会場を抜け出せません。そんなときにこの差し入れは本当に何よりも有難いものなのです。

ちょっと味気ない…と思うかもしれませんが、一度持っていってみてください。絶対に「この子は気が利くなぁ」と思ってもらえます。イベントに飲食はつきものです。その飲食がスムーズに行くかいかないかでそのイベントの雰囲気も変わってきます。

「乾杯!」ひとつとっても、そうですよね。なかなか紙コップが全員に行き渡らず、まごまごしてしまうなんてこともしばしばあります。そんなとき、あなたのちょっとした心遣いでそのシーンがスムーズにいけば嬉しいですよね!

自分の評価よりも、何をあげたら相手が助かるかを考える!

より良い差し入れを選んで、あわよくば自分の印象を良くしたい!と思う人もいるかもしれません。しかし、ここで一番大事なのは、「相手が何をもらったら助かるか」ということを考えることです。

あなた自身がイベントの主催者になったと考えて、自分ならこういうものをもらうと助かるということをイメージして選びましょう。ポイントは、「○○をもらったら嬉しい」ということよりも「○○をもらったら助かる」ということを重要視すること。

とにもかくにも差し入れは相手の立場に立って選ぶのが一番。選んだ物によっては、あなたのイメージを良くも悪くもしてしまうのが差し入れチョイスの怖いところです。素敵な物を選んで、「気の利く女性ナンバーワン」になっちゃいましょう!

この記事をシェアする

関連記事